調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 世界経済成長率

「世界経済成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

どうすれば経済成長できるのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月25日パブリック・ポリシー・チーム 主席研究員(パブリックポリシーリサーチ担当) 鈴木 準米国経済は比較的堅調だが、国際機関による世界経済見通しの下方修正が相次ぐなど、世界的に経済成長率は当面停滞ぎみになるという予想が足下で増えている。米国の金融政策が新興国経済へどの程度影響するか注目されるが、米国経済の復調に伴う金融政策の正常化が、世界経済全体が悪くなる原因になるというのも本来妙な話で

2015年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~

2014・15・16年度 内外経済見通し∼世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大 ∼2015.2.17Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.見通しのポイント○ 新興国の成長鈍化や資源国の落ち込みはあるも、先進国の持ち直しが世界経済を下支え○ 昨年後半から原油価格急落。原油輸入国中心に景気押し上げ要因となる一方、資源国経済の不安定化やクレジットリスク高まりなどは世界経済にとって不安要素○ 原油価格下落は

2014年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意~

2014・15年度 内外経済見通し~ 原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意 ~2014.12.18Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.見通し概要 ~世界経済の回復シナリオは維持するも、下振れリスクが残存○ 2014年の世界経済成長率(みずほ総合研究所予測対象の国・地域加重平均ベース)は、+3.2%と概ね2013年並みだが、先進国を中心に回復ペースが強まり、2015年の世界経済成長率は+3.5%

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年8月15日[海外経済]先進国を中心に緩やかに回復◆米国経済:財政緊縮による下押しが薄れる中、民間需要が緩やかに拡大。2015年後半に利上げへ2014年:+2.1%(6月予測+2.2%)2015年:+2.9%(6月予測+2.9%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、バランスシート調整圧力が残る国も多く、低成長にとどまる見通し2014年:+0.8%(6月予測+1.0%)2015年:+1.2%(6月予測+1.3%)◆アジア経済:輸出を中心に景気は

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング

リサーチ TODAY2014 年 2 月 19 日四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創18日にみずほ総合研究所は四半期毎の内外経済見通し(2014年2月)を発表した1。昨年初来、シナリオ転換を行っている、その背景となったのは、米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回は2014年の米国の見通しを更に上方修正した。同時に、欧州については2012、2013年と連続した異例なマイナス成長から、2014年には1%まで回復するとした

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年8月14日2013年4∼6月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2013・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2013年:+1.4%(6月予測+1.6%)2014年:+2.2%(6月予測+2.2%)◆欧州経済:輸出主導で2013年後半の景気は緩やかに回復。201

2013年5月15日大和総研★フィードバック数:4社会/政治

今後30年の予測です。

超高齢日本の30年展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 超高齢日本の30年展望持続可能な社会保障システムを目指し挑戦する日本―未来への責任 ◆日本を長期展望すると、実質GDP成長率は2010年代1.5%、2020年代1.5%、2030年代1.0%と見込まれる。これはマンアワー生産性が2010年代1.7%、2020年代1.8%、2030年代2.0%の経済。先行き約30年間を均すと、名目賃金は2.5%程度、消費者物価は1.5%程度で上昇しよう。経常収支対GDP

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ