「不平等」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「社会や自身の変化に求めることに関する意識」調査

報道関係各位2017 年 9 月 14 日JXTG ホールディングス株式会社「社会や自身の変化に求めることに関する意識」調査自分が今後“SDGs”に貢献すべきだと思うことがある人は 74.7%トップ3は「すべての人に健康と福祉」、「貧困をなくす」、「不平等をなくす」に。“SDGs”を聞いたことがない人は 85.0%にのぼる総合エネルギー・資源・素材企業グループ JXTG ホールディングス株式会社(代表取締役社長:内田 幸雄)は、全国 2,300 人に対して、国連で採択された 17 の持続可能な開

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知ら

所得分配を考える(4) 『頭の片隅で覚えておきたいこと』

所得分配を考える(4) 『頭の片隅で覚えておきたいこと』 2014/03/10政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 これまで3回にわたって所得格差を簡潔に論じてきた。第一回では日本だけではなく、世界中で所得格差が生じていることを説明した。第二回では日本の所得格差は高齢化に伴うものであり、OECDの多くの国々では賃金格差が原因となっていると論じた。第三回では、日本の高齢化世帯、特に単身及び夫婦のみ高齢者世帯の増加は、社会的・経済的要因で生じていること示している。海外では、

2014年2月23日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

成長へ向けて Going for Growth

30 October 2017 OECD本部より人事担当者が来日します。OECDへの就職に関心がある方向けに個別のキャリア相談会を実施します。詳細及びお申し込みはリンク先をご参照下さい。なお、これは採用面接ではありません。 18 October 2017 OECDの新報告書、『高齢者の不平等を避けるには(Preventing Ageing Unequally)』によると、高齢になってからの不平等のリスクは、現在すでに退職している人々よりももっと若い世代の方が大きくなり、また1960年代以降に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ