「世帯主」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月30日内閣府★★フィードバック数:0マーケティング

世帯別・属性別時系列表:消費動向調査

世帯別・属性別時系列表:消費動向調査 主な属性別データにつきまして、時系列表を整備することといたしました。(平成28年6月23日)第一弾として、主な属性別の消費者態度指数・消費者意識指標を掲載します。今後、順次時系列表を整備し、HPへの掲載を行う予定です。 消費者態度指数と消費者意識指標 ※月次調査となった平成16年4月以降の世帯別・属性別の時系列表を掲載しています。(注)二人以上の世帯及び総世帯の世帯主の年齢階級区分別につきましては、平成25年4月調査以降は10歳刻み、それ以前は3区分(29

2016年5月11日総務省★★フィードバック数:0ライフスタイル

食料への支出の変化を見る(平成26年全国消費実態調査の結果から)

ここから本文です。統計Today No.108食料への支出の変化を見る(平成26年全国消費実態調査の結果から)総務省統計局統計調査部 消費統計課長 栗原 直樹 家計消費に関する基幹統計調査としては、毎月の消費の動向を把握することを目的とした家計調査に対し、5年に一度、家計調査の約6倍のサンプル数で消費の構造などを詳細に把握することを目的とした全国消費実態調査(最新の調査は平成26年(2014年)に実施)があります。全国消費実態調査の結果を時系列的に見ることで、世帯による消費支出の構造的な変化を知

2016年5月7日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査の結果提供に当たっての新たな取組~個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために~

ここから本文です。統計Today No.107家計調査の結果提供に当たっての新たな取組〜個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために〜 総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 〜 注目される消費統計 〜 2014年4月の消費税率の引上げ以降、個人消費は弱い動きが続いています。そのため、家計調査の月次結果がこれまで以上に注目されており、2015年11月の第17回経済財政諮問会議においては、「ある年齢層(例、高齢者)のシェアが実態より若干多くなっている。より経済実態に近づける

2015年7月27日総務省★★フィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングの実態を探る!! ~家計消費状況調査 調査開始から3か月間の結果より~

ここから本文です。統計Today No.96ネットショッピングの実態を探る!! 〜家計消費状況調査 調査開始から3か月間の結果より〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦はじめに インターネットを通じた財(商品)やサービスの購入(以下「ネットショッピング」という。)が急速に普及しており、「統計Today No.76」()でも紹介しましたように、その額は毎年増加し、ネットショッピングを利用した世帯の割合も大幅に上昇しています。このような状況を踏まえ、ネットショッピングの実態を正確かつ詳

2015年5月20日東京都★フィードバック数:0社会/政治

震災避難者の調査です。

都内避難者アンケート

都内避難者アンケートの調査結果について(概要)平成27年5月19日総務局 東日本大震災から4年が経過し、避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々を対象に4回目となるアンケート調査を実施し、下記のとおりその結果をとりまとめましたので、お知らせします。記1 アンケート調査の実施概要(1) 調査目的 避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々のこれからの生活のご意向を把握し、今後の支援策の参考にするため(2) 調査方法 郵送によるアンケート調査(3) 調査時期 平成27年2月16

2015年5月15日マクロミル★フィードバック数:0キャリアとスキル

2016年夏のボーナス大調査

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム2016年夏のボーナス大調査 2016年5月10日|Author : RJ2016年夏のボーナス大調査Tag : 夏のボーナス,ボーナス,賞与,給与,給料,お財布景気がもたついてる…なんてニュースも聞こえてきていますが、公務員で6月30日、民間企業の多くも6月支給と言われる夏のボーナス。今年は期待できるのでしょうか。みんなどのくらい貰っているのでしょうか?何に使うの?他人のお財布事情が気になるところです。ということで、実際のトコロは

2015年4月17日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費についてのレポートです。

家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.2概要タイトル 家計調査からみた消費税率引上げ前後の消費行動について著者 堀井 俊刊行年月 2015年3月要旨 2014(平成26)年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、消費税率引上げ直前の3月には、家計調査の結果で見ると、駆け込み購入の影響から消費支出全体では1年前に比べて実質7.2%の増加がみられた。一方、消費税率引上げ後の4月及び5月には、その反動による減少がみられ、4月は実質4.6%の減少、5月は実質8.0%の減少となっ

2015年3月28日国土交通省★★★フィードバック数:0大型消費/投資

国交省のまとめです。

平成26年度住宅市場動向調査について

平成27年3月26日 今般、平成26年度の調査結果をとりまとめましたので、その概要をお知らせします。本調査は、住み替え・建て替え前後の住宅やその住宅に居住する世帯の状況及び住宅取得に係る資金調達の状況等について把握し、今後の住宅政策の企画立案の基礎資料とすることを目的として、毎年実施しています。なお、本調査は平成13年度より実施しており、平成26年度の調査は14回目にあたります。<資料>(1)平成26年度住宅市場動向調査~調査概要~調査の目的並びに調査対象、対象地域、調査方法等を示した「調査の概

2015年3月25日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

Data 数字は語る 月6万8225円 高齢者世帯の得る帰属家賃 世帯主が65歳以上の「二人以上の世帯」が得る帰属家賃の平均値

Data 数字は語る 月6万8225円 高齢者世帯の得る帰属家賃 世帯主が65歳以上の「二人以上の世帯」が得る帰属家賃の平均値

2015年1月14日経済産業研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

退職とその後の支出についての調査です。

退職後の消費支出の低下についての一考察

退職後の消費支出の低下についての一考察 暮石 渉 (国立社会保障・人口問題研究所) /殷 婷 (研究員) 概要本研究は、退職前後の消費の変化に対してHurst (2008) が指摘した2つの事実((i)退職とともに低下するのは仕事に関連した支出と食費(家での食事および外食)に限られる、(ii)実際の食料摂取は退職の前後で一定している)が日本においても成り立っているかを、「くらしと健康の調査」を用い検証した。特に同調査において詳細に尋ねられている食費、外食費、生活費に関する質問と家事や日用

2014年10月28日総務省★フィードバック数:0社会/政治

実際のデータを使ってポイント解説をしています。

家計収支の動向を的確に把握するために~家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント~

ここから本文です。統計Today No.86家計収支の動向を的確に把握するために 〜家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦 (共同執筆者)同課審査発表係廣田 恵美概要2014(平成26)年4月に消費税率が引き上げられて以降、消費とそれを支える所得の動きを示す統計が注目されており、特に家計調査の結果が取り上げられることが多い。この家計調査の結果を商業動態統計調査の「小売業販売額」及び毎月勤労統計調査の「現金給与総額」と比較する際には、以下

2014年10月1日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税の影響です。

統計Today No.84 家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動

ここから本文です。統計Today No.84家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動 〜今回の税率引上げ時は前回(平成9年)と比べて なぜ駆け込み需要が高かったのか?〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦(共同執筆者)同課審査発表係堀井 俊同課物価統計室価格調査係 齋藤 香緒里はじめに 平成26(2014)年4月に、消費税率5%から8%への引上げがされました。これに伴い、引上げ前の3月には駆け込み購入、引上げ後の4月以降はその反動による買い控えが見られるなど、家計消費の動き

2014年6月9日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

鳥取県への移住状況(平成25年度末現在)

(2)平成25年度移住状況(世帯主の状況) <年代別>・年代別にみると、20〜30代が多い。 <理由別>・理由別にみると、20〜40代は、就職が中心。結婚・子育ても目立つ。50代以上は、退職等による帰郷、田舎暮らし志向が中心。 <UIターン別>・UIターン別にみると、それぞれ伸びているが、Uターンの伸びが目立つ。 <地域別>・移住元の地域別にみると、近畿地方(大阪府、兵庫県等)からの移住者数の伸びが目立つ。中国地方(岡山県等)、関東地方(東京都等)がこれに続く。 ・移住先の地域別にみると、鳥取市

2014年5月7日東京都★フィードバック数:0社会/政治

震災避難者の調査です。

都内避難者アンケート調査

都内避難者アンケートの調査結果について平成26年4月30日総務局 東日本大震災から3年が経過し、避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々を対象に3回目となるアンケート調査を実施し、下記のとおりその結果をとりまとめましたのでお知らせします。記1 調査結果のポイント(1) ご自身及び世帯について就業状況について、多かった回答は、「無職」(55.5%)、「正規雇用」(20.3%)、「非正規雇用」(17.8%)であった。住民票の異動の有無についての回答では、平成25年2月の調査(以下、「前年

所得分配を考える(2)  『所得格差拡大の原因(その1)』

所得分配を考える(2)『所得格差拡大の原因(その1)』 2014/02/21政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 1.我が国の所得格差拡大の原因昨年発表になった「平成23年度所得再分配調査」から世帯別の調査結果を図表1に示している。世帯類型別にジニ係数(※1)をみると、総数の当初所得が0.5536であるのに対し、「単独世帯」が0.6801、「夫婦のみ世帯」が0.6309と総数のジニ係数を上回っている。世帯主年齢別についてみると、「65~69歳」が0.6175、「70~7

消費税増税の影響です。

消費税率引き上げによる家計への影響

1.今月のグラフ ~慎重な設備投資の背景にある売上高の伸び悩み2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:消費税率引き上げによる家計への影響(1)消費へのマイナス効果(2)世帯主の年収階級別にみた消費への影響(3)世帯構成および各世帯の消費構成の変化(4)より負担感が高まりやすい物価上昇

金融資産や投資についてのまとまった調査です。

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成25年

暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト これより本文です家計の金融行動に関する世論調査家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成25年調査結果全国8,000世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2名以上の世帯) 利用上の注意点、調査結果の要約やグラフなどをまとめています。 ※単純集計データ、時系列データについては、この表の次の欄(集計データ)を参照して下さい。 単純集計データ 調査票の形式と設問ごとの集

2013年9月5日住宅生産団体連合会★フィードバック数:0大型消費/投資

戸建注文住宅を建築した顧客の実態です。

2012年度戸建注文住宅の顧客実態調査

「2012年度戸建注文住宅の顧客実態調査」報告 一般社団法人住宅生産団体連合会(会長 樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、この程『2012年度戸建注文住宅の顧客実態調査』を報告書として取りまとめましたので公表いたします。この調査は、戸建注文住宅を建築した顧客の実態を明らかにすることにより、今後の戸建注文住宅の顧客ニーズの変化を把握し、これからの社会にふさわしい住宅の供給の有り方を探ることを目的として2000年から開始し、今回で13回目となります。調査の対象エリアは、3大都市圏(

2013年5月23日東京都フィードバック数:25社会/政治

都内避難者アンケートの調査結果について

都内避難者アンケートの調査結果について平成25年5月21日総務局 東日本大震災から2年が経過し、避難生活が長期化している中、都内に避難されている方々を対象に、昨年に引き続きアンケート調査を実施し、下記のとおりその結果をとりまとめましたのでお知らせします。記1 調査結果のポイント(1) ご自身について住民票の異動の有無についての回答では、平成24年2月の調査(以下、「前年調査」という。)と比較すると、「都内に異動した(家族全員)」と「都内に異動した(家族の一部)」の合計が、33.5%から37.3%

将来の世帯数についての予測です。

日本の世帯数の将来推計(全国推計)

『日本の世帯数の将来推計(全国推計)』(2013(平成25)年1月推計)国立社会保障・人口問題研究所はこのほど、2013(平成25)年1月推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」をまとめましたので、公表します。この推計は5年ごとに実施しており、家族類型別(「単独」「夫婦のみ」「夫婦と子」「ひとり親と子」「その他」の5類型)にみた将来の世帯数を求めることを目的としています。今回は2010(平成22)年の国勢調査を基に、2010〜35年の25年間について将来推計を行いました。この推計には、200

投資・金融行動についての調査です。

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成24年調査結果

暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト これより本文です家計の金融行動に関する世論調査家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成24年調査結果全国8,000世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2名以上の世帯) 利用上の注意点、調査結果の要約やグラフなどをまとめています。 ※単純集計データ、時系列データについては、この表の次の欄(集計データ)を参照して下さい。 単純集計データ 調査票の形式と設問ごとの集

投資・金融行動についての単身者調査です。

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成24年調査結果

暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト これより本文です家計の金融行動に関する世論調査家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成19年以降)家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成24年調査結果全国8,000世帯(世帯主が20歳以上でかつ世帯員が2名以上の世帯) 利用上の注意点、調査結果の要約やグラフなどをまとめています。 ※単純集計データ、時系列データについては、この表の次の欄(集計データ)を参照して下さい。 単純集計データ 調査票の形式と設問ごとの集

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ