調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 不動産市場

「不動産市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

底入れ時期を探る米国リート市場

底入れ時期を探る米国リート市場2015年6月19日<市場動向〜将来の利上げに対する警戒や長期国債利回りの上昇を嫌気>米国リート市場は、2015年1月に過去最高値を更新した後は、米国の景気回復の持続を受けた利上げ局面への転換が近いとの見方などを背景に長期国債利回りが上昇したことから、軟調な展開が続いています。リートは利回り資産として債券的な性格も有していることから利上げ開始時期をめぐる市場の思惑に左右される状態が続いています。例えば、「堅調な経済指標→早期利上げ観測の強まり→長期国債利回りの上昇(

2015年6月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

調整局面を脱する中国不動産市場~ただし回復のペースは緩慢となる見込み~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

事業環境や資金調達環境の改善が期待される中国不動産企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月30日事業環境や資金調達環境の改善が期待される中国不動産企業 中国では、不動産市場が低迷するなか、不動産企業の事業環境や資金繰りの悪化が懸念されてきましたが、足元の不動産市場では、大都市を中心に持ち直しの兆しが見え始めています。中国国家統計局が発表した3月の主要70都市の新築住宅価格をみると、前年同月比で、中小都市や内陸部では下落が続いていますが、北京や天津などの大都市では上昇しました。上昇した都市の数は、2月の2都市から大

2015年4月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

最近の不動産市場について~過熱感がやや強まるも、冷静・選別的視点は維持~

最近の不動産市場について~過熱感がやや強まるも、冷静・選別的視点は維持~

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

2014年12月21日富国生命保険フィードバック数:0大型消費/投資海外

シンガポールの不動産市場の動向

シンガポールの不動産市場の動向

2014年12月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

香港・シンガポール不動産市場動向~米国利上げ後の展開を予想する~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

税制と住宅市場についてのレポートです。

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~ | ニッセイ基礎研究所 消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―1997年増税前後の住宅市場(1) 住宅着

2014年第3四半期 東京リテール不動産市場レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1. 全国百貨店売上高(8月)は、5カ月連続でマイナスとなりましたが、訪日外国人売上は47億円と、8月としては過去最高を記録し、大都市圏の店舗の売

不動産市場の調整等で景気減速感が強まる中国経済

不動産市場の調整等で景気減速感が強まる中国経済

2014年8月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

長期化する中国不動産市場の調整

長期化する中国不動産市場の調整

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国不動産市場、短期調整?それとも長期化?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国不動産市場、短期調整?それとも長期化?現地取材を中心に ◆2014年7月の新築住宅価格は前年同月比2.5%上昇と、2013年12月の同9.9%上昇をピークに鈍化傾向にある。販売面積や販売金額は、住宅価格に3ヵ月~9ヵ月程度先行する傾向があり、今後、住宅価格はさらに調整し、前年比で下落に転ずる可能性は極めて高くなっている。◆今後の調整が従来のように短期で終了するのか、長期化するのかについては、現地専

不動産市場の回復と堅調なグローバルリート市場

不動産市場の回復と堅調なグローバルリート市場2014年7月31日<市場動向>グローバルリート市場は、堅調な推移が続いています。 背景としては、米国をはじめとして世界的に景気が上向いており、不動産市場を取り巻く環境が大きく好転し ていることが挙げられます。また、FRB(米国連邦準備制度理事会)が米国の量的金融緩和の縮小が完了した 後も「相当な期間」低金利を維持する方針を再三にわたって示していることからFRBの金融政策に対する安心 感が広まり、米国債が買われて長期国債利回りが低下し、欧州やアジア・オ

2014年第2四半期 東京リテール不動産市場レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q 2014」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。 1.東京都内主要商業地の店舗賃貸マーケットは引き続き堅調に推移しています。2.リテーラーのテナント出店意欲は引き続き旺盛ですが、好調な販売状況に支

2014年7月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済‐不動産市場の動向と今後の展望について

中国経済‐不動産市場の動向と今後の展望について

2014年7月8日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

マクロ経済モデルを用いた不動産市場とマクロ経済に関する計量分析業務報告書

マクロ経済モデルを用いた不動産市場とマクロ経済に関する計量分析業務報告書

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

2014年6月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 金融研究部 不動産運用調査室長 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配

『J-REIT』相場環境~回復基調に入った不動産市場~

『J-REIT』相場環境~回復基調に入った不動産市場~

2013年第4四半期リテール・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2013年第4四半期(10月1日~12月31日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q4 2013」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1.10月の全国百貨店売上高と既存ショッピングセンター販売高はともに前年同月比減少した(それぞれ▲0.6%、▲2.6%)が、これは天候不順によ

順境のJ-REIT市場に死角はないか?

順境のJ-REIT市場に死角はないか? | ニッセイ基礎研究所 順境のJ-REIT市場に死角はないか? 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年4月以降、アベノミクスへの期待感がやや息切れし、その新鮮味が薄まるにつれて調整局面に入ったJ-REIT(不動産投資信託)市場は、9月7日の2020年東京オリピック開催決定を機に再び上昇に転

景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果

景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 不動産分野の実務家・専門家に対する市況アンケート(第10回)に

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融政策と不動産市場 ~世界を巡る多額の投資資金の運用は誰が担うのか~

金融政策と不動産市場 ~世界を巡る多額の投資資金の運用は誰が担うのか~ | ニッセイ基礎研究所 金融政策と不動産市場 ~世界を巡る多額の投資資金の運用は誰が担うのか~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―日米バブル崩壊の規模と影響3―欧州のバブル崩壊とその後4―新興国における住宅価格の上昇5―むすびにかえ

アベノミクスと不動産市場

アベノミクスと不動産市場

長期的な経済成長期待から注目されるベトナム不動産市場

長期的な経済成長期待から注目されるベトナム不動産市場 | ニッセイ基礎研究所 長期的な経済成長期待から注目されるベトナム不動産市場 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ベトナムは、国民の平均年齢が低く、国土や人口の規模に対する経済規模が小さいなど、長期的に経済成長の余地が大きい。しかし、リーマンショック以降、アジア各国が早期の高成長

2013年4月2日野村総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

転換点を迎えた中国の不動産市場─不動産投機抑制策がもたらした変貌─

転換点を迎えた中国の不動産市場─不動産投機抑制策がもたらした変貌─

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ | ニッセイ基礎研究所 米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―米国住宅市場の最新動向1│家計のバランスシートと債務負担の改善2│回復する住宅市場3│課題が残る住宅ローン市場3―米国の住宅投資の

少子高齢化時代の不動産ビジネス・フロンティア

少子高齢化時代の不動産ビジネス・フロンティア | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 少子高齢化時代の不動産ビジネス・フロンティア少子高齢化時代の不動産ビジネス・フロンティア 松村 徹金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに1――

仙台オフィス市場の現況と見通し(2012年度版)

仙台オフィス市場の現況と見通し(2012年度版) | ニッセイ基礎研究所 仙台オフィス市場の現況と見通し(2012年度版) 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに1― 仙台オフィス市場の需給状況2― 仙台の空室率・賃料および空室・賃貸面積の推移3― 仙台の規模別空室率4― 仙台の地区別空室・賃貸状況5― 仙台の新築・

2012年6月18日国土交通省★フィードバック数:10社会/政治

国土交通省による白書です。震災もテーマになっています。

「平成23年度土地に関する動向」及び「平成24年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成23年度土地に関する動向」及び「平成24年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成24年6月15日 平成24年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成23年度土地に関する動向」と「平成24年度土地に

2012年4月13日内閣府フィードバック数:3大型消費/投資

中国の住宅価格の地域別実態と国際比較-中国不動産市場は過熱しているのか?-

12/4/6 10 時 17 分1.はじめに中国の過熱する不動産市場の動向は、中国国内のみならず、世界中から注目を浴び、メディア等で、様々に誇張された楽観論・悲観論が飛び交っている。調和社会建設や国民生活の向上を標榜する現政権にとって、国民の住宅問題の解決は非常に重要な課題である。また、中国は投資主導で経済成長を続けているが 1、その中でも不動産開発投資は固定資産投資の約2割を占めていることから、不動産開発は中国の経済成長をけん引するエンジンの一つといえる。さらに、多くの地方政府の財政収入は、国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ