「世帯主60歳」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

和歌山県における家計消費のトレンド変化~県内世帯の少子高齢化が進む中で~

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 和歌山県における家計消費のトレンド変化〜県内世帯の少子高齢化が進む中で〜研究委員藤本 迪也1.はじめに 〜少子高齢化が県内家計消費のトレンドに与える影響とは〜前号掲載の「和歌山県における家計の現状」では、県内事業者の景況感が改善する中で、県内家計の状況はどのようになっているのかを確かめるために、国勢

和歌山県における家計の現状~国勢調査・消費実態調査より~

1. はじめに経済指和歌山社会経済研究所では、四半期ごとに県標内事業者の協力のもと、県内景況感を報告している。平成25年4月に発表した景気動向調査によると、県内景況感は建設業、製造業、商業、サービス業のすべての産業で改善が見られるな和歌山県における家計の現状∼国勢調査・  消費実態調査より∼ど、国内景況感の改善とともに回復の動きが確認された。ただ、県内の経済主体は事業者だけではなく、一般家計の単位である世帯もその一つである。そして、和歌山県経済の状況を判断するためには、事業者側からの県内景況感だ

2013年5月15日日本総研★フィードバック数:3マーケティング

少子高齢化を背景として消費動向を見ています。

世帯タイプ別消費動向からみる個人消費活性化に向けた課題

Research Reporthttp://www.jri.co.jp2013 年 5 月 14 日No.2013-001世帯タイプ世帯タイプ別消費動向タイプ別消費動向からみる別消費動向からみる個人消費活性化に個人消費活性化に向けた課題けた課題調査部 主任研究員 小方尚子《 要 点》過去 10 年を振り返ると、60 歳以上世帯(高齢者世帯)の個人消費は、世帯数の増加により拡大してきたが、年金収入の減少などを背景に世帯当たりでは微減傾向が続いた。もっとも、継続就業者の増加により勤労収入が高齢者全体

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ