調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 世界経済予測

「世界経済予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

見通し改訂、下方修正ながら4~6月からは回復感も

リサーチ TODAY2015 年 5 月 22 日見通し改訂、下方修正ながら4~6月からは回復感も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。2015年の基本シナリオは、新興国の減速が続く中、先進国中心の回復となり、なかでも米国一国に期待が集中する米国機関車論を考えていた。また、日本も「トリプルメリット」で2015年にかけ見通しが予想以上に改善しやすいとした。年初からの動きを総括すれば、新興国は予想通り減速したが、米国が期待外

2015年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界経済の停滞のなか、日米は改善に

リサーチ TODAY2015 年 2 月 18 日世界経済の停滞のなか、日米は改善に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。昨年の見通しを振り返れば「期待外れ」が続き、日本経済は「我慢の局面」にあるとしてきた。すなわち、2014年4~6月期、7~9月期と2四半期連続のマイナス成長で日本経済は景気後退局面とされかねない状況だった。また、グローバルにも「長期停滞論」が根強く語られるなど、世界的な減速不安が原油価格の暴落につなが

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年8月15日[海外経済]先進国を中心に緩やかに回復◆米国経済:財政緊縮による下押しが薄れる中、民間需要が緩やかに拡大。2015年後半に利上げへ2014年:+2.1%(6月予測+2.2%)2015年:+2.9%(6月予測+2.9%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、バランスシート調整圧力が残る国も多く、低成長にとどまる見通し2014年:+0.8%(6月予測+1.0%)2015年:+1.2%(6月予測+1.3%)◆アジア経済:輸出を中心に景気は

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング

リサーチ TODAY2014 年 2 月 19 日四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創18日にみずほ総合研究所は四半期毎の内外経済見通し(2014年2月)を発表した1。昨年初来、シナリオ転換を行っている、その背景となったのは、米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回は2014年の米国の見通しを更に上方修正した。同時に、欧州については2012、2013年と連続した異例なマイナス成長から、2014年には1%まで回復するとした

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ