「上方修正」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「業績計画を増額した236社」ランキング

「業績計画を増額した236社」ランキング早くも「アップルペイ」で利益拡大した会社も 丸山 尚文個人向け株式投資雑誌『会社四季報プロ500』編集長。『週刊東洋経済』編集部、「東洋経済オンライン」編集長、通信、自動車業界担当などを経て現職 アップルペイのような話題の新商品をきっかけに、自社の業績を飛躍させる会社もある(写真:ロイター/アフロ) 円高や国内消費の低迷などを受けて、企業業績の進捗度合いや通期決算の見通しがどのようになるか、株式市場でも注目が高まっている。中間決算(2016年4~9月

2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観 大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正 ◆日銀短観(2015年6月調査)は、製造業と非製造業のいずれも大企業を中心に業況感が堅調に改善していることを示す内容となった。加えて、2015年度の設備投資計画が大きく上方修正されるなど、企業の投資意欲が高まっている点も注目される。◆大企業製造業の「業況判断DI(最近)」は+15%ptと前回(+12%pt)から改善し、市場コンセン

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造工業生産能力・稼働率指数 (平成27年4月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年3月分】 (平成29年5月17日発表) 製造工業稼働率指数は、99.8で前月比-1.6%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.1で前月比-0.3%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、デスクトップ型パソコン等による。生産能力・稼働率指数(概要冊

2015年1~3月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的に大きめに上方修正された。名目成長率も、前期比+1.9%(同+7.7%)から同+2.3%(年率+9.4%)に上方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+3.4%のままであった。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%のまま修正はなく、住宅投資は前期比+1.8から同+1.7%に若干下方修正された。設備投資は

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半期連続で増

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>2015-06-09 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.47-景気は足下、先行きともに改善が続く [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きとも

15~16年度 改訂経済見通し(15年6月)

景気循環研究所 経済見通し15~16 年度 改訂経済見通し(15 年 6 月)2015 年 6 月 8 日実質成長率は 15 年度 2.1%、16 年度 2.2%の予想1-3 月期の実質成長率は2 次速報で上方修正内閣府は 6 月 8 日、2015 年 1-3 月期の国内総生産(GDP)の 2 次速報値を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比 1.0%、同年率 3.9%に上方修正した(1 次速報値は前期比 0.6%、同年率 2.4%)。事前の民間予測(QUICK調査、予測中心値)では、年率

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期GDP二次速報設備投資が緩やかに持ち直し、一次速報から上方修正 2015年6月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+3.9%(前期比+1.0%)と、一次速報(前期比年率+2.4%、前期比+0.6%)から上方修正された。実質GDPが2四半期連続のプラス成長となり、成長ペースも加速したという構

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の上

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE概要

Q E 解 説2015 年 6 月 8 日2015 年 1~3 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)に上方修正(1次速報前期比+0.6%、年率+2.4%)。設備投資と在庫投資の上方修正が主因○ 設備投資と在庫投資が上方修正されたことで、民間需要の寄与度が上振れ(+0.8%Pt⇒+1.2%Pt)。公的需要は小幅に

2015年6月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~1次速報から大幅上方修正も、4-6月期の下振れリスクは残存~

2015年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~1次速報から大幅上方修正も、4-6月期の下振れリスクは残存~

2015年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月8日公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%から+0.7%に上方修正される見込みである(年率換算値では+2.4%から+2.7%)。修正幅は小さいが、修正の中身によって、景気の見方が前向きに変化する可能性がある。需要項目別の内訳をみると、1~3月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.4%から同+2.1%に大きく上方修正される一方、在庫投資の寄与度が同+0.5%から同+0.3%に下方修正される見込みである。また

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率+3.1%と、1次速報から上方修正を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2015年1-3月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率+3.1%と、1次速報から上方修正を予想~発表日:2015年6月1日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45286月8日に内閣府から公表される 2015 年1-3月期実質GDP(2次速報)を前期比年率+3.1%(前期比+0.8%)と、1次速報段階(前期比年率+2.4%)から上方修正されると予測する。本日公表された法人企業統

2015年5月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15 年度主要穀物の生産状況等調査結果(第8回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は5月12 日、2014/15 年度(10 月〜翌9 月) 第8回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を発表した。当該調査は、春植えの夏 期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモ ロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15 年度の主要穀物の作付面積は、5721 万ヘクタール(前年度 比0.3%増)と見込まれている。このうち大豆は、3157 万3000 ヘクタール(同4.

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成27年1-3月期地域経済産業調査

「平成27年1-3月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省はこのたび、各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄経済産業部を含む)が、各地域の経済動向を把握するために、四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は5期ぶりに上方修正し、「一部に弱い動きがみられるが、緩やかに改善している」としました。地域別では、景況判断を、関東、北陸、近畿、中国、四国、九州で上方修正し、その他の地域は据え置きました。生産は、自動車産業では

IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月15日IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正 IMF(国際通貨基金)は4月14日に最新の世界経済見通しを発表し、2015年の世界の成長率予測を今年1月の見通しと同じ3.5%で維持したものの、米ドル高を中心とした為替相場の変動と原油安を受けて、世界経済は変化しつつあるとしました。2016年の世界の成長率予測については、新興国経済が好転するとの見込みを背景に3.8%に上方修正し、世界経済の成長は加速し

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 | ニッセイ基礎研究所 さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 経済研究部 研究員 岡 圭佑・景気判断は全9地域中3地域で上方修正・業況判断は5地域で改善も、先行きは全地域で悪化・製造業の業況判断は4地域で改善、先行きは7地域で悪化・非製造業の業況判断は8地域で改善、先行きは全地域で悪化4月14日に日本銀行が公表した「地域経済報告(さくらレポート)」によると、全9地域中3地域(北陸、東海

2015年3月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年2月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年3月分】 (平成29年5月17日発表) 製造工業稼働率指数は、99.8で前月比-1.6%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.1で前月比-0.3%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、デスクトップ型パソコン等による。生産能力・稼働率指数(概要冊

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

2014年10~12月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.4%(年率+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。名目成長率も、同+1.1%(年率+4.5)から同+1.0%(年率+3.9%)に下方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+2.3%から同+2.4%に若干上方修正された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.3%から+0.5%に上方修正され、住宅投資は同-1.2%のまま据え置かれた。設備投資は、1

2014年10~12月期のGDP(2次速報)予測

3月9日公表予定の2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%と変わらないが、年率換算値では+2.2%から+2.6%に、若干上方修正される見込みである。修正幅は小さく、景気の見方に変化が出ることはないだろう。需要項目別の内訳をみると、10~12月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.1%から同+0.2%に上方修正され、在庫投資の寄与度も同+0.2%から同+0.3%に上昇修正される見込みである。一方、公共投資は、12月の建

2015年3月3日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (2015年1月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年3月分】 (平成29年5月17日発表) 製造工業稼働率指数は、99.8で前月比-1.6%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.1で前月比-0.3%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、デスクトップ型パソコン等による。生産能力・稼働率指数(概要冊

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2015年1月)の予測 ~CI一致指数は2ヶ月連続で高い伸び。基調判断は若干の上方修正か~

景気動向指数(2015年1月)の予測 ~CI一致指数は2ヶ月連続で高い伸び。基調判断は若干の上方修正か~

米国の主要企業の業績見通し  原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む【デイリー】 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む【デイリー】2015年02月12日決算発表本格化前から上方修正 ■11日付のトムソン・ロイターのレポートによると、主要500社(決算発表済み345社の実績とそれ以外の予想を含む)の2014年10-12月期の増益率は前年同期比+6.6%と、決算発表が本格化する直前の予想同+4.2%

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年12月) ~基調判断は「改善」に上方修正。景気回復局面入りを示唆~

景気動向指数(2014年12月) ~基調判断は「改善」に上方修正。景気回復局面入りを示唆~

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年12月)の予測 ~基調判断は「改善」に上方修正の見込み。景気回復局面入りを示唆~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2015年1月30日(金)テーマ:景気動向指数(2014年12月)の予測~基調判断は「改善」に上方修正の見込み。景気回復局面入りを示唆~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 一致指数は上昇傾向持続内閣府から2月6日に公表される 2014 年 12 月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差+1.6 ポ(2010年=100)116CIの推移イントを予想する。11 月には前月

業績2段階アップの常連企業は買いか

業績2段階アップの常連企業は買いか | ニッセイ基礎研究所 業績2段階アップの常連企業は買いか 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2015年3月期・第3四半期の決算発表が始まった。昨年4月の消費税率引き上げ、円安進行、原油価格の急落など上場企業を取り巻く経営環境が大きく変化する中、業績

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年11月) ~一致CIは3ヶ月ぶりの低下も、12月分では基調判断が「改善」へ上方修正される可能性あり~

景気動向指数(2014年11月) ~一致CIは3ヶ月ぶりの低下も、12月分では基調判断が「改善」へ上方修正される可能性あり~

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年11月)の予測 ~12月分では基調判断が上方修正される可能性も~

景気動向指数(2014年11月)の予測 ~12月分では基調判断が上方修正される可能性も~

2014年12月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年11月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年3月分】 (平成29年5月17日発表) 製造工業稼働率指数は、99.8で前月比-1.6%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.1で前月比-0.3%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、デスクトップ型パソコン等による。生産能力・稼働率指数(概要冊

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年12月調査)予測

PRESS RELEASE日銀短観(2014年12月調査)予測2014年12月8日株式会社富士通総研当社は、12月15日に発表される日銀短観(2014年12月調査)の業況判断DIと設備投資計画の予測を行いました。業況判断DI(大企業)は、9月調査に比べ、製造業、非製造業とも悪化すると見込まれます。2014年度の設備投資計画(全規模・全産業)は、9月調査から上方修正されると予想されます。業況判断DI:大企業・製造業 12%ポイント、大企業・非製造業 12%ポイント設備投資計画:全規模・全産業 20

2014年7~9月期のGDP(2次速報)予測

12月8日公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値から若干上方修正され前期比-0.3%となる見込みである(年率換算値では-1.6%から-1.2%に修正される見込み)。2四半期連続でのマイナス成長の状況に変化はなく、消費税率引き上げ後、景気が弱含んだ状態が続いていたことを確認する結果となろう。需要項目別の内訳をみると、7~9月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が2次速報値の前期比-0.2%から同+0.6%に上方修正される一方で、公共投資は、9月の建設総合統

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲0.5%と、1次速報から上方修正を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2014年7-9月期GDP(2次速報値)の予測発表日:2014年12月1日(月)~前期比年率▲0.5%と、1次速報から上方修正を予想~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-452812 月8日に内閣府から公表される 2014 年7-9月期実質GDP(2次速報)を前期比年率▲0.5%(前期比▲0.1%)と、1次速報段階の前期比年率▲1.6%(前期比▲0.4%)から上方修正されると予測する。

2014年10月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の牛肉生産量、前月の予測値から上方修正

米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は10月10日、直近の食肉生産量の見通しを公表した。これによると、2014年の牛肉生産量は前月の予測値から1万6000トン上方修正され、前年比5.3%減の1108万トンとしている。USDAは、上方修正の理由として、トウモロコシなど飼料穀物価格の下落により肥育期間が延びることから、1頭当たり枝肉重量が増加することを挙げている。また、2015年の牛肉生産量も、同じく前月予測値から上方修正された。一方、2014年の豚肉生産量は、1頭当たりの枝肉重量は増

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2)

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) | ニッセイ基礎研究所 業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本レポートの前半「中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信」では、中間決算を発表

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1)

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) | ニッセイ基礎研究所 中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら まもなく2015年3月期の中間決算が発表のピークを迎える。過去10年を振り返ると

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook あとは上方修正を待つだけ

GlobalMarket Outlook あとは上方修正を待つだけ

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.が13と前回比で1ポイント上昇し、2四半期ぶりとなる景況感の改善が示された。一方、大企

【2014年8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ

【8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ | ニッセイ基礎研究所 【8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月12日、米国商務省が8月の小売売上高を公表した。結果は前月比+0.6%となり、前月改定値(同+0.3%)から加速、市場予想の+0.6%(Bloomberg集計の中央値)と同じとなった。

2014年4~6月期のGDP(2次速報)予測

9月8日公表予定の2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値と同じ前期比-1.7%となる見込みである(ただし、年率換算値では-6.8%から-6.6%に若干上方修正される見込み)。このため、消費税率引き上げによって、家計部門を中心として景気が大きく落ち込んでいることを再確認する結果にとどまるであろう。需要項目別の内訳をみると、4~6月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比-2.5%から同-3.8%に下方修正される一方で、在庫投資は同じく法人企業統計の結

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>2014-08-27 <要 旨>1. 関西経済は、消費増税に伴う駆け込み需要からの反動減の影響があったものの、緩やかながら立ち直りの動きを見せており、その足取りは全国よりも順調である。14年4-6月期の経済指標は一時的な停滞を示しているが、先行き7-9月期以降には回復が見込まれている。2. 企業部門では、生産活動は、停滞する全国と異なり増産が続いている。ま

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 設備投資の大幅上方修正が全体を押し上げ(14年4-6月期実質GDP:改定) ~国内需要は緩やかな拡大基調~

米国 設備投資の大幅上方修正が全体を押し上げ(14年4-6月期実質GDP:改定) ~国内需要は緩やかな拡大基調~

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>2014-08-05 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.47-景気は足下、先行きともに改善が続く [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善が続く- ・1月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりのマイナスだが、10-12月平均比+1.8%となっており、近経局は「生産は持ち直

【2014年6月米小売売上高】消費の強さは維持されている

【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている | ニッセイ基礎研究所 【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:予想は下回ったが基調はほぼ予想通り7月15日、米国商務省が6月の小売売上高を公表した 。結果は前月比+0.2%となり、前月改定値(+0.5%)から低下、市場予想の+0.6%(Blo

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度1.1%(上方修正)、15年度1.4%(変更なし)~

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度1.1%(上方修正)、15年度1.4%(変更なし)~

2014年6月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年1~3月期2次QE概要

Q E 解 説2014 年 6 月 9 日2014 年 1~3 月期 2 次QE概要経済調査部シニアエコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年1~3月期の実質GDP(2次速報)は前期比+1.6%(年率+6.7%)に上方修正(1次速報前期比+1.5%、年率+5.9%)。個人消費・設備投資の上方修正が主因○ 民間在庫投資が下方修正となる一方、個人消費・設備投資が上方修正され、民間需要の寄与度が上振れ(+1.8%Pt⇒+2.

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の上方修正だったが、4-6月期の反動減懸念は強まる~

2014年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の上方修正だったが、4-6月期の反動減懸念は強まる~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ