「上昇期待」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

日本株の最近の動向  日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】2014年09月19日米金利上昇期待から円安進行 ■日経平均株価は本日9月19日、安倍政権成立後の高値を更新しました。終値は1万6,321.17円と2013年の高値(12月30日)である1万6,291.31円を上回りました。■株価上昇の背景は、順調な米国景気の拡大で米国株の高値更新が続いているこ

2014年8月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

反動減にとどまらない消費増税の影響は、なぜ「想定外」だったのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 反動減にとどまらない消費増税の影響は、なぜ「想定外」だったのか 消費増税は、「代替効果」と「所得効果」の2つの効果を通じて消費に影響を与える。「代替効果」は消費増税前の駆け込み需要と、その反動である。駆け込み需要と反動は概ね同等になると考えられ、この意味では代替効果が「想定内」となるのも当然だ。他方で本質的に重要な意味を持つのは「所得効果」である。これは消費増税によって物価が上昇した分だけ、実質所得が

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

オールゼロ金利時代到来か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 オールゼロ金利時代到来か?長期金利動向に注目 11月7日、欧州中央銀行(ECB)は理事会で政策金利の引き下げ(0.5%→0.25%)を決定した。事前に利下げは市場では観測されておらず、サプライズだった、といえる。ドラギ総裁は記者会見で「金利はさらに下げることもできる。利用可能なすべての手段を講じる用意がある」と述べ、追加緩和の可能性にも言及した。ユーロ圏の10月消費者物価(速報値)は前年比+0.7%と

国内不動産市場の見通し~アベノミクスの後押しもあり期待利回り低下が進む見通し。出口タイミングの想定が重要に~

国内不動産市場の見通し ~アベノミクスの後押しもあり期待利回り低下が進む見通し。出口タイミングの想定が重要に~2013年07月18日 株式会社三井住友トラスト基礎研究所 株式会社三井住友トラスト基礎研究所は、国内主要都市の不動産市場の見通しを示した不動産マーケットリサーチレポート※の最新号(2013年4月時点調査)をとりまとめました。今回の改定で、アベノミクスの足元の影響と当面の良好な経済・投資環境の見通しを踏まえ、2015年頃までの不動産市場の見通しをやや上方修正しました。一方で、二度の消費増

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ