調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 世界金融危機

「世界金融危機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月6日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について年から「失職者プロジェクト」として、景気悪化等により離職を余儀なくされた者(失職者)が直面する長期失業や所得減少、不本意な条件での再就職のリスクについて調査分析を行い、失職者を支援するための主要な積極的労働市場政策を特定するとともに、その妥当性や効果を評価する取組を実施している。・日本報告書の公表にあわせ、同日、厚生労働省で公表イベントを開催。・今後、各国のレビューがまとまった後、国際比較を踏まえた総合報告書がまとめられる予定。OECD「失職者レビュ

2014年11月30日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

世界金融危機時における輸出急減と金融ショックの関係:「企業活動基本調査」を用いた実証分析

ノンテクニカルサマリー 世界金融危機時における輸出急減と金融ショックの関係:「企業活動基本調査」を用いた実証分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 国際マクロプログラム (第三期:2011~2015年度)「輸出

2014年9月23日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向

今週の指標 No.1105 アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向 ポイント2014年9月22日14年9月の連邦公開市場委員会(FOMC)において、労働市場の状況は、「総じてやや一層改善したものの、失業率はほとんど変化がなく、広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が著しいことを示唆している」と評価された。労働資源の未活用を示す指標の1つとしてイエレンFRB議長は経済的理由によるパートタイム労働者を挙げており、この改善の程度は利上げ開始時期に影響を及ぼすと考えられることから、注目されて

第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ-

第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ- | ニッセイ基礎研究所 第五次EU拡大から10年-滞る中東欧のキャッチ・アップ- 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年は、欧州連合(EU)が中東欧の8カ国と地中海の2カ国を新たな加盟国として迎え入れた第5次拡大から10年の節目の年である。加盟前から始まったEUへ

2013年11月25日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカの状況です。

アメリカ:賃金・報酬の動向

今週の指標 No.1083 アメリカ:賃金・報酬の動向 ポイント2013年11月25日13年7~9月期の雇用コスト指数は前年同期比+1.9%となった(図1)。雇用コスト指数は賃金・報酬と諸手当(注)から構成されているが、どちらも世界金融危機による雇用環境の悪化により伸び率が鈍化した。諸手当は世界金融危機後に減少していた労働時間が増加に転じたことを背景に伸び率が高まる局面も見られたが、賃金・報酬は09年7~9月期以降、おおむね横ばいで推移している(図2)。このことが物価上昇率を抑える一因となってい

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

世界金融危機下の日中米株式市場の比較分析

世界金融危機下の日中米株式市場の比較分析張艶(福岡女子大学)劉振涛(厦門大学)本論文では、世界金融危機が日本・中国・アメリカの株式市場に与えた影響に注目しながら、日中米の株価ボラティリティと連動性について分析するとともに、各国のマクロ経済変数(実体経済変数と金融政策変数)と株価ボラティリティの関係について分析した。EGARCH モデルの推定結果から、中国の株価変動は日本とアメリカに比べはるかに激しいが、2007 年の世界金融危機から受けた影響は、両国に比べ比較的小さかったことが分かった。また、中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ