「不良債権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因AQR実施後もフランス、イタリアには追加的不良債権の不確実性が 2014年11月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆11月6日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

地方政府債務、問題山積だが暴発は回避へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方政府債務、問題山積だが暴発は回避へ残高の急増抑制、社債発行による金利負担軽減と債務期間構造の長期化 ◆中国審計署(日本の会計検査院に相当)が2013年12月30日に発表した「全国政府債務会計検査結果」によると、2013年6月末時点の地方政府債務・偶発債務は合計17兆8,909億元、2012年の名目GDP比は34.4%だった。全体として大きな問題はないようにみえる。◆しかし、中身をみれば問題は山積し

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

銀行資産を統一基準で精査 ~三度目の正直で銀行の信頼回復となるか?~

EU Trends銀行資産を統一基準で精査発表日:2013年10月24日(木)~三度目の正直で銀行の信頼回復となるか?~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ ECBは来年11月の監督一元化の開始を前に、直接の監督下に置くことになるユーロ域内の約130行に 対して、不良債権の定義を統一し、銀行の資産内容を精査したうえで、より厳格な基準でストレステ ストを実施する。 ◇ 過去2回のストレステストでは、前提条件の甘さや不良債権が過小評価されているなど、

2013年7月16日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国短期金融市場の混乱収束。第二幕に備えよ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国短期金融市場の混乱収束。第二幕に備えよ ◆6月中旬の上海銀行間取引金利(SHIBOR)の急騰は、リスクが高いと目される資金調達の急増や金融秩序の乱れに対する金融当局の不快感を表明し、金融秩序の回復を促すためであったと考えられる。しかし、6月24日には上海総合株価指数が前日比5.3%の急落を演じた。金融秩序の回復に向けた措置が、金融・資本市場の混乱を招いたのである。これを受けて、中国人民銀行が短期金

2013年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治海外

中国バブル崩壊、本当の不良債権はいくらか?

リサーチ TODAY2013 年 7 月 9 日中国バブル崩壊、本当の不良債権はいくらか?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創バランスシート調整の基本は、過剰債務の調整と為替調整を主軸にした外需確保にあると筆者は考えてきた。2007年以降、日米欧の3局が同時に調整に陥る戦後初の状況が生じたが、そこで日米欧が世界経済の殆どを占めた1980年頃までの状況なら、まさしく世界大恐慌の再来であった。ただし、中国を中心とした新興国は2007年以降も財政と金融の拡張を続け、欧米に外需を供給し世界大恐慌の

2012年7月3日内閣府フィードバック数:5社会/政治

スペイン:住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状と支援要請までの経緯

今週の指標 No.1037 スペイン:住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状と支援要請までの経緯ポイント2012年7月2日ユーロ圏第4の経済規模を誇るスペインでは、住宅バブル崩壊によって不動産資産の不良債権化が進み金融機関の経営難が顕在化した。こうした中、6月25日、スペイン政府はユーロ圏財務相会合(ユーログループ)に対して金融システム支援のための資金要請を行い、今後の同国の行方について市場の関心が一層高まっている。以下では、住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状を概観し、支

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ