「上場企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月24日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業の残業は平均19時間26分、有休取得は10.1日

上場企業の残業は平均19時間26分、有休取得は10.1日

2017年3月5日内閣府★★フィードバック数:0ビジネス

平成28年度 企業行動に関するアンケート調査

企業行動に関するアンケート調査企業行動に関するアンケート調査は、企業が今後の景気や需要の動向をどのように見通しているかなどについて、企業活動の面から我が国経済の実態を明らかにすることを目的として、毎年1月に実施しています。調査結果は、例年2月下旬から3月上旬に公表しています。最新調査結果平成28年度(2016年度)(平成29年2月28日公表)※統計資料目次の「参考 調査票」は、下記調査票を御参照下さい。調査票(上場企業、中堅・中小企業 共通)(PDF形式:266KB)時系列表(上場企業)(Exc

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「全国ワースト500社」ランキング

平均年収「全国ワースト500社」ランキング300万円未満が8社、地方企業の姿目立つ 田中 久貴2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 首都・東京に本社を置く上場企業の姿もチラホラ(写真:HIT1912 / PIXTA) 東洋経済オンラインがでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を対象に1月26日に配信した「平均年収『全国トップ500社』ランキング」には多方面から反響が寄せられた。トップクラスになると年収1000万円

2017年2月19日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング

売上高がバツグンに伸びた500社ランキング10年前からの増加率、1位グリーは600倍超 1位のグリーはピークから半減しても10年前とは比べものにならない規模に成長(撮影:谷川 真紀子) 上場企業の7割を占める3月期決算企業にとって、この時期は書き入れ時だ。期末に向けて少しでも収益を確保すべく、多くの企業が奔走している。そんな企業の成長を語るうえで、最もわかりやすい数字が売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた収益である。業種・業態によって稼ぎ方はさ

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査

2016年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査 公開日付:2017.01.13 2016年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、調査を開始した2000年以降で最少になった。輸出企業を中心とした好業績を背景としているが、一方で業績好調の時期に将来のビジョンに沿って事業の「選択と集中」の一環として人員削減に取り組むケースも出ている。本調査は、2016年に希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したが、ま

2016年12月25日東洋経済新報社フィードバック数:0企業情報システム

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

2016年12月19日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2016年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2016.12.09 2016年9月中間決算を発表した3月期決算の上場企業2,440社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)を付記された上場企業は20社だった。前年度本決算(2016年3月期、25社)より5社減少し、それまで最少だった2015年9月中間決算(22社)を2社下回り、集計を開始以来、最少となった。また、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に

2016年12月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査 公開日付:2016.12.05 上場企業で「不適切な会計・経理(以下、不適切会計)」を開示する企業が増えている。2016年1-10月に不適切会計を開示した企業は48社(49件)で、前年同期の43社(44件)より5社(11.6%)増加した。これは調査を開始した2008年以降では最多ペースで、このままで推移すると年間(1-12月)最多を記録した2015年の52社(53件)を上回る可能性が出てきた。この背景には、監査体制の強化だけでな

2016年12月9日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

40歳年収「全国トップ500社」ランキング

40歳年収「全国トップ500社」ランキング1000万円超は36社、M&A関連が目立つ 上場企業の約半数が本社を置く東京の企業が目立つ(写真:HAKU / PIXTA) 12月まであと5日余り。多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)が支給される時期だ。今年の年収を決定づけるだけにその金額の多寡に一喜一憂するビジネスパーソンは少なくないだろう。東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国トップ500社のランキングを紹介する。10月26日に配信した「3

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1-10月「上場企業の不動産取得」調査

公開日付:2016.11.09 アベノミクスによる景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得は一時より活発の動きを見せている。だが、2016年1-10月に国内不動産の取得、工場・社屋の新設などを公表した上場企業は43社にとどまり、4年ぶりに前年割れになる見通しが強まった。これは円高やデフレ脱却の遅れなど、景気の先行き不透明感の広がりを背景に、投資マインドの様子見傾向を反映したものとみられる。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2016年1-10月に国内不動産(固定資産)の取得(建

2016年11月8日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成28年8月調査)

土地取引動向調査(平成28年8月調査)の結果について 平成28年11月1日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の予想」に

中国医療機器市場の動向と展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 中国医療機器市場の動向と展望[調査結果のポイント]• 中国医療機器市場(生産高)は、→ 2015年4兆円を突破、2010年に比べ約2倍に拡大→ 2025年には8兆円を超えると予測• 輸入医療機器は、→ 2015年で1.8兆円→ 日本からの輸入医療機器の承認件数は401件で米国、ドイツに次ぐ第3位• 上場医療機器企業の売上伸び率は20.6%、全体平均(11.6%)を大きく上回る 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(

2016年10月15日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

東証第1部上場企業の2016年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2016年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

2016年10月12日リスク対策.com★★フィードバック数:0企業情報システム

組織の風評被害に対するアンケート調査

2016/10/04組織の風評被害対策 アンケート対応方針やマニュアル整備などに課題 本誌では、メールマガジン読者者を対象に、組織の風評被害に対するアンケート調査を実施した。その結果、回答者の約15%が風評被害を受けた経験があるとしたが、ネット上での風評の監視や調査については「行っていない」とする回答が多く、風評被害が起きた際の対応方針やマニュアル整備が課題となっている実態がわかった。一方で、風評による最終的な被害としては、組織の信頼・信用力の低下、ブランドイメージへの影響、製品・サービスの売れ

2016年10月3日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

年収増減「東京除く関東249社」ランキング

年収増減「東京除く関東249社」ランキング1位は212万円増、ワーストは249万円減 神奈川の中心地、横浜に本社を置く上場企業も多い(写真:gandhi / PIXTA) 東洋経済オンラインは、主要な上場企業が過去10年にわたってどれだけ従業員の平均年収を増減させたかを調査。全国のトップ500社、ワースト500社に続いて、本社所在地で見て全国7地域別(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)のランキングを作成した。これまで紹介した「東京都トップ500社」「東京都ワー

2016年9月21日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収が減った「東京都ワースト300社」

平均年収が減った「東京都ワースト300社」200万円減は10社、業績不振企業目立つ 新宿副都心。東京には日本の主要企業の本社が集積する(写真:まちゃー / PIXTA) この夏、あなたはどれぐらいのボーナス(賞与、一時金)をもらっただろうか。昨年夏から比べて増えた人、減った人――。業種・業態や企業ごとの事情などによってさまざまだろう。一部の規制産業を除いて、多くの企業が激しい競争にさらされる中、同じ会社にずっと勤めていても今の給与水準が保てるとは限らない。東洋経済オンラインは、主要な上場企業

2016年9月5日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収が増えた「東京都トップ500社」

平均年収が増えた「東京都トップ500社」1位は10年前から611万円もアップ 丸の内をはじめ、東京都には大手企業が集積する(写真:まちゃー / PIXTA) 就職・転職で企業を選ぶ際、給料の多寡は判断材料の一つとなる。たとえば20~30年働くと考えたら年収10万円単位の違いであっても、累計で見ると数百万円以上もの大きな差に広がる。かといって、自分が働く会社が同じ給与水準をずっと保てるとも限らない。東洋経済オンラインは、主要な上場企業が過去10年にわたってどれだけ従業員の平均年収を増減させたか

2016年8月25日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!連続減益「ワースト130社」ランキング

最新!連続減益「ワースト130社」ランキング最長は6年連続!赤字会社の姿も目立つ 営業利益の縮小傾向は売り上げ減よりも深刻です(写真:TAKA / PIXTA) 企業にとって利益を出すのは至上命題だ。いくら売上高を稼いでも利益を残さなければ経営を存続させられない。基本は営業利益。いわゆる「本業の儲け」だ。東洋経済オンラインは営業利益を伸ばし続けている会社に着目して、「最新!『連続増益トップ260社』ランキング」を8月17日に配信したが、今度は逆に営業利益を減らし続けている会社のランキングを紹

2016年7月24日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

40歳年収「東京都トップ500社」ランキング

40歳年収「東京都トップ500社」ランキング1~3位はM&A関連の成長企業がそろい踏み 東京都には上場企業の約半分が本社を構える(写真:gandhi / PIXTA) 7月も中盤。夏のボーナス(賞与、一時金)を受け取ったばかりのビジネスパーソンも少なくない。ボーナスを含めた今年前半の給与から、今年の年収をだいたい試算している人もいるだろう。東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄

2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

高額企業激増!「年間賞与が多い」トップ200

高額企業激増!「年間賞与が多い」トップ2001位はあの製薬会社、非上場企業も上位に ライバル企業や気になる就職先の年間賞与額は?(写真:ミキ / PIXTA) 6~7月は多くの企業が賞与を支給する時期だ。自分の支給明細を見たり、ライバル会社の金額を噂に聞いたりで、心中穏やかではないビジネスパーソンも少なくないだろう。一方、6月から採用選考が解禁となり、就活生は慌ただしい日々を過ごしている。こちらは、「賞与」と聞いても、手にしたことがないからかピンと来ないかもしれない。とはいえ、内定先や志望先

2016年7月4日ヴォーカーズフィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業の時給ランキング2016

プレスルーム 2016.06.28 「上場企業の時給ランキング2016」を発表しました。(働きがい研究所 調査レポート Vol.27)就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」()は、「上場企業の時給ランキング2016」を発表しました。今回の調査レポートでは、上場企業の有価証券報告書とVorkersに投稿されたデータから、企業による公開情報だけでは知ることが難しい、残業時間も含めた労働時間から上場企業各社の「時給」を算出しました。「時給」は、有価証券報告書による平均年収を、各社の標準

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2016年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2016.06.08 2016年3月期決算を発表した上場企業2,447社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は24社だった。前中間期(2015年9月第2四半期、22社)より2社増加し、2015年3月期決算(27社)より3社減少した。GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」(以下、重要事

2016年5月31日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

「賞与が増えた」トップ300社ランキング

「賞与が増えた」トップ300社ランキング2014→2015年増加額100万円超が5社 業績連動分の大きい会社ほど好調なときにはドッと増えるものです(写真:わたなべ りょう / PIXTA) 来週から6月。早い企業だと5、10日前後に夏のボーナス(賞与、一時金)が支給される。三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、民間企業(事業所規模5人以上)の2016年夏のボーナスは2年ぶりに増えると予測。その平均支給額は前年比0.5%増の35万8409円と微増だ。ただし、これはあくまで平均を取っただけの話

2016年5月27日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

最新!これが平均年収の高いトップ500社だ

最新!「平均年収トップ500社」ランキング2000万円超が2社も誕生、1000万円超は55社 うらやむほどの超高給をもらっている企業とは?(写真:KY / PIXTA) もうすぐ多くの企業や役所で夏のボーナス(賞与、一時金)が支給される時期だ。景気が足踏み基調にある中で財布の紐は締めがちだが、それでもまとまった収入を高額商品の消費や旅行、レジャーなどにあてようと考えている人は多いだろう。説明するまでもない話だが、毎月の給料に、夏と冬の年2回の賞与を加えた数字が年収。ボーナスが多ければ、その年

2016年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2016.05.12 2015年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は70社で、4年ぶりに前年度を下回った。中国や新興国の経済減速を背景とした世界的なリスク懸念の高まりから、不動産市場でも様子見やリスク回避の動きが強まり、取引が縮小したことが影響したとみられる。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年度(2015年4月~2016年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2016.05.12 2015年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は70社で、4年ぶりに前年度を下回った。中国や新興国の経済減速を背景とした世界的なリスク懸念の高まりから、不動産市場でも様子見やリスク回避の動きが強まり、取引が縮小したことが影響したとみられる。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年度(2015年4月~2016年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「上場企業の不動産取得」調査

公開日付:2016.05.12 2015年に国内不動産の取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は56社で、3年連続で前年と並んだ。アベノミクス効果による景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得の動きは活発化したが、一方で中国経済の減速など景気の先行き懸念を背景とする、リスク警戒感の高まりもあって、前年水準を超えない「足踏み」状況が続いている。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年に国内不動産(固定資産)の取得(建物の新設等を含む)を決議、公表した企業を調べた。資料

2016年5月16日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

東証第1部上場企業の2016年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

東証第1部上場企業の2016年夏季賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査

2016年5月10日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

平成28年熊本地震「上場企業の被災状況開示」調査(4月28日時点)

平成28年熊本地震「上場企業の被災状況開示」調査(4月28日時点) 公開日付:2016.04.28 4月14日に発生した「平成28年熊本地震」(以下、熊本地震)は4月25日、激甚災害に指定された。4月28日には東日本大震災以来、4例目となる特定非常災害に指定される事も決定した。震度1以上の揺れは1,000回を超え、発生から2週間が経過した現在も3万8,000人が避難生活を余儀なくされている。東京商工リサーチでは、前震が発生した4月14日から同28日まで、すべての上場企業を対象に「熊本地震」の影響

2016年5月2日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

平成28年熊本地震 「上場企業の被災状況開示」調査(4月19日時点)

平成28年熊本地震 「上場企業の被災状況開示」調査(4月19日時点) 公開日付:2016.04.20 4月14日の「前震」から同16日未明の「本震」以後も大きな余震が続く「平成28年熊本地震」(以下、熊本地震)の影響が広がっている。九州新幹線が止まり、高速道路や一般道路などのインフラや建物も甚大な被害を受け、サプライチェーンなど経済活動にも支障を来している。東京商工リサーチでは、前震が発生した4月14日から同19日まで、すべての上場企業を対象に「熊本地震」の影響を公表したプレスリリースを集計、調

2016年4月25日東洋経済新報社フィードバック数:0マーケティング

最新!これが「賞与が多い」トップ500社だ

最新!これが「賞与が多い」トップ500社だ1位は年472万円、2015年支給額を独自調査 あなたはいくらもらいましたか?(写真:freeangle / PIXTA) 労働組合が企業に賃上げや労働条件の改善を要求する春闘(春期労使交渉)。昨年に続いて、業績好調な企業では前年よりも賞与(ボーナス、一時金)を増額する回答が相次いでいる。一方、不正会計をきっかけとして経営不振に陥った東芝では昨年と比べて最大50%の賞与をカット。関西電力は夏期賞与について4年連続で支給を見送るなど、企業や業種・業態に

2016年4月20日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査

2015年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 公開日付:2016.04.14 2015年度(2015年4月‐2016年3月)に「不適切な会計・経理」を開示した上場企業は58社(58件)で、2007年4月の調査開始から年度ベースで最多を記録した。開示企業は、東証1部が29社で全体の半数を占めた。発生当事者別は、「子会社・関連会社」が26社(構成比44.8%)と、前年度(16社)から10社増加した。具体的な内容では、「誤り」など単純なミス以外に、「着服」、「業績や営業ノルマ達成を動機とす

2016年4月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

土地取引動向調査(平成28年2月調査)

土地取引動向調査(平成28年2月調査)の結果について 平成28年4月8日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不

クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016

「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を公表増加傾向のクライシスに備え上場企業の6割が全社的プランを策定・検討し、また訓練まで実施 有限責任監査法人トーマツは、「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を本日公表する。この調査は、日本の上場企業におけるクライシスマネジメントの認知・認識とその準備・対応策の現状を把握することを目的に実施し、440社から回答を得た。その内、247社については海外子会社に関しても回答を得た。 2016年3月23日 有限

リスクマネジメント動向調査

【ニュース】「リスクマネジメント動向調査」を実施 弊社は、上場企業(東京証券取引所1部・2部、名古屋証券取引所1部・2部、札幌証券取引所、福岡証券取引所)及び従業員規模2,000人以上の非上場企業を対象として、リスクマネジメントの動向を俯瞰的に把握すると共に、今後、リスクマネジメントの取組みが進展していく方向性を探るべく調査を実施し、回答状況をまとめました。なお、本調査は2008年より実施しており、今回で5回目となります。1.調査概要 (1)調査対象企業上場企業(東京証券取引所1部・2部、名古

2016年3月16日産業能率大学フィードバック数:0ビジネス

第3回上場企業の課長に関する実態調査

学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、従業員数100人以上の上場企業に勤務し部下を1人以上持つ課長を対象に、職場の状況や課長自身の意識などに関するアンケートを実施し「上場企業の課長に関する実態調査」としてまとめました。このテーマに関する調査は、第1回(2010年9月実施)、第2回(2012年12月実施)に続き3回目。調査は2015年11月13日から17日までの5日間、インターネット会社を通じてインターネットリサーチで実施し651人(男性633人、女性18人)から回答を得ました。結果概要プレ

2016年2月14日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0ビジネス

「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査

「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 公開日付:2016.02.10 上場企業で2015年度に「不適切な会計・経理」を開示した企業が、2月9日までに43件に達し、2007年4月の調査開始以来、年度ベース(4月-3月)での最多記録を更新した。開示企業は新興市場が減少した半面、東証1部、2部上場企業が28件(構成比65.1%)に増えた。また、「不適切な会計・経理」の内容は「経理処理の間違い」など単純なミス以外に、「着服横領」、「業績や営業ノルマ達成を動機とする架空売上」、「循環取引」など、コ

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査

2015年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」調査 公開日付:2016.01.13 2015年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、前年と同数の32社だった。アベノミクス効果で、輸出企業を中心に上場企業の業績が改善し、人員削減に動いた企業は調査を開始した2000年以降で2年連続で最少になった。本調査は、2015年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したものの実施に至らない企業、および上場企

2016年1月14日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「東京都ワースト500社」ランキング

平均年収「東京都ワースト500社」2016年版都心の上場企業でも400万円以下は63社 田中 久貴2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 日本の中心地、東京に本社を置いていても地方の企業よりも、給料が高くない会社も少なくありません(写真:まちゃー / PIXTA) これまでのランキングは『会社四季報』(新春号が発売中)でも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、

2016年1月13日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

平均年収「東京都トップ500社」ランキング

平均年収「東京都トップ500社」ランキング1位野村HD1579万円、テレビ局も高給ぞろい 田中 久貴 2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 日本の首都には主要企業がひしめく(写真:まちゃー / PIXTA) 新年が明けて、気がつけばもう1週間だ。2016年に一段と飛躍を目指すビジネスパーソンは、年初に立てた計画や抱負を実行に移していこうと考えている頃だろう。収入を増やしたいと思っている人も少なくないはずだ。東洋経済オンライン

2016年1月7日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「東京除く関東290社」ランキング

平均年収「東京除く関東290社」ランキング1000万円超は1社、メーカー系強い 田中 久貴2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 東京には及ばないものの、横浜にも日本を代表する会社の本社が多い(写真:HAKU / PIXTA) 今日から多くの会社や役所で仕事始めだ。新年を迎えた今、気持ちを新たに仕事に取り組もうと考えているビジネスパーソンは少なくないだろう。東洋経済オンラインは『会社四季報』(新春号が発売中)でも掲載しているデータを

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2015年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2015.12.08 2015年9月中間決算を発表した上場企業2,449社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は22社だった。前年度本決算(2015年3月期、27社)より5社減少、2014年9月期中間決算(28社)より6社減少した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載される「継続企業に関する重要事象」(以

2015年11月4日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成27年8月調査)

土地取引動向調査(平成27年8月調査)の結果について 平成27年10月29日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」

2015年10月16日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

東証第1部上場企業の2015年年末賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査

東証第1部上場企業の2015年年末賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査

2015年10月9日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!「30歳年収が高い」500社ランキング

最新!「30歳年収が高い」500社ランキング金融、マスコミ、総合商社が高い あの会社は30歳でいくらの給料をもらっているのでしょうか(写真:わたなべ りょう / PIXTA) あと2カ月もすれば多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)が支給される。言うまでもなく毎月の給料に夏・冬のボーナスを加えたのが年収。自分のことはもちろん、友人・知人はいったいいくらぐらいもらっているのか、気になる人は少なくないだろう。東洋経済オンラインが10月1日に配信した「最新!『40歳年収が高い』500社ラ

2015年10月7日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

上場企業3,613社対象「チャイナリスク」調査

公開日付:2015.10.05 上場企業3,613社のうち、直近決算(2014.7月期-2015.6月期)の有価証券報告書で「中国」を事業等のリスクとして記載した企業は694社(構成比19.2%)と、約2割を占めた。694社のうち、 477社(同68.7%)が事業上のリスクとして「政策・政策ほかの変更」を指摘していた。この他、「景気」354社(同51.0%)、テロ・戦争・疫病などの「社会的混乱」300社(同43.2%)も上位にあがった。一方、2015年6月の上海株式市場などで起きた中国の株価下落

2015年9月9日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

10年で躍進!売上高が急増したトップ500社

10年で躍進!売上高が急増したトップ500社1位トヨタは8.6兆円増、2位はソフトバンク この10年で売り上げをいちばん増やしたのは、日本最大の企業であるトヨタだった(撮影:尾形 文繁) 上場企業の約7割を占める3月期決算の中間期末が近づいてきている。2~3月の決算商戦期ほどではないものの、9月中間決算を控えて少しでも業績を高めようと奔走している時期でもある。企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。損益計算書の一番上に記載される数字であることから、「トップライン」とも

2015年8月4日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年3月期決算「上場企業2,305社の平均年間給与」調査

2015年3月期決算「上場企業2,305社の平均年間給与」調査 公開日付:2015.07.31 上場企業2,305社の2015年3月期決算の平均年間給与は616万5,000円(前年比10万9,000円増、1.8%増)だった。上場企業の平均年間給与は4年連続で増加し、2011年3月期より26万円上昇した。前年からの伸び率も過去4年で最大となり、上場企業の給与アップが鮮明となった。業種別では10業種中、電気・ガス業を除く9業種で増加。公共事業の前倒し発注や東京五輪の需要を見越した再開発など、活況を

2015年7月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年上半期「希望・早期退職者募集状況」調査

2015年上半期「希望・早期退職者募集状況」調査 公開日付:2015.07.08 2015年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、前年同期比3件減の18社だった。アベノミクス効果による円安の進行に伴い、輸出企業を中心に企業業績が改善し、希望・早期退職募集などの人員削減に動いた上場企業は調査を開始した2000年以降で最少ペースで推移している。本調査は、2015年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定

2015年6月29日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業に聞いた『企業内の障害者に対する理解促進の取り組み』

上場企業に聞いた『企業内の障害者に対する理解促進の取り組み』

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ