調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 一般消費者

「一般消費者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

パーソナルデータに関する一般消費者の意識調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2016年10月17日メディカ出版フィードバック数:0キャリアとスキル

ナースのお金と情報に関する意識調査

News Release2016 年 10 月 11 日ナースが自分磨きにかけるお金は一般消費者の約 3 倍以上~ナースは自己投資力が高い実態が明らかに~医師・看護師向けの出版教育事業を手がける株式会社メディカ出版(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:長谷川素美)は、当社公式会員「メディカパスポート」に登録しているナースのお金と情報に関する意識調査を実施しました。本調査は、10 代~60 代のおもに中・大規模病院に勤めるナース 1,351 名を対象にしたものです。モノを買わない世代といわれる 2

2016年10月12日eヘルスケアフィードバック数:0大型消費/投資

男性更年期障害に関する消費者・医師調査

ホーム >> ニュース >> ニュースリリース >> 今まで「歳のせい」と感じていた症状は、男性更年期障害である可能性も -『男性更年期障害に関する消費者・医師調査』の結果を公開 今まで「歳のせい」と感じていた症状は、男性更年期障害である可能性も -『男性更年期障害に関する消費者・医師調査』の結果を公開 この夏に株式会社ヘルスケアでは、歳以上の男性および、医師に対して男性更年期障害に関するアンケートを実施いたしました。一般男性の中には「集中力が低下」「疲れやすい」といった症状を感じても、男性更年

2016年8月13日広島県フィードバック数:0ライフスタイル

食物アレルギーに関するアンケート

食物アレルギーに関するアンケートを実施しました。 知っていますか?「食物アレルギー」一般消費者を対象に,食物アレルギーに関するアンケートを実施しました。【調査機関】平成28年6月~7月 【対象】一般消費者455名 ※このうち,「自分又は家族にアレルギー疾患を持つ人がいる」(以下,「食物アレルギー患者とその家族」という。)と回答した人86名アンケートの結果は,次のとおりです。Q1.食物アレルギー患者とその家族の外食頻度は?外食頻度は,「月に1~2回」利用が一番多く全体の62%でした。Q2.外食時に

2015年12月2日エコンテフィードバック数:0社会/政治

よく分かるマイナンバー ~一般消費者編~

たった2分で要点バッチリ! マイナンバー制度の基本をまとめたインフォグラフィック 「よく分かるマイナンバー~一般消費者編~」 2016年1月のマイナンバー制度運用開始が目前に迫っています。10月下旬からマイナンバーの通知がスタートし、制度についてのニュースを毎日目にしたり耳にしたりしますが、国民全体の制度に対する理解が追いついていないのが実情ではないでしょうか。そこで、取捨選択した文字情報と、視覚化されたイラストで要点をまとめられるインフォグラフィックの特性を生かし、「よく分かるマイナンバー

2015年11月16日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

ヘルプデスクアウトソーシング市場に関する調査結果 2015

2015年11月13日 ヘルプデスクアウトソーシング市場に関する調査結果 2015 ~一般消費者向けのサービス需要が増加するも、全体としては微増推移と予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のヘルプデスクアウトソーシング市場の調査を実施した。2. 調査対象:システム運用保守系ヘルプデスクサービス提供事業者、コールセンター系ヘルプデスクサービス提供事業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材、ならびに文献調査を併用<ヘルプデスクアウトソーシングサー

TPPに関する世論調査

日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他の...日本人のTPPに対する期待度は、調査対象国の中で最低の結果に 一方で関心度は他のTPP参加国に比べて最も高い~エデルマン・ジャパン、TPPに関する世論調査結果を発表~ 世界をリードするグローバルなコミュニケーションズ・マーケティング会社エデルマンの

2015年10月20日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月)

「コミュニケーションロボット」に関する一般消費者意向(2015年10月) 2015年10月20日■ コミュニケーションロボットの認知度は68.4% ■ 購入意向は14.7%で、購入意欲の刺激が課題 ■ 求める形状やサイズは多様化する傾向 ■ 介護現場、交通機関、エンターテインメント施設等への導入に期待が高い MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)はコミュニケーションロボットの一般消費者意向に関する調査結果を発表した。本リリースにおけるコミュニケーションロボットとは、日常生活において、人間とコ

アクセス者の行動推移とWebサイト価値の意義

Web Equity調査結果分析2013第3回:アクセス者の行動推移とWebサイト価値の意義グラフは、Web Equity調査対象企業260社の平均値を取って、インターネットが利用可能な一般消費者が企業サイトにアクセスしてから購入するまでの行動推移を表したものである。【図1】アクセスから購入までのユーザー行動推移(2012~13年) 2013年の各企業へのアクセス率の平均は13.0%である。さらに一般消費者全体に対して8.8%、アクセス者に対しては68%(=8.8/13.0)が再訪問意向を持った

2013年7月4日マクロミルフィードバック数:6マーケティング

2013年5~6月の一般消費者の消費行動の変化

2013年5~6月、高所得者層の消費金額が増加。 中低所得者層はこれから? 2013年07月04日2013年5~6月、一般消費者全体の消費金額は、昨年よりも減少高所得者層の消費金額は増加、中低所得者層へのアベノミクス効果の浸透はこれから?お金の使い道を分析、「食事会・飲み会」が昨年より減少傾向に株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、全国の一般消費者の消費に対する意識と実態を毎週定点で観測しているMACROMILL WEEKLY INDEX(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ