調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 上昇ペース

「上昇ペース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コモディティ・レポート (2015年3・4月)

I.コモディティ市況全般: 3~4月は下落後、反発ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、昨年6月下旬をピークに今年3月中旬にかけて下落傾向で推移した後、反発している。マクロ経済環境をみると、欧州景気が持ち直す動きをみせる一方で、米国景気にもたつきがみられ、中国景気は減速した状態が続いている。今後、世界景気の回復に伴って、コモディティ市況は上昇するだろうが、その上昇ペースは緩やかだろう。II.エネルギー市況: 原油は反発後、上値が重くなる国際指標とされるブレ

2015年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:米国住宅市場の現状と本格回復への課題

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報MUFG Union Bank, N.A. Economic Research NYHiroshi Kurihara |栗原 浩史Director and Chief U.S. Economist+1(212)782-5701, hikurihara@us.mufg.jpA member of MUFG, a global financial groupFebruary 13, 2015<FOCUS>米国住宅市場の現状と本格回復への課題 足元の住

2014年10月23日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

消費税増税後の物価動向と今後の金融政策- 明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し-

SCB          SHINKIN  CENTRAL  BANK 内外経済・金融動向  No.26−2 地域・中小企業研究所〒103‑0028  東京都中央区八重洲 1‑3‑7   TEL.03‑5202‑7671  FAX.03‑3278‑7048   URL  http://www.scbri.jp (2014.10.22) 消費税増税後の物価動向と今後の金融政策 〜明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し〜   視点  日本経済は、安倍政権が打ち出した経済政策、通称「アベノミクス」

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

足踏みが続く米国住宅市場の行方-供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 7 月 31 日 No.2014-023足踏みが続く米国住宅市場の行方― 供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠―調査部 研究員 芝亮行《要 点》 米国住宅市場の回復は、2013 年半ば以降、足踏み状態が続いている。発端は、2013 年5月にバーナンキFRB議長 (当時) が金融緩和の縮小に言及したことをきっかけ に長期金利および住宅ローン金利が大幅に上昇したことにある。  もっとも、

2014年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール、一時的な要因での景気判断は早計か(Asia Weekly (7/14~7/18)) ~インドのインフレは一服も、先行きはモンスーンの影響に懸念~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートシンガポール、一時的な要因での景気判断は早計か(Asia Weekly (7/14~7/18))~インドのインフレは一服も、先行きはモンスーンの影響に懸念~発表日:2014 年 7 月 18 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+2.1%+3.1%+4.9%+5.43%+5.73%+6.01%+7.31%+7.70%+8.

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年経済・金融予測 ~悪天候を克服し、緩やかな経済成長持続~

U.S.Trends米国 2014年2014年、2015年2015年経済・経済・金融予測金融予測~悪天候悪天候をを克服しやかな経済経済成長克服し、緩やかな経済成長持続成長持続~持続~発表日:201発表日:20142014年3月6日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○2014 年の米国実質GDP成長率は、個人消費や住宅投資の拡大のほか、緩和的な金融政策の継続等により前年比+2.7%(13 年同+1.9%)に加速しよう。バブル期のよう

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価 ~祝・物価目標達成~

EU Indicators欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価発表日:2014年1月15日(水)~祝・物価目標達成~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 14日に発表された昨年12月の英国の消費者物価は前年比+2.0%と前月(同+2.1%)から上昇率が一段と縮小した。BOEの物価目標(2%)を上回らなかったのは約4年振り。内訳は、エネルギー価格の上昇率が加速(前月:同+1.6%→今月:同+3.3%)した一方、食料品の上昇率が縮小(同+2.8%→

2013年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年10月)の予測 ~一致指数、先行指数とも2ヶ月連続の上昇を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年11月29日(金)テーマ:景気動向指数(2013年10月)の予測~一致指数、先行指数とも2ヶ月連続の上昇を予想~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528内閣府から 12 月6日に公表される 2013 年 10 月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差+1.3 ポイントと、2ヶ月連続で上昇すると予想する。CI一致指数は6月~8月にかけて上昇ペースがやや鈍り、夏場に景気

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8)) ~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~

1/5ASIA Indicators~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~定例経済指標レポートインドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8))発表日 : 2013 年 11 月 8 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 +0.8% +0.64% +2.9% 2.50% 6.2% +5.62% 5.7% ▲1.5% ▲2.8%

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ASEANの株高について考える

ASEANの株高について考える | ニッセイ基礎研究所 ASEANの株高について考える 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (4月4日に内容の一部を修正致しました) ASEAN主要国であるフィリピン・タイ・インドネシアの株価上昇が著しい。2010年と比較するとこれらの国の株価は約2倍に達する。好調な株価の背景には、実体経済の強さがある。先進国が低

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ