調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 中国人民銀行

「中国人民銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともにほぼ横這いで推移した。5月は米国ドルが全面高の様相を呈していたが、その中で人民元(現物実勢)が下落しなかった背景には中国

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国・預金準備率引き下げの狙い~流動性供給の弱まりと景気下振れ懸念に対応~

みずほインサイトアジア2015 年 2 月 13 日中国・預金準備率引き下げの狙いアジア調査部中国室エコノミスト流動性供給の弱まりと景気下振れ懸念に対応03-3591-1367玉井芳野yoshino.tamai@mizuho-ri.co.jp○ 2015年2月4日、中国人民銀行は2月5日より金融機関の預金準備率を一律に0.5%Pt引き下げると発表。2012年5月以来、約2年9カ月ぶりの全面的な預金準備率引き下げに踏み切った○ 今回の預金準備率引き下げの目的は、①春節前の資金需要増加、②資金流出を

2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月25日2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行 中国人民銀行(中央銀行)は21日、2012年7月以来、約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、22日から、1年物貸出基準金利を従来より0.4ポイント低い5.6%、1年物預金基準金利を同0.25ポイント低い2.75%とすると中国金融市場の引け後に発表しました。21日の欧米では、ECB(欧州中央銀行)総裁が追加金融緩和に前向きな姿勢を示したこともあり、株価が上昇しました。そ

2014年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の人民元相場(対米国ドル)は基準値が下落する一方、現物実勢はやや上昇する展開となった。当初軟調だった現物実勢は、6日に中国人民銀行の介入と見られる元買い・ドル売りで急伸し

2014年2月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

人民元変動幅拡大=元高加速にあらず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 人民元変動幅拡大=元高加速にあらず今月の視点 中国人民銀行は2014年2月17日~18日に、2014年のクロスボーダー人民元業務に関する会議を開催し、①人民元のクロスボーダー使用を引き続き拡大させ、関連政策を整備する、②通貨スワップ協定の活用により、相互資金移動のツールを拡充する、③人民元による資本項目取引の推進を加速し、クロスボーダー資本移動の管理方式を確立する、④人民元レートの形成メカニズムを改善

中国のインターバンク市場の金利動向

http://www.nochuri.co.jp/今 月 の焦 点海外経済金融中 国 のインターバンク市 場 の金 利 動 向王 雷軒2013 年 6 月に中国の短期金利の急上昇を間物など 8 種類、計 16 種類とカテゴリが多受けて SHIBOR という短期金利の指標が注いといったことから、指標金利としての機目されている。本稿では、中国のインター能を果たしている。バンク市場の仕組みを紹介したうえで、最ただし、12 年に発表された SHIBOR の値近の短期金利の動向などについて述べてみ付け参照

中国経済:年後半にかけて7%台成長を維持

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融中 国 経 済 :年 後 半 にかけて 7%台 成 長 を維 持王 雷軒要旨消費が小幅改善したものの、輸出の低迷と固定資産投資の小幅減速によって、13 年 4∼6 月期の実質 GDP は前年比 7.5%と 1∼3 月期(同 7.7%)から小幅鈍化した。中国政府は構造改革を優先していることから、年後半にかけて景気加速が見込める状況にはない。一方、貸出金利の規制撤廃について、金利の全面的自由化に向けて一歩を踏み出したと評価できるが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ