「上昇圧力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか?

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? 研究員 高山 武士米国経済は1-3月期に寒波の悪影響でマイナス成長となったが、4-6月期には力強い反発を見せた。家計、企業ともにセンチメント指標が非常に高い水準に達しており、今後も3%前後の安定的な成長が期待できる。住宅需要の低迷と賃金上昇率の鈍さは、引き続き米国経済の懸念材料として存在している。しかし住宅市場は住宅価格が一服するなど、需要が高まりやすい地合いであり、今後

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 研究員 高山 武士9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、増加幅は前月から縮小、市場予想の+23.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を大きく割り込み、市場予想で最も悲観的な予想であった+19.0万人にも届かなか

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも | ニッセイ基礎研究所 【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも 研究員 高山 武士5月27日にS&Pが発表した3月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、季節調整済の前月比で+1.2%、原系列の前年同月比で+12.4%となった。市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)である前月比+0.7%、前年同月比+11.8%を上回る結果であった。2月(改定値)の前月比+0.8%、前年同月比+

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志1月下旬以降、市場の地合いは大きくリスクオフモードに傾いている。中国の理財商品のデフォルト懸念も含めた新興国不安、米経済指標の下振れ、日銀追加緩和期待の後退など、多くの材料がドル円を圧迫し、足元では101円台での推移となっている。今後も3ヶ月という時間軸で考えると、ドル円の上値は重くなりそうだ。今後は寒波の影響剥落によって

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来? 2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ド

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号

不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号 | ニッセイ基礎研究所 不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志1月の金融市場は、日銀による2%の物価目標導入や追加緩和期待から円安・株高基調が継続。長期金利も補正予算編成に伴う財政懸念から一旦上昇した後、緩和期待により低下している。ただし、これまで一本調子に進んできた円安も直近は要人発言によって乱高下するなど変化が見られる。円為替は従来、米経済や欧州危機など海外情勢次第という側面が強かっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ