「下方修正」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月8日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施2016年9月8日●2016年の世界の広告市場は前年比4.4%増(2016年3月前回予測では4.5%増)の5,482億ドル、2017年は4.0%増(同4.5%増)の5,704億ドルと予測 ●日本の広告市場

2016年5月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング3年で8回も約束を破った会社は? 藤尾 明彦2014年10月からニュース編集部。小売り業界を中心に、『週刊東洋経済』や「東洋経済オンライン」のニュース記事の執筆・編集を担当。『週刊東洋経済』、『株式ウイークリー』の編集を経験。健康オタクでランニングが趣味 業績の下方修正は株価下落に直結する。決算説明会での経営陣の表情は厳しい(撮影:梅谷秀司) 3月決算企業の本決算発表が4月下旬から本格化する。上場企業は、経常利益や純利益の前期実績、あるいは直前に公表

2015年9月24日電通★★フィードバック数:0エンタテインメント

世界の広告費成長率予測の定期改定

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施2015年9月24日電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施●2015年の世界の広告市場は前年比4.0%増の5,290億ドルを予測(前回予測は4.6%増の5,400億ドル)。2016

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし

【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし | ニッセイ基礎研究所 【6月米FOMC】成長率見通しの下方修正も、年内利上げ開始方針に変更なし 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月16-17日(現地時間)に開催された。予想通り金融政策の変更はなし。声明文では、前回

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2015・16年度 内外経済見通し~米国を下方修正するも、4~6月期以降回復の見方は不変~(2015年1~3月期GDP2次速報後改訂)

[内外経済見通し]2015・16年度 内外経済見通し~米国を下方修正するも、4~6月期以降回復の見方は不変~(2015年1~3月期GDP2次速報後改訂)

2015年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月8日公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%から+0.7%に上方修正される見込みである(年率換算値では+2.4%から+2.7%)。修正幅は小さいが、修正の中身によって、景気の見方が前向きに変化する可能性がある。需要項目別の内訳をみると、1~3月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.4%から同+2.1%に大きく上方修正される一方、在庫投資の寄与度が同+0.5%から同+0.3%に下方修正される見込みである。また

2015年6月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2015年4月) ~5月分では、基調判断が「足踏み」に下方修正される可能性あり~

景気動向指数(2015年4月) ~5月分では、基調判断が「足踏み」に下方修正される可能性あり~

2015年5月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

見通し改訂、下方修正ながら4~6月からは回復感も

リサーチ TODAY2015 年 5 月 22 日見通し改訂、下方修正ながら4~6月からは回復感も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。2015年の基本シナリオは、新興国の減速が続く中、先進国中心の回復となり、なかでも米国一国に期待が集中する米国機関車論を考えていた。また、日本も「トリプルメリット」で2015年にかけ見通しが予想以上に改善しやすいとした。年初からの動きを総括すれば、新興国は予想通り減速したが、米国が期待外

2015年5月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年日本経済見通し ~15年度の成長率見通しを下方修正も、景気回復基調は持続~

2015・2016年日本経済見通し ~15年度の成長率見通しを下方修正も、景気回復基調は持続~

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了 ~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性~

2015年4月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2015年2月) ~基調判断が3月分で「足踏み」に下方修正される可能性も~

景気動向指数(2015年2月) ~基調判断が3月分で「足踏み」に下方修正される可能性も~

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~14年度:▲1.0%、15年度:1.9%、16年度:2.0%~

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~14 年 度 :▲1.0%、15 年 度 :1.9%、16 年 度 :2.0%~調査第二部3 月 9 日に発表された 2014 年 10~12景気の現状月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)などを踏まえ、当総研は 2 月 19 日に公表した15 年 1 月分の主要経済指標を眺めてみ「2014~16 年度経済見通し」の見直し作ると、輸出は堅調であるが、国内景気の業を行った。持ち直しテンポ

2015年3月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月10日、2014/15年度(10月〜翌9月)第6回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を発表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15年度の主要穀物の作付面積は、5739万ヘクタール(前年度比0.6%増)と見込まれている。このうち、大豆は、3133万4900ヘクタール(同3.9%増)と増加が予測さ

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けた環境作りが進む

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けた環境作りが進む政策金利の見通しは下方修正 2015年3月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年3月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を削除し、6月以降の利上げ開始の環境を整えた。利上げは経済情勢次第ということになる。◆声明文における

2015年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 「辛抱強く」削除で利上げ準備も利上げ開始は経済指標次第 ~FOMC参加者の政策金利予測は大幅に下方修正~

米国 「辛抱強く」削除で利上げ準備も利上げ開始は経済指標次第 ~FOMC参加者の政策金利予測は大幅に下方修正~

2015年3月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アジアも「利下げ競争」の様相に(Asia Weekly (3/8~3/13)) ~景気見通しの下方修正、インフレ圧力の後退を理由に利下げドミノへ~

アジアも「利下げ競争」の様相に(Asia Weekly (3/8~3/13)) ~景気見通しの下方修正、インフレ圧力の後退を理由に利下げドミノへ~

2014年10~12月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.4%(年率+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。名目成長率も、同+1.1%(年率+4.5)から同+1.0%(年率+3.9%)に下方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+2.3%から同+2.4%に若干上方修正された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.3%から+0.5%に上方修正され、住宅投資は同-1.2%のまま据え置かれた。設備投資は、1

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~14 年 度 :▲1.0%、15 年 度 :1.9%、16 年 度 :2.0%~調査第二部3 月 9 日に発表された 2014 年 10~12月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)などを景気の現状踏まえ、当総研は 2 月 19 日に公表した15 年 1 月分の主要経済指標を眺めてみ「2014~16 年度経済見通し」の見直し作ると、輸出は堅調であるが、国内景気の業を行った。持ち直しテンポ

2015/2016年度経済見通し(2015年3月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年3月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年03月10日○9日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は、前期比+0.4%(年率換算+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。在庫投資の寄与度が+0.2%から-0.2%に大きく下方修正されたことが主因である。設備投資も下方修正され、3四半期連続で前期比マイナスとなった。景気はす

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲1.0%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実

2015年3月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~(2014年10~12月期GDP2次速報後改訂)

2014年10-12月期GDP2次速報後改 訂2014・15・16年度 内外経済見通し~ 世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大 ~2015.3.9Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.日本経済 ~ 「トリプルメリット」の追い風、景気は拡大へ○ 2014年10~12月期の実質経済成長率は2次速報で下方修正されたが、在庫投資が大幅に下方修正される一方、個人消費が上方修正されており、中身としては悪くない結

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期GDP二次速報設備、在庫の下振れでコンセンサスを下回る 2015年3月9日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.5%(前期比+0.4%)と、一次速報(前期比年率+2.2%、前期比+0.6%)から下方修正された。一次速報からはほぼ修正されないと見込んでいた市場コンセンサス(前期比年

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

2015年2月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第5回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は2月12 日、2014/15 年度(10 月〜翌9月)第5回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を発表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15 年度の主要穀物の作付面積は、5739 万ヘクタール(前年度比0.6%増)と見込まれている。このうち、大豆は、3150 万6800 ヘクタール(同4.4%増)

米国経済(週次)予測(2015年2月6日)<心配ない支出サイドの実質GDPの大幅な下方修正>

米国経済(週次)予測(2015年2月6日)<心配ない支出サイドの実質GDPの大幅な下方修正>2015-02-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月21日IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速 IMF(国際通貨基金)は1月20日に最新の世界経済見通しを発表し、多くの国・地域での成長見通し悪化が、足元の原油価格下落による成長押し上げ効果を打ち消すとして、2015年の世界の成長率予測を3.5%に下方修正しました。2016年の世界の成長率予測についても3.7%と下方修正したものの、世界経済の成長は加速していく見通しとなっています。先進国の

No.30 【日銀が物価見通しを下方修正】

No.30 【日銀が物価見通しを下方修正】

展望レポート中間評価、物価見通し下方修正へ-年前半は追加緩和の思惑が高まる。春闘、審議委員の人選に注目

展望レポート中間評価、物価見通し下方修正へ-年前半は追加緩和の思惑が高まる。春闘、審議委員の人選に注目 | ニッセイ基礎研究所 展望レポート中間評価、物価見通し下方修正へ-年前半は追加緩和の思惑が高まる。春闘、審議委員の人選に注目 経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 20日から日銀決定会合が開催される。金融政策の

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・在庫指数が3ヵ月ぶりの上昇・3四半期ぶりの増産だが、力強い回復は期待できず経済産業省が12月26日に公表した鉱工業指数によると、14年11月の鉱工業生産指数は前月比▲0.6%と3ヵ月ぶ

14~16年度 改訂経済見通し(14年12月)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(14 年 12 月)2014 年 12 月 9 日実質成長率は 14 年度▲0.3%、15 年度 1.8%、16 年度 1.9%の予想7-9 月期の実質成長率は2 次速報で下方修正内閣府は 12 月 8 日、2014 年 7-9 月期の国内総生産(GDP)統計・2 次速報を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比▲0.5%、同年率▲1.9%に下方修正した(1 次速報では前期比▲0.4%、同年率▲1.6%)。内訳を見ると、設備投資の前期

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7-9月期GDP二次速報コンセンサスを裏切る下方修正 2014年12月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7-9月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率▲1.9%(前期比▲0.5%)と、一次速報(前期比年率▲1.6%、前期比▲0.4%)から下方修正された。当社を除く大方の予測機関は二次速報での上方修正を見込んでおり(市場コンセンサス:前期比年

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の下方修正。先行きは回復へ~

Economic Indicators定例経済指標レポート2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値)発表日:2014年12月8日(月)~予想外の下方修正。先行きは回復へ~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 前期比年率▲1.9%と、予想外の下方修正本日内閣府から公表された 2014 年7-9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率▲1.9%(前期比▲0.5%)と、1次速報の前期比年率▲1.6%から若干下方修正された。事前の市

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.6%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDP(2

2014年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日本経済見通し ~14年度見通しを大幅下方修正。09年度以来のマイナス成長に~

2014~2016年度日本経済見通し ~14年度見通しを大幅下方修正。09年度以来のマイナス成長に~

2014年11月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年9月) ~基調判断が「悪化」へ下方修正される可能性は低下~

景気動向指数(2014年9月) ~基調判断が「悪化」へ下方修正される可能性は低下~

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年9月)の予測 ~基調判断が「悪化」へ下方修正される可能性は低下~

景気動向指数(2014年9月)の予測 ~基調判断が「悪化」へ下方修正される可能性は低下~

IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月8日IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速 IMF(国際通貨基金)は10月7日に最新の世界経済見通しを発表し、先進国において過剰債務などの世界金融危機の影響がいまだ継続していることや、一部の新興国において潜在成長率が低下していることを受けて、2014年の世界の成長率予測を3.3%に下方修正しました。2015年の世界の成長率予測についても下方修正したものの、3.8%に加速していくとし

2014年10月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年8月) ~基調判断は「下方への局面変化」に下方修正。14年1月をピークに景気後退局面入りしている公算大~

景気動向指数(2014年8月) ~基調判断は「下方への局面変化」に下方修正。14年1月をピークに景気後退局面入りしている公算大~

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1)

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) | ニッセイ基礎研究所 中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら まもなく2015年3月期の中間決算が発表のピークを迎える。過去10年を振り返ると

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度0.2%(下方修正)、15年度1.0%(変更なし)~

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度0.2%(下方修正)、15年度1.0%(変更なし)~

2014年9月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年8月)の予測 ~基調判断は「下方への局面変化」に下方修正へ。景気後退を示唆~

景気動向指数(2014年8月)の予測 ~基調判断は「下方への局面変化」に下方修正へ。景気後退を示唆~

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

在庫に振られるGDP ~4-6月期GDPは前期比年率▲7%台後半に下方修正か?!~

在庫に振られるGDP ~4-6月期GDPは前期比年率▲7%台後半に下方修正か?!~

2014~15年度改訂経済見通し(2 次QE 後の改訂)

情勢判断国内経済金融2014~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~2014 年 度 0.2%(下 方 修 正 )、15 年 度 1.0%(変 更 なし)~調査第二部改訂された。9 月 8 日に発表された 4~6 月期の GDP第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、当総研景気の現状は 8 月 18 日に公表した「2014~15 年度消費税増税後に発表された経済指標に改訂経済見通し」の見直し作業を行った。よれば、物価や雇用関連などは比較的底4~6 月期はやや下

2014年4~6月期のGDP(2次速報)予測

9月8日公表予定の2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値と同じ前期比-1.7%となる見込みである(ただし、年率換算値では-6.8%から-6.6%に若干上方修正される見込み)。このため、消費税率引き上げによって、家計部門を中心として景気が大きく落ち込んでいることを再確認する結果にとどまるであろう。需要項目別の内訳をみると、4~6月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比-2.5%から同-3.8%に下方修正される一方で、在庫投資は同じく法人企業統計の結

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲8.3%と、1次速報からさらなる下方修正を予想~

2014年4-6月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲8.3%と、1次速報からさらなる下方修正を予想~

2014年8月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度日本経済見通し ~成長率見通しを下方修正も、先行きの回復シナリオは維持~

2014・2015年度日本経済見通し ~成長率見通しを下方修正も、先行きの回復シナリオは維持~

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期の米国GDPは大幅下方修正

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1-3月期の米国GDPは大幅下方修正サービス消費の再推計が主因 ◆2014年1-3月期GDPの3次推計値が公表され、前期比年率2.9%減と2次推計値(同1.0%減)から大幅に下方修正された。◆下方修正の主因は、新たなデータを利用して推計を行ったサービス消費のうち、特に医療支出に関わる部分の修正であった。2次推計値まではオバマケアの効果を正確に捉えられなかったとみられる。◆2014年の発射台である1-3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ