調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 一般職国家公務員

「一般職国家公務員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月30日新潟県フィードバック数:0キャリアとスキル

期末・勤勉手当(平成27年6月30日支給)

期末・勤勉手当(平成27年6月30日支給)についてお知らせします 期末・勤勉手当(平成27年6月30日支給)についてお知らせします 1 知事などの特別職を含めた総支給額は約263億8532万円となっており、前年に比べ約7億3348万円、率で2.9%の増となっています。これは、昨年の人事委員会勧告等に基づき、支給月数 が0.075月引き上げられたことなどによるものです。2 一般職の職員の平均支給額は約76万1200円(平均年齢43.6歳)で、前年(平均年齢43.4歳)に比べ約3万2300円、率で4

2015年3月31日人事院フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度退職公務員生活状況調査

平成年度退職公務員生活状況調査の結果について 人事院は、国家公務員の定年後における就労の状況及び生活状況を把握し、国家公務員の雇用と年金の接続の在り方等を検討する際の基礎資料を得るため、平成年度に歳で定年退職した一般職国家公務員のうち調査実施時点で所在が確認できた人を対象として、平成年8月から9月にかけて「退職公務員生活状況調査」を実施しました(有効回答率%)。(前回調査は平成年)○ 約8割が退職後も働きたいと思った。働きたいと思った理由は「無収入期間が生じないようにする」(%)、「生活費が必要

2014年4月27日人事院★フィードバック数:0キャリアとスキル

3歳未満の子を持つ男性の一般職国家公務員対象のアンケートです。

男性職員の育児休業取得に関する意識調査結果(一般職国家公務員)

報 道 資 料 平成26年4月25日男性職員の育児休業取得に関する意識調査結果(一般職国家公務員)人事院は、今後の男性職員の育児休業取得促進のための施策検討等に資するため、一般職の 国家公務員のうち、育児休業を取得しなかった3歳未満の子を持つ男性職員(常勤職員)5,000 人を対象として、育児休業取得に関する職員の意識等について調査を実施しました(調査期 間:平成25年10月~11月、有効回答は3,959人(回収率79.2%))。 調査結果のポイントは、次のとおりです。1.「育児」及び「育児休業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ