「世界景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コモディティ・レポート (2015年3・4月)

I.コモディティ市況全般: 3~4月は下落後、反発ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、昨年6月下旬をピークに今年3月中旬にかけて下落傾向で推移した後、反発している。マクロ経済環境をみると、欧州景気が持ち直す動きをみせる一方で、米国景気にもたつきがみられ、中国景気は減速した状態が続いている。今後、世界景気の回復に伴って、コモディティ市況は上昇するだろうが、その上昇ペースは緩やかだろう。II.エネルギー市況: 原油は反発後、上値が重くなる国際指標とされるブレ

世界景気インデックス「2014年11月 世界は7カ月連続で『雨』 ― 米欧は原油安で内需堅調」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は9カ月連続で「雨」 ― 欧州は小売改善で上昇、米国は足踏み状態 1月の世界景気インデックスは前月から0.1ポイント悪化のマイナス3.2となり、9カ月連続の「雨」となった。米欧は前月に続き「曇り」。日中では足もとで続く原油安の影響により輸入金額が縮小し、指数値が見かけ上、下振れとなっている。日本では昨年の消費増税前の駆け

世界景気減速懸念で底堅さが試される米国経済

世界景気減速懸念で底堅さが試される米国経済

世界景気減速懸念で弱含む新興・資源国経済

世界景気減速懸念で弱含む新興・資源国経済

世界景気インデックス「7月 世界は3カ月連続で『雨』 ― 米欧足踏み、ロシアは『嵐』へ」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。8月 依然雨ながら持ち直しー新興国や台湾の生産が改善8月の世界景気インデックスは前月比0.7高い▲6.0となった。天気は「雨」のままだった。足元で持ち直しが目に付くのは新興国。特にブラジルとロシアは今年に入り、原油価格の下落一服を受け、生産の落ち込みが和らいだ。ブラジルは五輪による特需も押し上げ要因となった。電子部品メーカーが集積

史上最高値を更新した世界の株価

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月4日ユーロ圏の金融政策を担うECB(欧州中央銀行)は3日の理事会で、政策を現状維持としたものの、企業への融資促進に向けて6月に導入を決めた長期資金供給オペの詳細を発表したほか、必要に応じて量的緩和を行なう用意があるとの姿勢を改めて示しました。また、同日に米国で発表された6月の非農業部門雇用者数は前月比+28.8万人と、市場予想(+21.5万人)を大きく上回ったほか、失業率も前月比▲0.2ポイントの6.1%と、2008年9月以来

欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月26日欧州景気の回復とともに収益拡大が期待されるドイツ企業 昨今の株式市場では、先進国株式の好調さが目立っており、なかでも、ドイツの主要企業30社で構成されるDAX指数は、米国の主要株式指標と並んで過去最高値を更新しています。日米独の直近1年の騰落率でみても、良好なパフォーマンスとなっており、こうした好調な株価の背景には、輸出をはじめとしたドイツ経済の強さが挙げられます。欧州最大かつ世界第4位の経済規模を誇るドイツは、欧州諸

コモディティ・レポート (2013年11・12月)

I.コモディティ市況全般: 11月中旬にかけて下落後、上昇に転じるロイター・ジェフリーズCRB指数は、11月中旬にかけて下落していたが、その後は上昇してきている。供給増、ドル高、米国の量的緩和縮小観測などに伴う下落圧力が一巡した後は、世界景気の拡大観測などを背景に、ベースメタルや原油の市況が上昇に転じた。当面、金は下落しやすく、原油は上値を抑制されやすい一方で、世界景気の持ち直し基調を受けて銅などベースメタルは上昇しやすくなるだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は110ドル前後に持ち直し

世界景気インデックス「10月 世界は6ヵ月連続の『雨』 ― 欧州は2年ぶりに『嵐』止む」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。7月 世界は依然として雨ー英離脱でEUが足踏み7月の世界景気インデックスは前月比0.6低い▲6.8となった。天気は「雨」のままだった。中でも米国、EUなど先進諸国が振るわなかった。特にEUは生産や輸出入が落ち込み、前月から1.9ポイントの低下となった。6月下旬に英国がEUからの離脱を決めたため、取引を見合わせる動きが起きたものとみ

コモディティ・レポート (2013年4月)

I.コモディティ市況全般:4月中旬に下落傾向強まるコモディティ市況は4月に入って下落傾向となった。特に4月中旬は、金相場が急落し、他のコモディティも連動して下落傾向となった。各資源の供給増により、市況は下落材料に反応しやすくなっているが、今後も世界景気の回復や資源需要の増加は続くと見込まれ、コモディティ市況全体は横ばい圏の推移となろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は下落して100ドル前後2013年に入って、原油需要の増加観測が強まる局面があったが、足元では、世界景気が想定よりもやや下振れ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ