「世帯平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米の消費動向調査結果(平成27年4月分)

平成27年5月28日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年4月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年4月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,877グラム、うち「家庭内消費量」が   3,351グラム(前月比 +274g)、「中食・外食の消費量」は 1,526グラム(前月比   +269g)  ■

2014年12月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

地域的バラツキが広がる個人消費、その背景と課題

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 12 月 9 日No.2014-042地域的バラツキが広がる個人消費、その背景と課題調査部 主任研究員 小方 尚子《要 点》◆本年4月の消費税率引き上げ以降、個人消費が弱い動きを続けており、とりわけ地方の消費の不調が顕著となっている。そこで、2011 年以降の個人消費における地域的バラツキの実態を、ミクロの世帯ベース、マクロの地域全体の消費市場に分けて整理し、消費回復に向けた課題を考えてみた。◆地方の消費低迷の主因

米の消費動向調査結果(平成26年5月分)

平成26年6月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年5月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年5月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,834グラム、うち「家庭内消費量」が   3,374グラム(前月比 -155g)、「中食・外食の消費量」は 1,460グラム(前月比   +3g)  ■精米

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ