「不正行為」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

経済犯罪についてのレポートです。

経済犯罪実態調査 2014 業界別分析版

経済犯罪実態調査 2014(業界別分析版)PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を通して、業界・地域ごとに経済犯罪の傾向・特徴が見られることが分かりました。例えば業界ごとの視点であれば、不正行為者の特徴について、ほとんどの業界では組織内の人物による不正行為の割合の方が組織外の人物による不正行為の割合よりも高くなっている一方で、金融業界では組織外の人物が不正行為者であるケースが半数以上と正反対の傾向が見られました。また、贈収賄・賄賂、競争法・独占禁止法違反、マネーローンダリングといった特に

2014年4月24日キリバフィードバック数:0ビジネス

財務不正に関するアンケート調査

5社中4社が横領等の不正の危険にさらされている – キリバ社調べ米国Kyriba Corporationが行ったアンケート調査によると、不正は米国の企業においてまだ大きな問題となっていることがわかった。本調査によると、78.4%もの企業で横領など不正行為や未遂事件が発生し、その内29.9%の企業が実際の金銭的被害を被った。未遂も含め不正行為がなかったのは12社中1社のみで、7社中1社の財務・資金担当者は不正に直面した事実すら認識していなかったことがわかった。不正はいつ、どの企業にも起きる可能性は

PwCの調査です。

経済犯罪実態調査 2014

PwC、「経済犯罪実態調査 2014」を発表-企業犯罪が世界的に増加し、すべての業種・地域に被害の影響及ぶ調査回答企業の約40%が不正行為の被害に遭い、25%がサイバー犯罪を報告2014年02月24日PwC Japan本プレスリリースは、2014年2月19日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。2014年2月19日 ニューヨーク - 企業およびその他の組織に対する経済犯罪が世界中で増加しています。PwCが発表した「経済犯罪実態調査 2014」によると、経済犯罪の被害に遭ったと回答した企業・

2011年6月1日ネットエイジアフィードバック数:1大型消費/投資

大学入試に関する調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2011年6月1日 大学入試に関する調査ネットエイジアリサーチ大学入試に関する調査〜大学の価値や魅力「就活に有利」10代の3割強〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「大学入試に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、国内に在住する15歳〜59歳の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ