「上昇相場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界的な低金利と株高の持続性~グローバルに広がる金融緩和とバブルリスク~

みずほインサイトマーケット2015 年 3 月 9 日世界的な低金利と株高の持続性市場調査部主席エコノミストグローバルに広がる金融緩和とバブルリスク03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 原油価格の下落は、世界的なディスインフレ傾向を強め、理由は国によってまちまちであるが、先進国だけでなく新興国や資源国も含めて金融緩和を促す一因となっている○ 金融緩和の広がりはグローバルな金利低下を促し、特に量的緩和を行っている日欧の長期金利は低位での推移が

2015年3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場 【日本株】 当面堅調、徐々に上昇一服日経平均株価 2月末 18,797.94円 前月末比 6.36%【先月の回顧】 2月の国内株式市場は、月を通じて堅調に推移しました。上旬は、ギリシャとユーロ圏との対立が懸念されましたが、ウクライナ情 勢の停戦に向けた動きや、良好な米国1月雇用統計などが評価されました。中旬は、米国金利上昇で為替が円安となる中、対ユ ーロ圏交渉でのギリシャの妥協期待や、12月機械受注や1月貿易統計など国内経済指標

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 投資家心理の落ち着きを待って、後半反発へ日経平均株価1月末前月末比14,914.53円 -8.45%【先月の回顧】1月の株式市場は、中旬まで横ばい圏で推移しましたが、下旬に大きく下落しました。上中旬は、米国経済指標の強弱や、それを受けた米国金利動向、為替動向に一喜一憂する展開で、日々の株価はやや荒い値動きだったものの、全体的には横ばい圏で推移しました。下旬は、中国の経済指標下振れや、アルゼンチン・ペソの急落をきっかけに新

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ