調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 上場建設会社

「上場建設会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2016/12/272016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ〜 公共工事、再び増加に転じる 〜はじめに上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事

2016年7月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査

2016/6/272015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査工事受注高、5年ぶりの減少〜 官需の伸び率減少へ、民需は伸長続く 〜はじめに上場建設会社の2015年度決算が出揃った。2015年12月に実施した前回調査(2015年度第2四半期業績)では、中間期時点の受注高が前年同期比で7.4%減少。特に、官公庁向けの受注は同30.4%の大幅減となったこともあって、自民党政権発足以来の公共工事による建設好況に変調の兆しが見られ、年度通期での失速が予想されていた。帝国データバンクは、全国の主

2016年1月4日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2015/12/242015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高は前年同期比7.4%の減少に転じる〜 公共工事受注3割減が影響 〜はじめに上場建設会社の2015年度第2四半期決算が出揃った。2015年6月に実施した前回調査(2014年度通期業績)では、2020年の東京五輪に象徴される再開発、国土強靭化計画に基づくインフラ工事の活況で、2014年度(個別受注高の判明している51社ベース)の受注高は前年度比9.9%増。リーマン・ショック以降、おおよそ5〜7%台で推移してい

2015年6月23日帝国データバンク★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界です。

2014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査

2015年6月23日2014年度 主要上場建設会社62社の受注・業績動向調査 売上総利益率10%の大台に〜 リーマン・ショック以来の高水準 〜 上場建設会社の2014年度決算が出揃った。2014年12月に実施した前回調査(2014年度第2四半期業績)では、民間工事に減速感がありつつも、公共工事の増加は続き、売上総利益率は上昇。ゼネコン各社が着実に利益を確保していることが明らかになっている。資材価格の高騰、人手不足等のマイナス要因も存在するなか、ゼネコン各社がどこまで利益水準を高めることができ

2014年12月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度第2四半期 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査

2014年12月24日特別企画 : 2014年度第2四半期 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査 民間工事減速、受注の伸び鈍化〜 売上総利益率は改善続く 〜 上場建設会社の2014年度第2四半期決算が出揃った。2014年6月に実施した前回調査(2013年度通期業績)では、資材価格高騰、人手不足が収益圧迫要因となりつつも、アベノミクスの恩恵で主要ゼネコンの受注高が3年連続で増加し、リーマン・ショック以降では最高となったこと、売上総利益率も3年振りに改善したこと、受注の内訳としては官公庁工

2014年6月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2013年度 主要上場建設会社47社の受注・業績動向調査

2014年6月24日特別企画 : 2013年度 主要上場建設会社47社の受注・業績動向調査 収益改善も、建設コスト上昇を懸念〜 受注高は2割増、アベノミクスの恩恵大 〜 公共事業を“復活”させたアベノミクスによって、建設業界は息を吹き返した。恩恵は広く地方にまで及び、現状では建設業者の倒産は20カ月連続の前年同月比減少となっている。半面、人件費の上昇、資材価格の高騰が収益を圧迫し、受注の拡大ほどには利益が伸びない収益構造となっていることが指摘されてきた。今後も、東京オリンピックの開催など大型

2012年12月14日帝国データバンク★フィードバック数:10ビジネス

企業を対象としたアンケートです。ネガティブに見られています。

2013年の景気見通しに対する企業の意識調査

2012年12月17日特別企画 : 2012年度第2四半期 上場建設会社62社の受注・業績動向調査 官民ともに回復、受注高合計は前年同期比2.4%増〜 売上総利益は6割強の企業が悪化 〜 建設業界の動向を一変させた東日本大震災。震災後、1年9ヵ月余りが経過し、がれき処理や除染作業などの復興工事が本格化している。2012年度の建設会社の倒産件数は11月末までで1829件と2011年度の11月末時点の2064件を下回り、減少傾向にある。なかでも東北は、2011年6月以来、今年の8月まで1年3ヵ月連

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ