「上方改定」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年8月31日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大

今週の指標 No.1126 2015年4-6月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から拡大 ポイント2015年8月31日2015年4-6月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.7%となり、2015年1-3月期(▲1.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.6%となり、潜在成長率(0.5%)を下回ったためである。なお、15年1-3月期のGDPギャップ(▲1.2%)は、同期の実質GDPが上方改定されたため、改定前の試算値(▲1.6%)より

2015年6月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート)

今週の指標 No.1122 2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート) ポイント2015年6月15日2015年1-3月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、2014年10-12月期(▲2.4%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+3.9%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.9%)から上方改定

2014年6月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

今週の指標 No.1099 2014年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1096のアップデート) ポイント2014年6月13日2014年1-3月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲0.2%となり、2013年10-12月期(▲1.7%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率6.7%となり、潜在成長率(0.7%)を大幅に上回ったためである。今回試算値(▲0.2%)は1次速報に基づく試算値(▲0.3%)から上方改

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

米国 大幅上方改定もQE3縮小を促すほど経済成長は強まっていない(13年7~9月期実質GDP:改定) ~弱い個人消費により実質国内最終需要は前期比年率+1.8%と低成長~

2013年9月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1077のアップデート)

今週の指標 No.1079 2013年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1077のアップデート) ポイント2013年9月12日2013年4-6月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲1.5%となり、13年1-3月期(▲2.2%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率3.8%と、潜在成長率(0.7%)を上回る伸びとなったためである。今回試算値(▲1.5%)を1次QEに基づく試算値(▲1.9%)と比較すると、上方改定と

2013年6月12日内閣府フィードバック数:6社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

今週の指標 No.1069 2013年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1067 図1のアップデート) ポイント2013年6月12日2013年1-3月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、12年10-12月期(▲2.9%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+4.1%と、潜在成長率(+0.8%)を上回る伸びとなったためである。今回試算値を1次QEに基づく試算値(▲2.3%)と比較すると、上方改定と

2013年5月23日内閣府フィードバック数:17社会/政治

2013年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1067 2013年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小ポイント2013年5月23日2013年1-3月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、12年10-12月期(▲2.9%)からマイナス幅が縮小した(図1)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+3.5%と、潜在成長率(+0.8%)を上回る伸びとなったためである。なお、12年10-12月期のGDPギャップ(▲2.9%)は、同期の実質GDPが上方改定されたため、改定前の試算値(

2013年3月15日内閣府フィードバック数:3社会/政治

2012年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

今週の指標 No.1061 2012年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1059 図1のアップデート) ポイント2013年3月14日2012年10-12月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲3.0%となり、1次QEに基づく推計値(▲3.1%)より縮小した(図1、表1))。これは、10-12月期の実質GDP成長率が上方改定されたためである。(注)GDPギャップ=(実際のGDP-潜在GDP)/潜在GDP。GDPギャップのマイナスは供給に対して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ