「不動産業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)について 平成29年2月28日民間工事は、不動産業、卸売業,小売業、製造業等が増加したため、対前年同月比18.6%増加し、 4ヶ月連続で増加した。 総計は、同1.1%増加し、2ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをク

2016年12月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査 公開日付:2016.12.06 暴力団への利益供与を禁じた「暴力団排除条例」(以下、暴排条例)が全都道府県で施行されて、10月で丸5年を迎えた。暴排条例は暴力団の資金源を断つことが目的で、暴力団の資金獲得への寄与は社会的に許されない。企業は、暴力団など反社会的勢力からの不当要求を排除し、一切の関係遮断を求められている。違反すると場合により社名公表を含むペナルティーを科せられ、信用失墜が避けられず経営への大きなリスクになる。こうした動き

2016年12月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)について 平成28年11月30日民間工事は、サービス業、卸売業,小売業、不動産業等が増加したため、対前年同月比24.4%増加し、 先月の減少から再び増加した。 総計は、同15.2%増加し、3ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reade

2016年8月8日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年6月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年6月分)について 平成28年7月29日民間工事は、製造業、運輸業,郵便業、不動産業等が増加したため、対前年同月比1.9%増加し、2ヶ月連続で増加した。総計は、同2.4%減少し、先月の増加から再び減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左

2016年6月6日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2015年「合同会社」の新設法人調査

公開日付:2016.06.02 2015年(1‐12月)に設立された「合同会社」は2万2,053社で、調査以来、初めて2万社を超えた。2015年に全国で新たに設立された法人(以下、新設法人)は、12万4,996社(前年比4.5%増)だった。このうち、合同会社が新設法人数に占める割合は17.6%(2014年16.5%)で、前年を1.1ポイント上回り、過去最高を更新した。新設法人のうち、「株式会社」は全体の約7割(71.8%)を占めるが、合同会社も2011年(8,990社)と比べ約2.5倍と急増し、

2016年5月11日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年度計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年度計)について 平成28年4月28日 民間工事は、不動産業、製造業、運輸業,郵便業等が増加したため、前年度 比7.9%増加し、5年連続で増加した。総計は、前年度比0.9%減少し、5年ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要で

2016年3月2日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年1月分)について 平成28年2月29日 民間工事は、製造業、不動産業、サービス業等が減少したため、対前年同月比23.1%減少し、先月の増加から再び減少した。総計は、同13.8%減少し、3ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です

2016年2月3日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成27年計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成27年計)について 平成28年1月29日 民間工事は、サービス業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年比19.4%増加し、昨年の減少から再び増加した。総計は、前年比1.4%増加し、6年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Read

2016年1月27日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

2016年全国社長分析

2016/1/262016年全国社長分析高齢化止まらず過去最高の59.2歳〜 90年以降で5歳進む 〜はじめに内閣府の発表した『2015年版高齢社会白書』によると、65歳以上の高齢者の数は過去最高の3300万人に達し、総人口の26.0%を占めており、日本社会の高齢化の進展がいかに急激に進んでいるのか分かる結果となった。企業の経営者も例外ではなく、平均年齢が年々上昇を続ける中で、60代の経営者の半数以上が後継者不在になっている状況も判明しており(帝国データバンク『後継者問題に関する企業の実態調査』

2015年12月16日HANJO HANJOフィードバック数:0社会/政治

【マイナンバーアンケート調査1】業種別マイナンバーへの対応状況

2015年11月、HANJO HANJOは全国約800の企業に「マイナンバー制度への対応状況」に関するアンケートを実施した。その結果について「マイナンバーアンケート調査」として2回に分けて紹介する。第1回の記事は、集計データを元に明らかになった各業種ごとの対応状況だ。■業種別に差が出ているマイナンバーへの対応、情報通信業と不動産業は遅れぎみマイナンバーへの対応状況に対する質問には、全体の3割がすでに対応済みで、6割が現在対応中と回答。さらに8割弱の企業が対応予定と答えていた。このなかでもっとも対

2015年11月5日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年9月分)について 平成27年10月30日 民間工事は、不動産業、運輸業,郵便業、サービス業等が増加したため、対前年同月比13.4%増加し、11ヶ月連続増加した。総計は、同6.7%増加し、3ヶ月ぶりに増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

2015年9月4日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2014年「合同会社」の新設法人調査

公開日付:2015.09.03 2014年(1-12月)の1年間に新しく設立された法人(以下、新設法人)は11万9,552社。このうち、合同会社は1万9,879社と、新設法人に占める割合は16.6%だった。2013年に比べて新設法人数は5,343社(36.8%)増加し、2010年と比べてここ5年で約3倍になっている。合同会社は2006年5月1日に施行された会社法により、新しく設けられた会社形態。アメリカのLLC(Limited Liability Company)がモデルになっている。設立手続き

2015年6月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年4月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年4月分)について 平成27年5月29日 民間工事は、サービス業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年同月比33.6%増加し、6ヶ月連続増加した。総計は、同12.1%減少し、7ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要で

2015年5月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年4月分不動産業業況等調査

平成27年4月分不動産業業況等調査

2015年5月1日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年度のまとめです。

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年度計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年度計)について 平成27年4月30日 民間工事は、不動産業、製造業、運輸業,郵便業等が増加したため、前年度 比4.8%増加し、4年連続で増加した。総計は、前年度比8.2%増加し、4年連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必

2015年3月28日信金中央金庫フィードバック数:0企業情報システム

IT利活用が中小企業にもたらすものは(4) ~中小建設・不動産業のIT利活用~

IT利活用が中小企業にもたらすものは(4) ~中小建設・不動産業のIT利活用~

2015年3月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年1月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年1月分)について 平成27年2月27日 民間工事は、不動産業、サービス業、製造業等が増加したため、対前年同月比43.6%増加し、3ヶ月連続増加した。総計は、同27.5%増加し、4ヶ月連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です

2014年12月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年11月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年11月分)について 平成26年12月25日 民間工事は、不動産業、金融業,保険業、製造業等が増加したため、対前年同月比32.0%増加し、4ヶ月ぶりに増加した。総計は、同16.9%増加し、2ヶ月連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省国土交通省国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acro

2014年11月23日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年10月分不動産業業況等調査

平成26年10月分不動産業業況等調査

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年11月号

㹁 㹍 㹌 㹒 㹃 㹌 㹒 㹑ࠗ௒ ᭶ ࡢ୙ ື⏘ ⤒ ῭࠘㸦ࢹ࣮ࢱ㞟㸧ᴫほyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy㸯㸿㸬୙ ື ⏘ ྲྀ ᘬ 㸯㸬᪂⠏࣐ࣥࢩࣙࣥศㆡᕷሙ㸦㤳㒔ᅪ࣭㏆␥ᅪ㸧yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy㸱A1㸰㸬୰࣐ྂࣥࢩࣙࣥὶ㏻ᕷሙ㸦㤳㒔ᅪ࣭㏆␥ᅪ㸧yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy㸵A2㸱㸬୰ྂᡞᘓఫ

2014年8月29日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年9月号

C O N T E N T S『今 月 の 不 動 産 経 済』(データ集)概 観·········································································· 1A.不 動 産 取 引1.新築マンション分譲市場(首都圏・近畿圏) ·································· 3A12.中古マンション流通市場(首都圏・近畿圏) ·································· 7A2

2014年8月20日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年7月分不動産業業況等調査

平成26年7月分不動産業業況等調査

2014年7月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年5月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年5月分)について 平成26年6月30日 民間工事は、サービス業、不動産業、電気・ガス・熱供給・水道業等が減少したため、対前年同月比6.0%減少し、2ヶ月ぶりに減少した。総計は、同13.7%増加し、2ヶ月連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係 TEL:03-5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Rea

2014年5月25日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年4月分不動産業業況等調査

平成26年4月分不動産業業況等調査

2014年4月30日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年3月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成26年3月分)について 平成26年4月30日 民間工事は、電気・ガス・熱供給・水道業、運輸業,郵便業が増加したがサービス業、不動産業、製造業等が減少したため、対前年同月比27.4%減少し、2ヶ月連続で減少した。総計は、前年同月比8.8%減少し、12ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室 統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルを

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度(平成25年度)[2013.4-2014.3] 全国企業倒産状況

2013年度(平成25年度)の全国企業倒産1万536件件数が1万536件 年度としては23年ぶりに1万1,000件を下回る 2013年度(2013年4月~2014年3月)全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は、1万536件、負債総額は2兆7,749億9,200万円だった。は、前年度比10.0%減(1,183件減)。年度としては5年連続の減少で、1990年度(7,157件)以来、23年ぶりに1万1,000件を下回る低水準になった。要因としては、「中小企業金融円滑化法」の期限切れに伴い実施さ

2014年2月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年1月分不動産業業況等調査

平成26年1月分不動産業業況等調査

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年11月の全国企業倒産 862件 13カ月連続減少

倒産件数11月度では20年間で最少の862件、連続減少は13カ月連続で過去6番目 2013年(平成25年)11月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が862件、負債総額は1,378億8,400万円だった。 前年同月比10.5%減で、11月度としては1990年(633件)以来の低水準。また、前年同月比の減少期間は13カ月連続に延び、過去6番目の長さになった(過去最長は1985年1月-90年9月の69カ月連続減少、過去5番目は1977年12月-79年4月の17カ月連続減少)。企業倒産

2013年11月20日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年10月分不動産業業況等調査

平成25年10月分不動産業業況等調査

2013年11月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年9月分)について 平成25年10月31日民間工事は、サービス業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年同月比127.1%増加し、6ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比89.8%増加し、6ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のア

2013年9月27日JETROフィードバック数:0大型消費/投資海外

フィリピンにおける生活関連サービス産業および不動産業の現状について

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 フィリピンにおける生

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産業業況等調査のとらえ方-20年の蓄積データを振り返る-

土地総合研究 2013 年夏号67研究ノート研究ノート不動産業業況等調査のとらえ方-20 年の蓄積データを振り返る-*不動産業業況等調査のとらえ方-20 年の蓄積データを振り返る-*大越 利之1.はじめに大越 利之化し公表している 。具体的なアンケートの内容は、一般財団法人土地総合研究所では、不動産市場1.はじめににおける供給者および需要者、ならびに不動産流一般財団法人土地総合研究所では、不動産市場通業者の動向を迅速かつ的確に把握することを目「現在(平成○年○月 1 日)の経営の状況はいか2。具

2013年5月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年度計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年度計)について 平成25年4月30日民間工事は,不動産業等が増加したため、前年度比2.6%増加し,2年連続で増加した。 総計は,前年度比2.4%増加し,2年連続で増加した。 平成24年4月30日公表の「建設工事受注動態統計調査報告」(大手50社調査 平成24年度計)の公表資料(記者発表資料)の記載に誤りがありましたため、訂正いたしました。[訂正内容]「記者発表資料」の「1.受注総額」訂正前:「~建設工事受注総額は、11兆477億円で前年度比~」

中国経済見通し:早くも利上げが視野に入った中国経済の行方

中国経済見通し:早くも利上げが視野に入った中国経済の行方 | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し:早くも利上げが視野に入った中国経済の行方 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では、昨年の経済成長率が前年比7.8%増と13年ぶりに8%を下回った。内訳を見ると、最終消費の寄与率が投資を2年連続で上回るなど需要構造に変化の兆しが

2013年2月1日国土交通省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成24年計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成24年計)について 平成25年1月31日民間工事は、不動産業、電気・ガス・熱供給・水道業等が増加したため、前年比1.0%増加し、3年連続増加した。 総計は、前年比3.2%増加し、3年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdob

2012年11月27日マイナビ★フィードバック数:26モバイル

職種、業種別に会社でのモバイルの利用について調査しています。

業務でよく使うのに通話料は自腹? スマホが使いたいのに使えない!? 業種別、業界別の携帯電話実態調査

電気通信事業者協会(TCA)が公表した2012年10月末日時点での国内の携帯電話・PHSの累計契約数は、1億2,788万8,300契約だった。これは日本の総人口に匹敵する数である。1人で複数台持っているという人も少なくないだろう。業務での携帯電話の利用に関しては、「BYOD」(Bring Your Own Device)が注目されている。BYODは、個人所有の端末を業務に活用してコスト削減や効率のアップ、働き方の改革を図る動きだ。では、実際に業務で携帯電話を利用している人の割合は、どの程度なのか

2011年12月28日総務省フィードバック数:29社会/政治

「サービス産業動向調査」平成23年10月分結果(速報)

ここから本文です。サービス産業動向調査 調査結果結果の概要を月次調査と拡大調査でタブに分けて掲載しています。各タブをクリックしてご覧ください。平成29年4月分(速報)サービス産業の4月の売上高は、30.4兆円。前年同月に比べ2.9%の増加で、6か月連続の増加。増加に寄与した産業その他の事業サービスなどを含む「サービス業(他に分類されないもの)」前年同月に比べ8.8%の増加で、36か月連続の増加道路貨物運送などを含む「運輸業,郵便業」前年同月に比べ3.2%の増加で、6か月連続の増加不動産賃貸・管理

2011年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

2011年(平成23年)7月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が3カ月連続で前年同月を上回る 7月「震災関連」倒産は68件発生 2011(平成23)年7月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,081件、負債総額が2,209億1,200万円となった。 倒産件数は、前年同月比1.4%増となり、3カ月連続で前年同月を上回った。 倒産件数の増勢の背景には、7月の「東日本大震災」関連の倒産が68件発生するなど震

香港の不動産サイト動向調査

プレスリリースホーム > プレスリリース 2011 > 香港の不動産サイト動向調査 2011年4月6日アウンコンサルティング株式会社東証マザーズ(2459) ~政府の規制発表によりユニークユーザー数が前年比で約40%の差~アジア圏を中心に、東京、沖縄、シンガポール、韓国、台湾、香港、タイの7拠点で展開し、戦略的なグローバルマーケティングを提供しているアウンコ ンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明)は、このたび、世界43カ国・5つの地域を対象にイン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ