「上昇基調」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン中銀は堅調な内需に自信をみせる(Asia Weekly (6/22~6/26)) ~台湾には外需低迷をきっかけに下押し圧力が掛かっている~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートフィリピン中銀は堅調な内需に自信をみせる(Asia Weekly (6/22~6/26))~台湾には外需低迷をきっかけに下押し圧力が掛かっている~発表日:2015 年 6 月 26 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回3.75%3.75%3.75%+3.0%+3.0%+2.8%49.649.449.2(シンガポール)5 月

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドでインフレリスク再燃の兆候(Asia Weekly (6/12~6/19)) ~インドネシア中銀、金利据え置きも景気にも配慮の姿勢~

1/5Asia Indicators定例経済指標レポートインドでインフレリスク再燃の兆候(Asia Weekly (6/12~6/19))~インドネシア中銀、金利据え置きも景気にも配慮の姿勢~発表日:2015 年 6 月 19 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回6/12(金) (インド)4 月鉱工業生産(前年比)+4.1%+1.5%+2.5%5 月消費者物価(前年比)+5.0

2015年6月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年6月(全体版)

平成 27 年(2015 年)6 月 11 日見通しの概要~世界経済の回復ペースは依然緩やかにとどまる見通し~日本~企業の前向きな支出行動の明確化を起点に、景気は底堅さを増す見通し~米国~一時的な下押し影響の解消後は、家計需要の拡大を軸とした緩やかな回復基調が持続~西欧~原油安や大規模な量的金融緩和策が景気を下支えするも、成長ペースは緩やか~ア ジ ア~資源安と金融緩和が内需拡大の支えとなるも、輸出の伸び悩みにより力強さを欠く展開~オーストラリア~資源価格の下落が輸出や設備投資へ波及、景気は低調

J-REIT市場の現状と今後の見通し

<足元の状況>2015年2月以降、10年国債利回りが国債入札の不調による需給悪化懸念の高まりにより上昇する局面が度々あり、不安定に推移したことや、3月に米国の早期利上げ懸念の強まりなどを受けて国内株式市況の上値が重くなったことなどを背景に、J-REIT市場は一進一退の相場展開が続きました。直近では、4月末の欧州における長期金利の急騰を受けて国内長期金利が上昇したため、J-REIT市場はやや乱高下する相場となりました。また、昨年後半から上昇基調が続いたことによる高値警戒感や、J-REIT各社による

2015年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

着実なオフィス賃料上昇、取引は前年同期を上回る水準-不動産クォータリー・レビュー2015年第1四半期

着実なオフィス賃料上昇、取引は前年同期を上回る水準-不動産クォータリー・レビュー2015年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 着実なオフィス賃料上昇、取引は前年同期を上回る水準-不動産クォータリー・レビュー2015年第1四半期 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 14年度の実質GDP成長率は、消費増税後の落ち込みからの回復が力強さに欠け、推計値は-1.

上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月24日上昇基調が続く日本株式~今の水準は割高なのか? 日経平均株価が15年ぶりに終値で2万円を突破するなど、日本株式の上昇が続いています。速いペースで上昇したことから、一部では過熱感が指摘されていますが、今後の企業業績改善や株主還元拡大への期待感などから、一段高の予想も出ています。株価が割高か、割安かを見る指標のひとつに、1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表す株価収益率(PER)があります。足元の予想PER

2015年2月4日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年12月)2014年12月の首都圏中古マンション価格は、弱含む周辺3県に対して東京都での価格上昇が下支えとなり、前月比+0.5%の2,897万円と4ヶ月連続で上昇しました。都県別で見ると、東京都では+1.3%の3,947万円と6ヶ月連続の上昇となりました。一方、神奈川県(-0.3%、2,441万円)、埼玉県(-0.2%、1,853万円)及び千葉県(-0.3%、1,83

上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的 アジアリートを代表するシンガポールと香港のリート指数は、今年2月以降、上昇基調が続いています。シンガポールと香港は、世界銀行のビジネス環境ランキング(2015)でそれぞれ1位と3位になるなど、先進的なビジネスインフラや効率的な貿易制度などを背景に、急速に発展するアジア諸国の金融や貿易の拠点としての存在感を高めており、オフィスや物流施設といった不動産物件への需要が増加

2014年第3四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。 1.不動産会社や私募ファンドは買主としての存在感を徐々に増してきており、彼らを含む強気な買主に牽引され、売買市場は活発になりました。その反面、上がり過ぎた価格についていけないJ-REITsが見られました。その結果、

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

1/4ASIA Indicators~NZ の輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~定例経済指標レポート台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26))発表日 : 2014 年 9 月 26 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 3.94% +5.2% +3.9% 50.5 +0.9% +2.21% +7.03% 35.2 40.0 1.875%

日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月5日日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル 8月下旬以降、米ドルは円に対して上昇基調となり、足元では105円台となるなど、円安・米ドル高が進んでいます。その背景には、日米の景気動向を背景とした、金融政策の違いがあるとみられます。米国の2014年4-6月期のGDP成長率は前期比でプラス4.2%(年率)となり、個人消費や住宅投資などの回復傾向が示されました。また、7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が、6ヵ月連続で

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22)) ~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~

1/3ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22))~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~発表日:2014 年 8 月 22 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど8/18(月) (シンガポール)7 月非石油輸出(前年比)(タイ)4-6 月期実質 GDP(前年比)(香港)7 月失業

企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大

企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大・輸入物価は上昇基調へ・最終財価格は緩やかな上昇7月10日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2014年6月の

企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大

企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年6月)~原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・原油高を背景に2ヵ月連続で上昇幅拡大・輸入物価は上昇基調へ・最終財価格は緩やかな上昇7月10日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2014年6月の

2014年7月2日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年5月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年5月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年5月)2014年5月の首都圏中古マンション価格は、前月から横ばいの2,842万円で、直近では2月にかけて上昇基調で推移していたが、それ以降はやや弱含む展開となっています。都県別で見ると、東京都では+0.6%の3,805万円で前月に引き続き上昇したが、神奈川県(-0.1%、2,425万円)や埼玉県(-0.7%、1,832万円)、千葉県(-1.1%、1,830万円)では下

2014年6月5日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年4月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年4月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年4月)2014年4月の首都圏中古マンション価格は、東京都を除く全域で弱含んだ影響で前月比-0.7%の2,842万円と前月に引き続き下落しました。都県別で見ると、東京都では+0.2%の3,782万円と小幅ながら唯一上昇していたものの、神奈川県(-1.3%の2,427万円)や埼玉県(-0.6%、1,844万円)および千葉県(-0.5%、1,851万円)は下落しており、消費

2014年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数 (2014年4月) ~増税分を除くと基調は変わらず~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数 (2014年4月)~増税分を除くと基調は変わらず~発表日:2014年5月14日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 越前 智亜紀TEL:03-5221-4573(単位:%)国内企業物価201320141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月前期比0.20.50.10.40.10.00.30.30.20.10.00.30.1▲ 0.10.02.8前年比▲ 0.4▲ 0.1

中国経済:2014年3月の住宅価格~依然として上昇基調だが、温州市に加えて牡丹江市と金華市にも下値不安が浮上

中国経済:2014年3月の住宅価格~依然として上昇基調だが、温州市に加えて牡丹江市と金華市にも下値不安が浮上 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年3月の住宅価格~依然として上昇基調だが、温州市に加えて牡丹江市と金華市にも下値不安が浮上 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○4月18日、中国国家統計局は2014年3月の住宅

日米の株式市場の動向と見通し

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し2014年04月11日<ポイント> ・4月初め以降、日米の株価は雇用などの経済指標が改善傾向にあるにも関わらず、軟調な展開となっています。 ・今後の企業業績に不透明感があるなか、米ハイテク株が下落したことなどが、下落のきっかけと見られます。 ・株価は日米の景気や企業業績の回復期待などを背景に、緩やかな上昇基調に戻り

企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小

企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で11ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月ぶりに改善・最終財にまで物価上昇の裾野が広がる3月12日に日本銀行から発表された企業物価指

企業物価指数(2014年1月)~7ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に

企業物価指数(2014年1月)~7ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年1月)~7ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で10ヶ月連続の上昇・交易条件は3ヶ月連続で悪化・最終財は価格上昇基調を維持2月13日に日本銀行から発表された企業物価指数による

企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で9ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で悪化・最終財は価格上昇基調を維持1月16日に日本銀行から発表された企業物価指数によ

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再び上昇基調強める日本株~ボラティリティの高まりに警戒~

みずほインサイトマーケット2013 年 11 月 28 日再び上昇基調強める日本株市場調査部シニアエコノミストボラティリティの高まりに警戒03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 日本株はいわゆる「アベトレード」復活の様相を呈しながら再び上昇基調を強めている。日経平均は5月の調整後のレンジ相場を上抜け、一時年初来高値に迫る水準まで上昇した。○ 日本株上昇を主導しているのは、海外投資家の買いであり、背景には日本株に対する関心の高さや日本株投資を再

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年10月) ~引き続き上昇基調。前年比は+2.5%と高い伸びに~

企業物価指数(2013年10月) ~引き続き上昇基調。前年比は+2.5%と高い伸びに~

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年7月) ~2ヶ月連続の前月比プラス。今後も上昇基調は維持されよう~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数(2013年7月)発表日2013年8月12日(月)~2ヶ月連続の前月比プラス。今後も上昇基調は維持されよう~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524国内企業物価201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月前期比▲ 0.10.20.5▲ 0.2▲ 0.4▲ 0.6▲ 0.70.20.2▲ 0.1▲ 0.10.40.2

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年6月)の予測 ~一致指数、先行指数とも低下だが、上昇基調に変化なし~

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年7月31日(水)テーマ:景気動向指数(2013年6月)の予測~一致指数、先行指数とも低下だが、上昇基調に変化なし~第一生命経済研究所経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528内閣府から8月6日に公表される 2013 年6月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差▲1.1 ポイント(5月:+0.9 ポイント)を予想する。内訳では、鉱工業生産指数、生産財出荷指数、投資財出荷指数など、生産・出

2013年7月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年6月) ~上昇基調を維持~

企業物価指数(2013年6月) ~上昇基調を維持~

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で3ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で改善・消費財は前年比で7ヶ月連続の上昇7月10日に日本銀行から発表された企業物

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか ~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~発表日:2013年6月12日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界的なカネ余りや世界経済の回復期待を追い風に資金流入が続いてきたアジア新興国だが、国際金融市場の環境変化に伴い流出に直面している。自国通貨安誘導に始まった通貨安基調も、足下では投資家のリスク許容度低下

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で2ヶ月連続の上昇・交易条件は7ヶ月ぶりに改善・消費財は6ヶ月連続で上昇6月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年5月の国内企業

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

企業物価指数(2013年3月) ~円安進展を背景に上昇基調は続く見込み~

企業物価指数(2013年3月) ~円安進展を背景に上昇基調は続く見込み~

2013年3月14日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

企業物価指数(2013年2月) ~上昇基調は続く見込み

企業物価指数(2013年2月) ~上昇基調は続く見込み

2012年10~12月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2012年10~12月期の実質GDP(2次速報)は前期比+0.0%(年率+0.2%)と1次速報値の同-0.1%(同-0.4%)から小幅上方修正された。名目成長率も、同-0.3%(年率-1.3%)と、1次速報値のから若干上方修正された。GDPデフレーターは、前年同期比-0.7%となり、1次速報の同-0.6%からややマイナス幅が拡大した。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%から同+0.5%に若干上方修正され、住宅投資は同+3.5%から修正がなかった

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ