調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 不動産投資市場

「不動産投資市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

Winning in Growth Cities 2014/2015

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は世界の都市別不動産投資に関する年次レポートWinning in Growth Citiesを公表しました。同レポートは2014年6月末までの1年間について以下のとおり報告しています。 (文中、増減率はすべて前年同期(2012年7月1日から2013年6月末まで)との比較です。)1.ニューヨークは、4年連続で世界最大の不動産投資市場の座を維持しました。年間投資額は12.6%増加し554億米ドルでした。2. 2位

2014年第2四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q2 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。 1.今年上半期のオフィス売買取引量は、前年比20%増加し1兆円を超えました。依然として積極的な買い手である既存J-REITと並び、日本リートやインベスコオフィスリート等の新規銘柄も売買市場を牽引しました。2.オフィ

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通し

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通しリーマンショック後から減少を続けてきた不動産取引件数は2012年に入り、回復に転じている。安倍政権の政策により投資資金の流入が加速しているものの、賃貸市場の回復は緩やかな状況にとどまっている。政策主導の不動産市場の回復に対する疑心暗鬼とリーマンショックの記憶が残る状況下で、不動産投資市場の見通しを立てることは極めて難しくなってきていると言える。不動産投資市場の見通しが必要とされる中で、不動産取引は頻繁には行われず、かつ相対で取引されるケースが多いため

世界の都市別不動産投資に関する年次レポート Winning in Growth Cities

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は世界の都市別不動産投資に関する年次レポートWinning in Growth Citiesを公表しました。同レポートは2013年6月末までの1年間について以下のとおり報告しています。1. ニューヨークは、3年連続で世界最大の不動産投資市場の座を維持した。年間投資額は前年同期比39%増の492億米ドルに達した。 2. ロンドンは6%増の323億米ドルで2位。 3. 東京は昨年の3位から4位に下がった。ロサンゼ

2013年6月14日野村総合研究所★フィードバック数:3社会/政治

不動産投資についてのレポートです。

日本の不動産投資市場2013

日本の不動産投資市場2013

2013年6月14日野村総合研究所★フィードバック数:1社会/政治海外

不動産投資についてのレポートです。

アジアの不動産投資市場2013

アジアの不動産投資市場2013

J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~

J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~ | ニッセイ基礎研究所 J-REIT市場 3本の柱~「資産運用」「不動産投資市場」「都市ストック」のアンカー役としての責任~ 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 経済再生を目指して「大胆な金融緩和」「機動的な財政政策」「民間投資を

2012年5月22日国土交通省★フィードバック数:4大型消費/投資

不動産会社、金融会社を対象とした調査です。

不動産投資市場の活性化に関するアンケート調査

不動産投資市場の活性化に関するアンケート調査について 平成24年5月21日 国土交通省では、不動産投資市場の活性化に向けて、建築物の耐震化など都市機能の向上に民間資金の導入を促進するための取組み(※)等を進めているところです。今般、不動産会社、金融機関等に対し、不動産の開発・再生に対する取組意向等についてアンケート調査を実施したところであり、その結果を公表いたします。(※)倒産隔離型の不動産特定共同事業を可能とするべく、一定の要件を満たす特別目的会社による不動産特定共同事業の実施等の措置を講じ

2011年11月28日日本不動産研究所フィードバック数:0大型消費/投資

第25回不動産投資家調査(国内及び海外)

第25回不動産投資家調査(国内及び海外)の結果(2011/10/1時点) -東日本大震災の影響、環境不動産に対する投資について-を公表 第25回不動産投資家調査では、継続して実施している投資用不動産の利回りの動向のほか、特別アンケートとして「東日本大震災の影響について」、「環境不動産に対する投資について」を実施しました。 今回調査において、不動産投資家の今後1年間の投資に対するスタンスは、新規投資を積極的に行うが79%と高い水準を維持し、依然として新規投資に積極的なスタンスであることが読み取れた

不動産市況アンケート

市況にやや明るい兆しも見えた不動産投資市場 -第6回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 市況にやや明るい兆しも見えた不動産投資市場 -第6回不動産市況アンケート結果 安田 拓真ニッセイ基礎研究所では、2009年10月5日から16日にかけて、不動産分野の実務家・専門家に対して、毎年恒例の不動産投資市況に関するアンケートを行った。これは、不動産・建設、金融・保険、仲介、不動産管理、不動産ファンド運用、格付、投資顧問・コンサルタントなどの業務に携わる200名を対象に、電子メールにて実施

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ