「世界経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「第21回世界CEO意識調査」日本調査結果

PwC Japan、「第21回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表 今後12カ月の成長への自信は回復するも、デジタル人材戦略など中期的な課題が明らかに以下は、日本のCEOに見られた主な傾向今後12カ月の世界経済の見通しおよび自社の成長に対する自信は、世界のCEOと同様に大幅に上昇自社の成長において重要な国は、米国、中国が上位を占め、両国への集中傾向が強まっている成長への施策としてM&Aを活用する日本のCEOが増加しているものの、依然として米国との差が大きいデジタル人材の獲得を懸念する

2018年3月8日富士通フィードバック数:0社会/政治

2018・2019年度経済見通し

2018・2019年度経済見通し2018年2月14日株式会社富士通総研2018・2019年度経済見通し-景気拡大はさらに持続-当社は、2017年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、米欧の金融政策正常化が進んでいきますが、それによって景気が腰折れするリスクは低いと考えられます。日本経済は、内外需とも回復の足取りはしっかりとしており、労働需給がさらに逼迫する中、賃上げが進んでいくと予想されます。2019年10月の消費税率引き上げも、景気を失速させ

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか? 本調査レポートは、2050年にかけての主要32カ国のGDPを予測した「The World in 2050」の最新版です。英国の国民投票におけるEU(欧州連合)離脱派の勝利や米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利など、世界の政治に何度も激震が走った1年を経て、2050年はおろか、2017年の経済予測を示すことすら大胆な試みに思えるかもしれません。しかし、経済や政治のサイクルにおける短期的な浮き沈みを越えて、

グローバル投資家調査

PwC、グローバル投資家調査を発表‐経済成長への投資家の信頼感は回復するも、企業行動が顧客の期待から乖離していることへの警鐘は止まず 世界経済の見通しを楽観視する投資家の割合は、この12カ月間で2倍以上に拡大2017年3月17日PwC Japanグループ※本プレスリリースは、PwCが2017年2月27日に発表したプレスリリースを翻訳し、文末にPwC Japanグループ代表のコメントを追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。PwCは、550名を超える世界

2017年2月23日オックスファムフィードバック数:0社会/政治

格差に関する2017年版報告書「99%のための経済」

オックスファムは、世界90カ国以上で貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動する国際協力団体です。格差に関する2017年版報告書を発表「99%のための経済」 2017/01/16 世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人に匹敵する資産を所有オックスファムは、1月17日から20日までスイスで開催される世界経済フォーラム(通称ダボス会議)に先がけて、格差問題に関する最新の報告書「99%のための経済(An Economy for the 99%)」を発表しました

トリップアドバイザーの世界経済への貢献

[トリップアドバイザー株式会社] ,

第19回世界CEO意識調査

PwC、「第19回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐地政学的脅威の高まりとともに、世界経済の成長に対するCEOの自信は低下 世界経済への自信が10ポイント低下地政学的な不確実性への懸念が急拡大主要な経済圏では売上への期待が低下90%は顧客やその他のステークホルダーからの期待に応えるべく、テクノロジーを利用する手段を変革2016年1月20日PwC Japan*本プレスリリースは、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催に合わせて、2016年1

2015年6月19日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2015年6月)

世界経済動向(2015年6月)

2015年6月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

世界経済の潮流  2015年 I

世界経済の潮流 2015年 I世界経済の潮流 2015年 I原油価格下落と世界経済~メリットとリスクの総点検~ PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-

世界経済・金融市場の見通し(2015年6月)

世界経済・金融市場の見通し(2015年6月) 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会COPYRIGHT © 2013 AllianceBernstein Japan Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.このサイトにある記事・写真および全てのデータに係る一切の知的財産権は、アライアンス・バーンスタイン株式会社に帰属します。

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

量的・質的金融緩和の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 量的・質的金融緩和の展望~効果、限界、リスクの検証~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 2015年4月に「量的・質的金融緩和」は導入から2年を迎えた。「2年で2%」が合言葉であった同政策にとって重要な節目となる。本稿では、量的・質的金融緩和の政策効果を検証するとともに、短期的・中長期的な課題について定性的・定量的に評価することを通じて、金融政策運営を展望したい。短期的な課題とし

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第185回日本経済予測「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~ :2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。今後の日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続すること、②米国向けを中心に輸

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は? ここから本文です日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 久後 翔太郎 サマリー◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。本稿では、最

2015年5月26日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2015年5月)

世界経済動向(2015年5月)

2015年5月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2015・16年度 内外経済見通し~世界経済は不安要素あるも、先進国中心に拡大へ~

[内外経済見通し]2015・16年度 内外経済見通し~世界経済は不安要素あるも、先進国中心に拡大へ~

2015年5月21日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)2015年5月20日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂) -賃金上昇を起点とした好循環へ-当社は、2015年1~3月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカの回復やユーロ圏の持ち直しにより、引き続き緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は賃金上昇によって消費が回復し、円安による国内への生産回帰が設備投資を刺激し、加えて輸

2015年5月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず

リサーチ TODAY2015 年 5 月 19 日米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYで米国が世界の金融市場での「浮き輪」となった結果、米国に運用難民の運用資金が流入しドル高になりやすいとした1。米国は一極集中のドル高になることへ不満の一面を示しつつある。4月16~17日に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議の声明文には、米金融政策の成否を左右しうる重要な一文が加わっている。それは、「金融市場の変動を監視し、必要な行動

2015年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年5月4日~) ~米主導の世界経済の強さは見えてくるのか~

Weekly Market Report(2015年5月4日~) ~米主導の世界経済の強さは見えてくるのか~

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月貿易統計貿易収支は2年9ヶ月ぶりの黒字 2015年4月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.5%と7ヶ月連続の増加となり、増加幅は前月(同+2.5%)から拡大した。また、輸入金額が同▲14.5%と大きく減少した結果、貿易収支は+2,293億円と2年9ヶ月ぶりの黒字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見

2015年4月19日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2015年4月)

世界経済動向(2015年4月)

世界経済・金融市場の見通し(2015年4月)

世界経済・金融市場の見通し(2015年4月) 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会COPYRIGHT © 2013 AllianceBernstein Japan Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.このサイトにある記事・写真および全てのデータに係る一切の知的財産権は、アライアンス・バーンスタイン株式会社に帰属します。

IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月15日IMFの世界経済見通し~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正 IMF(国際通貨基金)は4月14日に最新の世界経済見通しを発表し、2015年の世界の成長率予測を今年1月の見通しと同じ3.5%で維持したものの、米ドル高を中心とした為替相場の変動と原油安を受けて、世界経済は変化しつつあるとしました。2016年の世界の成長率予測については、新興国経済が好転するとの見込みを背景に3.8%に上方修正し、世界経済の成長は加速し

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年4月13日~) ~春以降の世界経済に明るさは見えるか~

Weekly Market Report(2015年4月13日~) ~春以降の世界経済に明るさは見えるか~

2015年3月28日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

OECD中間経済審査

Tokyo Centre › ニュースルーム › OECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めているOECDによると、石油価格の低迷と金融緩和により、世界経済は緩やかな回復を始めている2015年3月18日, パリ最新のOECD中間経済審査によると、石油価格の低迷と金融緩和が世界の主要経済の成長を引き起こしているものの、短期的な成長ペースは緩やかなままで、異常に低いインフレと利率が金融不安定のリスクを示しています。アメリカでは強い内需が成長を押し上げており、さらに

2015年3月22日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2015年3月)

世界経済動向(2015年3月)

2015年3月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~(2014年10~12月期GDP2次速報後改訂)

[内外経済見通し]2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~(2014年10~12月期GDP2次速報後改訂)

2015年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待~世界経済の不確実性が緩和~ ◆ギリシャのユーロ圏離脱というリスクが遠のいたことは、当面の世界経済、金融市場の不確実性の緩和に貢献している。ギリシャ支援の延長が問題の先送りにすぎないことは確かだが、今回の一連の交渉は、ギリシャ、EUともにギリシャのユーロ圏離脱回避に高いプライオリティを置いていることを示した。4月末、4か月後などのイベント

2015年2月24日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のレポートです。

原油価格下落の世界経済への影響について

原油価格下落の世界経済への影響について

2015年2月22日国際通貨研究所★フィードバック数:0社会/政治

原油価格と経済についてのレポートです。

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

2015年2月22日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2015年1月)

世界経済動向(2015年1月)

2015年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~

2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~

2015年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界経済の停滞のなか、日米は改善に

世界経済の停滞のなか、日米は改善に

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)解説資料

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2015年2月)解説資料デフレ脱却と財政再建、時間との戦い 今後10年の世界経済 p.3(近藤)今後10年の日本経済 p.13(小林)財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは p.29(溝端) この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要と

2015年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候や世界経済の弱さなどにより下振れ(15年1月ISM製造業景気指数) ~同時に製品価格の下落圧力の強まりを示唆~

米国 悪天候や世界経済の弱さなどにより下振れ(15年1月ISM製造業景気指数) ~同時に製品価格の下落圧力の強まりを示唆~

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2015年2月)デフレ脱却と財政再建、時間との戦い ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。物価上昇率は総じて緩やかに加速する見通しだが、日銀のインフレ目標の達成は困難である。短期金利はゼロに据え置かれ、量的な金融緩和も継続されると予測する。◆世界経済の平均成長率は3.3%

原油安の落とし穴

原油安の落とし穴 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 原油価格(WTI)は2014年夏頃までは1バレル=100ドル台で推移していたが、世界経済の減速懸念や産油国の供給過剰などを背景にその後急低下し、足もとでは40ドル台半ばとピーク時の半値以下となっている。原油価格の下落は日本経済全体で見れば、輸入物価の低下を通じて海外からの所得流

2015年1月27日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年12月)

世界経済動向(2014年12月)

IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月21日IMFの世界経済見通し~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速 IMF(国際通貨基金)は1月20日に最新の世界経済見通しを発表し、多くの国・地域での成長見通し悪化が、足元の原油価格下落による成長押し上げ効果を打ち消すとして、2015年の世界の成長率予測を3.5%に下方修正しました。2016年の世界の成長率予測についても3.7%と下方修正したものの、世界経済の成長は加速していく見通しとなっています。先進国の

世界経済の見通しです。

2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)

【プレスリリース】 2015/2016年世界経済見通し(2015年1月)~米国の利上げを乗り越えて緩やかに拡大する世界景気~ 2015年01月15日○2015年の世界の実質経済成長率は+3.5%に、続く16年は+3.3%になると予測した。世界の景気は2015年前半にかけて緩やかに加速するが、早ければ年中頃にも予想される米国の利上げを受けて、2015年後半以降は減速基調で推移するだろう。ただ金融市場は米国の利上げを概ね順調に消化するため、調整は軽微に留まり、世界経済の成長の腰折れは避けられよう。○

けいざい早わかり 2014年度第14号:2015年の世界経済

Q1.世界経済は先行きどのように推移しそうですか? Q2.米国の利上げは世界経済に悪影響を与えませんか? Q3.欧州はデフレに陥ってしまうのですか? Q4.中国景気は減速が進みますか? Q5.原油価格の下落は世界経済にどのような影響を与えますか?

2015年1月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

世界経済についてのレポートです。

10分でわかる経済の本質(特別編) 2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)

10分でわかる経済の本質(特別編)2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)~15年もディスインフレ傾向は根強いが、先進・新興国では小幅の成長加速 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2014年の世界経済の特徴は、①年後半の米ドル高・原油安と、②主要国でのディスインフレ傾向の強まりの2点であった。米ドル高は米国と日欧の金融政策の方向性の違いを、また、原油安は需給緩和見通しや米ドル高を、それぞれ反映したものだ。原油安は、欧

総選挙での与党圧勝でアベノミクス路線は継続~原油下落を引き起こした世界経済の先行き懸念も併存~

総選挙での与党圧勝でアベノミクス路線は継続~原油下落を引き起こした世界経済の先行き懸念も併存~

2014年12月29日丸紅★フィードバック数:0社会/政治

来年の見通しです。

2015年世界経済の見通し

2015年世界経済の見通し

2014年12月23日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年12月)

世界経済動向(2014年12月)

2014年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意~

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意~

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か 経済研究部 研究員 斉藤 誠世界経済のグローバル化が進む中、アジア新興国・地域の成長率は先進国を上回るパフォーマンスが続いている。しかし、一口にアジア新興国・地域といっても、1980年から平均約10%の高成長を遂げた中国、1990年代から高成長を遂げるようになったインド、アジア通貨危機後に成長が鈍化したASEAN4、既に安定成長期に入った韓国・台湾など国・地域

2014年12月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

原油安と資源国と新興国 ~近年の世界経済のけん引役の直面する環境には大きな差が生まれる~

原油安と資源国と新興国 ~近年の世界経済のけん引役の直面する環境には大きな差が生まれる~

けいざい早わかり 2014年度第12号:最近の原油価格の下落について

Q1.原油価格が大幅に下落していますね。Q2.なぜ、原油価格は下落しているのでしょうか?Q3.注目されていたOPEC総会では減産が見送られましたね。Q4.原油価格は、さらに下がるのでしょうか?Q5.原油価格の下落は、日本経済や世界経済にどのように影響しますか?Q6.原油価格の下落は、金融市場にどのように影響しますか?

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

新興国がもたつき、緩慢な回復にとどまる世界経済-貿易取引の停滞が新興国の成長を抑制

新興国がもたつき、緩慢な回復にとどまる世界経済-貿易取引の停滞が新興国の成長を抑制

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ