「世界市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月30日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年10月17日 リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2017年3月~9月2. 調査対象:リチウムイオン電池部材メーカー(日本、韓国、中国、欧州等)3. 調査対象部材:正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーター4. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<リチウムイオン電池主要4部

2017年10月29日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年10月13日 電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて電動パワーステアリングシステムの世界市場の調査を実施した。1.調査期間: 2017年5月~9月2.調査対象: EPSシステムメーカー、EPS構成部品メーカー等3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<電動パワーステアリングとは>ステアリングのアシストに、電気モータを利用する技術を電動パワーステアリング(E

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ディスプレイ関連の世界市場を調査

ディスプレイ関連の世界市場を調査

2017年9月20日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

マイクロLED世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年09月04日 マイクロLED世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてマイクロLED世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~7月2.調査対象:ディスプレイメーカー、部材メーカー、製品メーカー、大学・各種研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用<マイクロLED市場とは>本調査におけるマイクロLEDとは、今後、ディスプレイや車載用ヘッドランプ、バイオ・医療機器、Li-Fi(ライファイ)通信、スマ

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

光通信関連の世界市場を調査

光通信関連の世界市場を調査

2017年8月28日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年)

2017年08月21日 駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年) ~欧州を中心に駐車支援システムの搭載が進み、2020年頃自動駐車システム実用化始まる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて駐車支援/自動駐車システムの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:自動車メーカー、カーエレクトロニクスメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<駐車支援/自動駐車システ

2017年4月10日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

量子ドットディスプレイ部材世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年03月31日 量子ドットディスプレイ部材世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて量子ドットディスプレイ部材世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年2月2.調査対象:量子ドット(Quantum Dots)ディスプレイ部材メーカー、QDディスプレイメーカー、TVメーカー他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングならびに文献調査併用<量子ドット(QD)ディスプレイ部材とは>本調査

2017年3月1日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年)

2017年02月24日 フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてフォースフィードバックデバイス世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~2017年1月2.調査対象:フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動IC メーカー、ソフトウェアメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<フォースフィードバックとは>スマートフォンやゲー

2017年2月1日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測

世界ロボティクス関連市場は、2020年には2016年の2倍以上に拡大 日本を含むアジア太平洋地域は世界ロボティクス関連市場全体の3分の2以上を占める 国内市場は、2016年の支出額は104億ドル、2020年には2015年の2.3倍に拡大 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のロボティクスおよび関連サービス市場の予測を発表しました。世界ロボティクス関連

2017年1月8日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年12月26日 自動運転システムの世界市場に関する調査を実施(2016年) ~2030年にレベル3の自動運転システムの搭載台数が1,700万台に拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて自動運転システムの世界市場について調査を実施した。<自動運転システムとは>自動運転システムはNHTSA(米国運輸省高速道路交通安全局)が自動化のレベルを0~4までの5段階で分類している。レベル1は運転支援機能であり、現在普及の進んでいるADAS(先進運転支援システム)が該当する。車両の周辺の状況

2016年11月10日矢野経済研究所★★フィードバック数:0モバイル

携帯電話の世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年11月04日 携帯電話の世界市場に関する調査を実施(2016年) ~アジアを中心に契約数増加は続く 端末市場は中国メーカーが躍進~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の携帯電話サービスおよび端末市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2016年6月~9月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<第四世代携帯電話サービ

2016年10月26日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池主要4 部材世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年10月20日 リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2016年4月~10月2. 調査対象:リチウムイオン電池部材メーカー(日本、韓国、中国、米国など)3. 調査対象部材:正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーター4. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<リチウムイオン電池主要

2016年9月13日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

車載ディスプレイ世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年09月07日 車載ディスプレイ世界市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載ディスプレイ世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年6月~8月2.調査対象:車載用ディスプレイメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談によるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載ディスプレイとは>本調査における車載ディスプレイとは、 自動車内装に使用される、センターインフォメーションディスプレイ(Center Information Displa

2016年7月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査を実施(2016年)

プレスリリース先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査を実施(2016年)2016年07月11日 先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査を実施(2016年) ~2020年におけるADASキーデバイス/コンポーネントの世界市場は1兆円を突破~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2016年3月~6月2.調査対象:カーエレクトロ

2016年7月8日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

プリンタ世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年07月04日 プリンタ世界市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてプリンタ(出力機器)の世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年4月~6月2.調査対象:プリンタ(出力機器)メーカー・販売店/パートナー・各種部材メーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<プリンタとは>本調査におけるプリンタ(出力機器)とは、オフィス向け(ページプリンタ【中-低速】、MFP【複合機/複

2016年4月20日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年04月14日 電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて電動パワーステアリングシステムの世界市場の調査を実施した。1.調査期間: 2015年10月~2016年3月2.調査対象: EPSシステムメーカー、EPS構成部品メーカー等3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<電動パワーステアリングとは>ステアリングのアシストに、電気モータを利用する技術を電動パワーステ

事務機械の全世界出荷に関する2015年の見込み及び2016年~2017年の予測

事務機械の全世界出荷に関する2015年の見込み及び2016年・2017年の予測を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、全世界市場を対象とした事務機械の出荷に関する見込み及び2年間の予測がまとまりましたので発表いたします。内容は本ページの添付ファイルをご覧くださるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先TEL:03-6809-5010 (代表)FAX:

2015年10月7日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

カーボンナノチューブの世界市場に関する調査結果 2015

2015年10月07日 カーボンナノチューブの世界市場に関する調査結果 2015 ~カーボンナノチューブ(CNT)市場は第三次成長期に突入へ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてカーボンナノチューブ(CNT)の世界市場調査を実施した。1.調査期間:2015年4月~9月2.調査対象:カーボンナノチューブ、及びアプリケーションを扱う国内外メーカー・企業、研究所、大学等3.調査方法:当社専門調査員による直接面談取材をベースに、文献調査を併用<カーボンナノチューブ(CNT; Carbon Na

2015年8月6日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

プリンタ世界市場に関する調査結果 2015

2015年08月06日 プリンタ世界市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてプリンタ(出力機器)世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年4月~7月2.調査対象:プリンタ(出力機器)メーカー・販売店/パートナー・各種部材メーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<プリンタとは>本調査におけるプリンタ(出力機器)とは、オフィス向け(ページプリンタ[中-低速]、MFP[複合機/複写機]、イ

2015年6月23日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

携帯電話の世界市場に関する調査結果 2015

2015年06月23日 携帯電話の世界市場に関する調査結果 2015 ~3G/4G契約数は増加が続く、スマートフォンの伸びは鈍化~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の携帯電話サービスおよび端末市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2014年6月~2015年5月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<第四世代携帯電話サービス

2015年4月14日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果 2015

2015年04月14日 リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池主要4部材の世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2014年8月~2015年3月2. 調査対象:リチウムイオン電池部材メーカー(日本、韓国、中国、米国など)3. 調査対象部材:正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーター4. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<リチウムイオン電池

市場データです。

事務機械の全世界出荷に関する2014年の見込み及び2015年・2016年の予測

事務機械の全世界出荷に関する2014年の見込み及び2015年・2016年の予測を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、全世界市場を対象とした事務機械の出荷に関する見込み及び2年間の予測をとりまとめましたので発表いたします。内容は本ページの添付ファイルをご覧下さるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010FAX:03-3

2015年1月19日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用電池世界市場に関する調査結果 2014

2015年01月19日 車載用電池世界市場に関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用電池世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年6月~12月2.調査対象:日系車載用電池メーカー、韓国車載用電池メーカー、中国車載用電池メーカー、日系自動車メーカー、欧州自動車メーカー、米国自動車メーカー、その他自動車メーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談取材をベースに、文献調査を併用<車載用電池とは>本調査における車載用電池とは、xEV(HEV、PHEV

2014年11月14日みずほ情報総研★★フィードバック数:0ライフスタイル

医療機器産業についてのレポートです。

日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには

社会動向レポート 日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには(1/2) 社会政策コンサルティング部 コンサルタント 日諸 恵利 わが国の医療機器産業が政府から成長牽引役と目されて久しいが、世界市場における日系企業の立ち位置に鑑みれば、その成長性については楽観視しがたいものがある。 現在、世界市場の拡大に寄与しているのは発展途上国の経済成長である。この発展途上国市場を獲得するためには、現在は大きく引き離された欧米の医療機器メーカーに対抗しうるだけの販路開拓戦略が必要である。その有効な打ち手

2014年10月16日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査結果 2014

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2014年10月14日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果 2014

2014年10月14日 ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果 2014 ~2015年には世界で1億台、日本は700万台市場へ、当面はスマートバンドが中心に将来的にはスマートウォッチが拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてウェアラブルデバイスの世界市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年6月~2014年8月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピューターメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-ma

2014年10月3日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

駐車支援システム世界市場に関する調査結果 2014

2014年10月03日 駐車支援システム世界市場に関する調査結果2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の駐車支援システム市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年6月~8月2.調査対象:自動車メーカ、システム・部品サプライヤー、デバイスメーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<駐車支援システムとは>駐車支援システムは、カメラと超音波センサを使ってドライバーの駐車作業を補助するシステムである。本調査におけ

2014年8月4日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

パワー半導体の世界市場に関する調査結果 2014

2014年08月04日 パワー半導体の世界市場に関する調査結果 2014 ~SiCパワー半導体は2016年から本格的に市場が立ち上がる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてパワー半導体の世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~2014年6月2.調査対象:パワー半導体メーカ、ウエハーメーカ、システムメーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<パワー半導体とは>パワー半導体とは、主にインバータ回路や

2014年6月9日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小型モータ世界市場に関する調査結果 2014

2014年06月09日 小型モータ世界市場に関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて小型モータ世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2014年1月~5月2. 調査対象:日系および海外の小型モータメーカー3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<小型モータとは>本調査における小型モータとは、ブラシ付きDCモータ(コアード)、ブラシ付きDCモータ(コアレス)、振動モータ、ブラシレスDCモータ、PM

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度中小企業支援調査(産業機械の世界市場及び内外企業の動向等に関する調査)

平成24年度中小企業支援調査(産業機械の世界市場及び内外企業の動向等に関する調査)

2014年3月28日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

M2M世界市場に関する調査結果 2014

2014年03月28日 M2M世界市場に関する調査結果 2014 ~世界で拡大を続けるM2M、2020年度には累計額で3兆8,100億円に達すると予測~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてM2M世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~2014年2月2.調査対象:国内外のIT事業者(SIer)、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)やMVNE(Mobile Virtual Network

2014年3月14日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン・タブレットの世界市場に関する調査結果 2014

2014年03月14日 スマートフォン・タブレットの世界市場に関する調査結果 2014 ~スマートフォンは新興国市場向けローエンド製品主体へ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界のスマートフォン、タブレット市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年6月~2014年2月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆

2014年1月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載ネットワーク用デバイス世界市場に関する調査結果2013

2014年01月21日 車載ネットワーク用デバイス世界市場に関する調査結果 2013 ~ECUの搭載個数増加、ISO26262の影響により市場規模は拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載ネットワーク用デバイスの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2013年9月~2013年12月2.調査対象:半導体メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、自動車メーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載ネットワーク用デ

市場データです。

M2M向け無線通信モジュール 2020年の市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングM2M向け無線通信モジュール 2020年の市場規模予測 M2M向け無線通信モジュールの2020年の市場規模は、◆ 国内市場は、2020年に4,300万台(2013年比4.3倍)、980億円(同3.1倍)。◆ 世界市場は、2020年に4億7千万台(2013年比6.1倍)、9,000億円(同5倍)。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、M2M向け無線通信モジュール

2013年12月3日花王フィードバック数:0ライフスタイル

「年末年始の過ごし方」に関する調査

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース 意外な事実!人の家で汚れが気になる場所1位はトイレなのに、自宅への来客時にはトイレ掃除をしていない実態が明らかに。2013年12月02日 15時00分花王株式会社が実施した「年末年始の過ごし方」に関する調査*1では、年末にクリスマスパーティを実施する人が20代では45%、30代では43%と4割を超えていることが分かりました。そして、人の家に招かれたときに汚れているかどうか気になる場所は、1位 トイレ(75%)という回答が得

2013年11月19日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

車載Ethernet世界市場に関するに関する調査結果 2013

2013年11月19日 車載Ethernet世界市場に関する調査結果 2013 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の車載Ethernet市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年8月~10月2.調査対象:自動車メーカ、部品サプライヤー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載Ethernet市場とは>本調査における車載Ethernet市場規模は、乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載される、車載Ether

2013年11月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

携帯電話の世界市場に関するに関する調査結果 2013

2013年11月12日 携帯電話の世界市場に関する調査結果 2013 ~世界の携帯電話契約数は依然増加、4Gサービス契約数が急増~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の携帯電話サービス、携帯電話端末市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年3月~10月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<第四世代携帯電話サービス(4

2013年9月6日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用センサの世界市場に関する調査結果2013

2013年09月06日 車載用センサの世界市場に関する調査結果 2013 ~ADAS向けセンサが牽引役となり、2020年まで市場は拡大基調が続く~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用センサの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2013年3月~2013年7月2.調査対象:半導体メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、センサメーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載用センサとは>車載用センサとは、自動車の各

2013年7月25日矢野経済研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

小型民生機器用リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果 2013

2013年07月25日 小型民生機器用リチウムイオン電池世界市場に関する調査結果2013 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて小型民生機器用のリチウムイオン電池(LiB)世界市場の調査を実施した。1. 調査期間:2013年4月~6月2. 調査対象:日本、韓国、中国などのリチウムイオン電池(LiB)メーカー3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<小型民生機器用リチウムイオン電池とは>本調査における小型民生機器とは、ノートPC

2013年7月22日日本総研★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス海外

現代についての分析です。

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業4】「円安・ウォン高」と現代自動車-世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業4】「円安・ウォン高」と現代自動車-世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」

2013年4月19日JEITAフィードバック数:2モバイル

移動電話に関する市場調査報告書

2013年4月19日『移動電話に関する市場調査報告書~スマートフォンの拡がりと新たなステージに向けて~』の刊行について一般社団法人 電子情報技術産業協会一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)・移動電話WGでは、平成24年度の活動成果として『移動電話に関する市場調査報告書~スマートフォンの拡がりと新たなステージに向けて~』を刊行いたしましたので、ここに概要をご紹介致します。本調査が、内外で広くご活用いただければ幸いです。(1)日本市場における移動電話の将来に関する調査2012年の移動電話

複合機に代表される事務機器の市場データです。

事務機械の「全世界出荷に関する2012年の見込み及び2013年・2014年の予測」

事務機械の「全世界出荷に関する2012年の見込み及び2013年・2014年の予測」の発表 この度、全世界市場を対象に新たに事務機械の出荷に関する見込み及び予測をとりまとめましたので発表致します。なお、この出荷見込み及び予測の調査にあたっては、外部の調査機関に委託し取りまとめを行いました。掲載しています事務機械出荷実績(JBMIA集計)、複写機・複合機出荷実績(JBMIA集計)は、会員企業の出荷実績のみであることから、今回の予測に用いている数値とは異なりますのでご注意ください。

2012年11月14日矢野経済研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査結果 2012

プレスリリース先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査結果 20122012年11月14日 先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査結果 2012 ~世界各国で安全評価基準が採択され、ADAS装着車両は急速に拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて先進運転支援システム(ADAS)用キーデバイス/コンポーネントの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2012年7月~10月2.調査対象:センサデバ

2012年7月9日矢野経済研究所フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池主要4 部材世界市場に関する調査結果 2012

2012年07月09日 リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査結果 2012 調査要綱矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池用主要4 部材世界市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2012 年1 月~6 月2. 調査対象:リチウムイオン電池部材メーカー(日本、韓国、中国、米国など)3. 調査対象部材:正極材、負極材、電解液、セパレーター4. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<リチウムイオン電池主要4 部

2012年5月10日矢野経済研究所フィードバック数:2ビジネス

大判プリンタ(LFP)世界市場に関する調査結果 2012

システムメンテナンス中です。大変恐れ入りますが、しばらくした後に再度操作をして頂けますようお願いいたします。

2012年1月19日矢野経済研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査結果 2011-2012年前半は厳しい市場環境が続くが、後半より緩やかな増加基調に転じる-

2012年01月19日 パワー半導体の世界市場に関する調査結果 2011 ~2012年前半は厳しい市場環境が続くが、後半より緩やかな増加基調に転じる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてパワー半導体の世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2011年9月~12月2.調査対象:パワー半導体メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、ウエハメーカ3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<パワー半導体とは>主にインバータ/コンバータ回

2011年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

リチウムイオン電池市場に関する調査結果 2011-「期待外れ」と「想定外」が促す再度の構造変化-

2011年12月13日 リチウムイオン電池市場に関する調査結果 2011 ~「期待外れ」と「想定外」が促す再度の構造変化~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてリチウムイオン電池世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年6月~11月2.調査対象:リチウムイオン電池メーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆ 2011年度リチウムイオン電池世界市場規模は1兆1,693億円、前年度比108.2%と順調に

2011年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:20モバイル

スマートフォンの市場予測です。

スマートフォン市場に関する調査結果 2011-スマートフォンは本格的な普及期へ-

2011年07月26日 スマートフォン市場に関する調査結果 2011調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてスマートフォン市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年3月~6月2.調査対象:国内移動体通信サービス事業者、国内携帯電話メーカー、海外携帯電話・スマートフォンメーカー、海外製造受託企業、海外PCメーカー、国内部品メーカー、業界団体他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<本調査におけるスマートフォンとは>本調査では「ス

2011年版 世界のスマートグリッド2.0と日本企業の取り組み動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 2011年版 世界のスマートグリッド2.0と日本企業の取り組み動向• スマートグリッド2.0へと進化する世界の最新プロジェクトと各国標準化戦略の動向がわかります。• 「発電vs.電力消費のインタラクティブ・フロー」、「蓄電システム」「バーチャル・パワープラント」関連プロジェクトを分析しました。• 最新ホームエネルギー・マネージメント製品、主要企業の技術・アライアンス動向を整理して掲載しています。市場調査・コンサルティング

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ