「世帯住宅」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月12日アキュラホームフィードバック数:0大型消費/投資

2017年住宅傾向調査

アキュラホーム住生活研究所「2017年住宅傾向調査」 玄関収納(シューズクローク)設置率が8年で2倍超に増加傾向・和室(客間)から畳コーナーへ、用途に変化 株式会社アキュラホーム住生活研究所(所長:伊藤圭子)は、アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)が2016年に全国で手がけた住宅のうち100棟の住宅の間取りについて調べたところ、玄関収納(シューズクローク)の設置率が2009年から2016年の8年で35%から74%に増加傾向にあることが分かりました。また、和室・畳コーナ

「近居」がテーマです。

同居・近居に関する調査結果報告

2015 年 5 月 7 日 野村不動産アーバンネット株式会社 報道関係者各位 注目を集める“二世帯近居”同居・近居に関する調査結果報告専門家・住宅ジャーナリスト/山本久美子氏 「親と子世帯が近くに住むメリットは大きい」 野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、「同居・近居 に関する調査」を実施しました。この度、調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。 近年、注目を集めている居住形態が“二世帯近居(以下、近居)“という住まい方です。世帯を持つよ

2015年3月19日Hanoi Advanced Labフィードバック数:0大型消費/投資

相続に対する親子意識調査

家づくりを考え始めたら、まずは気になるのが建築資金のこと。頭金をどのくらい用意できるかによって、資金計画は大きく変わります。親からの資金援助を、ひそかに期待している人も少なくないでしょう。一方で親の側も相続対策を考慮し、子が家づくりをするならば贈与を、と考えているかもしれません。今回「イエノミカタ」では、50~69歳の親世帯および、結婚している25~49歳の子世帯を対象に、相続や子世帯の住宅取得資金援助に対する意識などについて調べました。“親は子が思うほど相続税対策をしていない”“子が思う以上に

2014年10月22日Hanoi Advanced Lab★フィードバック数:0大型消費/投資

住まいや相続についての親側の調査です。

第3回 イエノミカタ調査

第3回 イエノミカタ調査[住まいと相続]50代・60代の親のキモチ調査 「イエノミカタ」では、結婚・婚約している子どもを持つ50~69歳の親を対象に、子世帯の住宅取得にどのように関わっているかを調べました。調査対象の親世帯と子世帯との距離は、同居から遠くに住んでいるケースまでさまざまです。「子世帯とのコミュニケーション手段」「子世帯の住宅取得を支援したいか否か」などの質問に対して、親世帯からは興味深い回答が得られています。また、2015年(平成27年)からの相続税改正を控え、その認知度や対策

快適?想定外!? 母娘型二世帯住宅のホンネ

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 「母と娘の幸せ研究室」はじめ、母親と娘の絆を研究しているくらしHOWでは、団塊母娘を核とした「母系新3世代型消費」に注目。コミュニケーションや消費実態を、毎月調査していく。 一覧へ戻る Report9 快適?想定外!? 母娘型二世帯住宅のホンネ 平均年齢:43.93歳 既婚:85.8%、未婚:14.2% 子供:いる69.1%、いない:30.9%※2013年11月、リビングWebでの調査。有効回答数:233 “同敷地内

第579回 祖父母との“暮らし”調査 2012.11.01~2012.11.07

祖父母との暮らしのことならハッピー・ノート.com! ●分析じ〜じ・ば〜ばのお家に遊びに行ったり、お泊まりしたりすることは、お子さまの楽しみのひとつ。ただ、大人世帯でもあるじ〜じ・ば〜ばのお家。家の構造や間取り、家具の配置などが小さなお子さまには危ないということもあります。今回は、「祖父母との“暮らし”」を調査。じ〜じ・ば〜ばのお家の様子、お子さま、ママパパとの関わり方などを伺いました。 Q1.祖父母の家に遊びに行くのは、だいたいどれくらい?(ママ方・パパ方かのどちらか良く行く方)祖父母の家に

2013年3月4日LIXIL住宅研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

二世帯住宅についての調査です。

ミセスへの「二世帯住宅の暮らし方」アンケート調査

おうちくらぶでは、2012/12/14〜2013/01/25の期間に『二世帯住宅の暮らし方』についてアンケート調査を実施しました。ご協力頂きました186名のミセスの方に、この場をお借りしてお礼申し上げます。 今までに二世帯同居について考えたことはありますか?(単一選択)「全くない」と回答した方はQ3に進んで下さい。 Q1で単世帯で二世帯同居を考えたことがある方と二世帯(すでに同居している)の方にお伺いします。同居をする理由(した理由)は何ですか?(複数回答) ・義両親が体調を崩して生活が成

2012年11月2日日経BPフィードバック数:2大型消費/投資要登録

迷う20代、40代は…二世帯住宅の悩みを調査

迷う20代、40代は…二世帯住宅の悩みを調査顧客が住宅を取得する際に、「二世帯住宅なら親からの金銭的な援助が受けやすい」と期待する住宅会社も少なくないだろう。そこで、住宅の取得意思がある住まい手300人に、住宅を取得する際に二世帯住宅をどの程度考慮するかを尋ねた。その結果、20代は判断に迷う人が多く、年齢が上がるごとに二世帯賛成派と反対派に分かれることが分かった。 この記事は、日経アーキテクチュア・ウェブ有料会員限定です。ご登録のうえログインしてください。 日経アーキテクチュア購読者、日経ホーム

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ