「上昇圧力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン中銀は堅調な内需に自信をみせる(Asia Weekly (6/22~6/26)) ~台湾には外需低迷をきっかけに下押し圧力が掛かっている~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートフィリピン中銀は堅調な内需に自信をみせる(Asia Weekly (6/22~6/26))~台湾には外需低迷をきっかけに下押し圧力が掛かっている~発表日:2015 年 6 月 26 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回3.75%3.75%3.75%+3.0%+3.0%+2.8%49.649.449.2(シンガポール)5 月

2015年6月25日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

非正規賃金の上昇圧力 ~20歳代の人口減少がじわじわ~

非正規賃金の上昇圧力 ~20歳代の人口減少がじわじわ~

2015年3月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア中銀、ルピア相場安定を重視(Asia Weekly (3/13~3/20)) ~ルピア相場安定に向けて慎重な金融政策を志向する姿勢~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートインドネシア中銀、ルピア相場安定を重視(Asia Weekly (3/13~3/20))~ルピア相場安定に向けて慎重な金融政策を志向する姿勢~発表日:2015 年 3 月 20 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回3/13(金) (インド)2 月輸出(前年比)▲15.0%--▲11.2%2 月輸入(前年比)▲15.7%--

2015年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコにとって原油安とユーロ安は『追い風』になるか ~中銀の利下げを後押ししたが、大統領周辺から『圧力』が強まる可能性も~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコにとって原油安とユーロ安は『追い風』になるか~中銀の利下げを後押ししたが、大統領周辺から『圧力』が強まる可能性も~発表日:2015年1月21日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 原油安は貿易赤字の圧縮とインフレ圧力の後退を通じ、トルコ経済にプラスになると見込まれる。足下ではインフレ率にピークアウトの動きが出ているが、コアインフレ率は高止まりしており、依然インフレ懸念はくす

2014年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安誘導はどこまで進むか ~次なる目途は1ドル120円か~

BOJ Watching円安誘導はどこまで進むか~次なる目途は1ドル120円か~日本銀行分析レポート 発表日:2014年11月4日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)円安・株高が日銀の追加緩和によって進んでいる。日銀の追加緩和は、FRBのテーパリング完了に応じるよう に行ったタイミングの良さが効果的だったのだろう。日銀は、円安だけで消費者物価を押し上げていくつもりでは ないだろうが、ある程度は円安になることを前提に、消費者物価 2%の達成を狙って

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか?

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は1-3月期に寒波の悪影響でマイナス成長となったが、4-6月期には力強い反発を見せた。家計、企業ともにセンチメント指標が非常に高い水準に達しており、今後も3%前後の安定的な成長が期

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 研究員 高山 武士9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、増加幅は前月から縮小、市場予想の+23.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を大きく割り込み、市場予想で最も悲観的な予想であった+19.0万人にも届かなか

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも | ニッセイ基礎研究所 【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも 研究員 高山 武士5月27日にS&Pが発表した3月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、季節調整済の前月比で+1.2%、原系列の前年同月比で+12.4%となった。市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)である前月比+0.7%、前年同月比+11.8%を上回る結果であった。2月(改定値)の前月比+0.8%、前年同月比+

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志1月下旬以降、市場の地合いは大きくリスクオフモードに傾いている。中国の理財商品のデフォルト懸念も含めた新興国不安、米経済指標の下振れ、日銀追加緩和期待の後退など、多くの材料がドル円を圧迫し、足元では101円台での推移となっている。今後も3ヶ月という時間軸で考えると、ドル円の上値は重くなりそうだ。今後は寒波の影響剥落によって

2014年2月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアの経済成長率は4年ぶりの6%割れ(Asia Weekly (2/1~2/7)) ~中国景気は足下のみならず、先行きにも不透明感がくすぶる~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートインドネシアの経済成長率は4年ぶりの6%割れ(Asia Weekly (2/1~2/7))~中国景気は足下のみならず、先行きにも不透明感がくすぶる~発表日:2014 年 2 月 7 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日2/1(土)2/3(月)2/4(火)2/5(水)2/6(木)2/7(金)指標、イベントなど結果コンセンサス前回50.550.551.0(韓国)1

2014年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化 ~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~発表日:2014年2月4日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4日、豪準備銀は定例の金融政策委員会において、5会合連続で政策金利を据え置く決定を行った。内外景気に対する見方は基本的に変わっておらず、中期的な景気回復を見込む一方、足下で続く国際金融市場における動揺に気遣いをみせる様子

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

依然として確信できない「2年で2%の物価上昇」~持続的な成長経路への早期回帰は困難~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融依 然 として確 信 できない「2 年 で 2%の物 価 上 昇 」~持 続 的 な成 長 経 路 への早 期 回 帰 は困 難 ~南 武志要旨国内景気・物価は、積極的な金融財政政策による効果によって、緩やかながらも改善の動きが続いている。こうした動きは中小企業や地域経済にまで波及するなど、広がりを見せている。13 年度末にかけては、公共事業の下支えや消費税増税前の駆け込み需要が本格化することもあり、国内経済は高めの成長を達成

2014年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、先行き不透明感から景況感は50割れ(Asia Weekly (1/20~1/24)) ~タイ中銀、市場の事前予想を覆して利下げを見送り。バーツ安阻止に重点~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、先行き不透明感から景況感は 50 割れ(Asia Weekly (1/20~1/24))~タイ中銀、市場の事前予想を覆して利下げを見送り。バーツ安阻止に重点~発表日:2014 年 1 月 24 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+7.7%+7.6%+7.8%12 月鉱工業生産(前年比)+9.7%+9.8%+10.0

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来? 2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ド

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?

リサーチ TODAY2013 年 9 月 2 日今年も年半ばに向けた金利低下アノマリー?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創QE3(大規模証券購入プログラム)の運営方針について様々な思惑が生じている。市場では9月にもQE3の縮小が決定されるとの見方が生じ、流動性相場転換から株価にネガティブな影響をおよぼすことに対する警戒感は強い。みずほ総合研究所は昨年末までQE3が2014年いっぱい継続と考えてきたが、既に年初から見方を修正し、現在は早ければ9月にもQE3縮小のアナウンスを行うとの見方にあ

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、内需の弱さが利下げを後押し(Asia Weekly (8/5~8/9)) ~韓国銀行は過去の利下げや経済対策の効果を様子見する姿勢~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート豪州、内需の弱さが利下げを後押し(Asia Weekly (8/5~8/9))~韓国銀行は過去の利下げや経済対策の効果を様子見する姿勢~発表日:2013 年 8 月 9 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+0.08%+0.60%+0.60%(豪州)6 月小売売上高(前月比/季調済)+0.0%+0.4%+0.2%(マレーシ

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21))~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~発表日:2013 年 6 月 21 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回6/17(月) (シンガポール)5 月非石油輸出(前年比)▲4.6%▲0.2%▲1.0%(インド)5

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、2つの製造業PMI は真逆の方向感(Asia Weekly (6/1~6/7)) ~インドの製造業PMIは4年ぶりの低水準に悪化~

1/6ASIA Indicators~インドの製造業 PMI は4年ぶりの低水準に悪化~定例経済指標レポート中国、2つの製造業 PMI は真逆の方向感(Asia Weekly (6/1~6/7))発表日 : 2013 年 6 月 7 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 5 月輸入(前年比) (中国)5 月製造業 PMI 6/3(月) (韓国)5 月消費者物価(前年比) (豪州)4 月小

2013年5月21日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

通貨安競争ふたたび ~先進国の緩和長期化により、当面は「緩和競争」が続く可能性は高い~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポート通貨安競争ふたたび~先進国の緩和長期化により、当面は「緩和競争」が続く可能性は高い~発表日:2013年5月17日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 先進諸国の追加的な量的金融緩和により世界的な資金供給量はかつてない規模になり、国際金融市場は流動性相場の様相を呈する中、日米の景気回復期待で投資家のリスク許容度も改善しており、BRICSのみならず幅広い新興国や資源国への資金流入圧

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、インフレ率低下で追加利下げに期待(Asia Weekly (4/15~4/19)) ~フィリピンの移民送金に頭打ちの兆候、消費の下押しに繋がる懸念~

1/4ASIA Indicators定例経済指標レポートインド、インフレ率低下で追加利下げに期待(Asia Weekly (4/15~4/19))~フィリピンの移民送金に頭打ちの兆候、消費の下押しに繋がる懸念~発表日:2013 年 4 月 19 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+7.7%+8.0%+7.8%3 月鉱工業生産(前年比)+8.9%+10.1%--3 月小売売上高

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国に内需拡大の動き(Asia Weekly (4/8~4/12)) ~韓国中銀は政府による利下げ圧力に屈せず~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート中国に内需拡大の動き(Asia Weekly (4/8~4/12))~韓国中銀は政府による利下げ圧力に屈せず~発表日:2013 年 4 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+1.39%+1.82%+2.96%3 月輸出(前年比)+3.3%+2.2%▲15.8%3 月輸入(前年比)+0.2%+4.2%▲8.5%4/

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ