調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月25日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

2016年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】2016年スポーツマーケティング基礎調査 ~リオオリンピックで日本人選手が活躍するも、スポーツ関連の消費拡大につながらず~ 2016年10月20日スポーツ参加市場規模は約2.4兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少によるスタジアム観戦の支出額:年間29,471円で、昨年より9.1%減スポーツ関連メディア市場は1,971億円で、昨年より6.1%減最も好きなスポーツは野球。サッカーがやや持ち直す。テニス人気は継続スポーツブランドでは、海外での人気が高まっているアシックスが日本ブラン

2015年10月9日マクロミル★★フィードバック数:0エンタテインメント

2015年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】2015年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツへの関心が薄まり、スポーツ参加市場が縮小~ 2015年10月9日スポーツ参加市場規模は約2.5兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少による。スタジアム観戦の支出額:年間32,408円で、昨年より13.4%減。スポーツ関連メディア市場は2,475億円で、昨年より6.6%減。最も好きなスポーツは野球。テニス、バレーボールの人気が上昇。スポーツブランドでは、アディダス、ナイキ、プーマなどの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は12

2014年10月9日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング視点でのスポーツです。

【速報】2014年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】2014年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツ参加市場規模は約2.7兆円に復調~ 2014年10月9日スポーツ参加市場規模は約2.7兆円に増加。「観戦」「施設利用・会費」市場の増加による。スタジアム観戦の支出額:年間37,429円で、昨年より35.5%増。スポーツ関連メディア市場は2,615億円で、昨年より13.8%増。最も好きなスポーツは野球。錦織選手の活躍でテニスの人気が上昇。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダス、ニューバランスなどの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は

2013年10月25日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

スポーツ関連市場についてのまとまった調査です。

【速報】2013年スポーツマーケティング基礎調査

【速報】2013年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツ参加市場規模は約2.6 兆円に縮小~ 2013年10月25日スポーツ参加市場規模は約2.6 兆円に縮小。「観戦」「用品購入」「施設利用・会費」市場全てが減少。スタジアム観戦の支出額: 年間27,624円で、昨年より7%増。スポーツ関連メディア市場は2,297億円で、昨年より21%減。最も好きなスポーツは野球。自分でするスポーツとして自転車の人気が上昇。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は10

2012年10月11日マクロミル★フィードバック数:5エンタテインメント

スポーツについての多様な調査です。

2012年スポーツマーケティング基礎調査

2012年10月11日スポーツ参加市場規模は約3.0兆円に増加。「観戦」「施設利用・会費」市場が増加に転じる。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,818円、年間では25,769円に増加。24.4%がスポーツ関連メディアへ支出。スポーツ関連メディア市場は約2,918億円に増加。最も好きなスポーツは野球。よく観るスポーツでは、サッカーが野球を抜く。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は9年連続でイチロー選手が1位。体操の内村選手が2位へ躍進。ロンドンオリ

2011年10月13日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

2011年スポーツマーケティング基礎調査

2011年10月13日スポーツへの関心度合いはやや回復。スポーツ参加市場規模は約2.9兆円と初の3兆円割れ。「観戦」「用品購入」「施設利用・会費」市場ともに減少。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,059円、年間では23,245円に減少。25.3%がスポーツ関連メディアへ支出。スポーツ関連メディア市場は約2,600億円。最も好きなスポーツは「野球」。よく観るスポーツとして、サッカーが野球に追いつく。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は8年連続でイチ

2010年10月19日マクロミルフィードバック数:7マーケティング

2010年スポーツマーケティング基礎調査

2010年10月18日スポーツへの関心度合いが減退。スポーツ参加市場規模は約3.3兆円。「観戦」市場は増加するも、「用品 購入」「施設利用・会費」市場が減少。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,367円、年間では28,538円。最も好きなスポーツは「野球」「サッカー」。ゴルフは近年伸長。アディダス、ナイキの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は7年連続でイチロー選手が1位。ワールドカップで活躍した本田圭佑選手は8位に。ワールドカップ効果により、サッカー日本代表ファンは、約3,800万人に増加

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ