「中国国内」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(3月・2016年度)

「チャイナリスク」関連倒産調査(3月・2016年度) 公開日付:2017.04.10 2016年度(4-3月)の「チャイナリスク」関連倒産は84件(前年度比30.5%減)、負債総額は574億6,600万円(同77.2%減)だった。上半期(4-9月)の45件(前年同期比19.6%減)に対し、下半期(10-3月)は39件(前年同期比40.0%減)で、後半にかけチャイナリスクによる日本企業の倒産は沈静化した。大型倒産が無く、負債は約8割減と大幅に減少した。3月は3件(前月比81.2%減)と大幅に減少し

2017年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(2月)

公開日付:2017.03.08 2月の「チャイナリスク」関連倒産は6件(前年同月比53.8%減)と、3カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は56億9,900万円(同11.8%増)だった。2016年4月~2017年2月累計は81件(前年同期比22.8%減、前年同期105件)と大幅に減少した。2016年度(4-3月)は、前年度の121件を下回るのは確実な情勢で、2016年末から沈静化が目立ってきた。なお、倒産に集計されないが事業停止や破産準備中などの「実質破綻」は、2月は1件発生した(前年同月は6

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(1月)

公開日付:2017.02.08 1月の「チャイナリスク」関連倒産は1件(前年同月比85.7%減)で、2014年1月に集計を開始以来、2014年2月、同12月と並び最少になった。負債総額は7億円(同86.4%減)。倒産としては集計対象外の事業停止、破産準備中などの「実質破綻」は4件発生(前年同月3件)した。今後、こうした企業が倒産に集計される可能性もあり、2月以降のチャイナリスク関連倒産の推移が注目される。「チャイナリスク」関連の集計基準「チャイナリスク」関連の経営破綻は、破綻の原因が次の8項目の

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(12月、2016年)

「チャイナリスク」関連倒産調査(12月、2016年) 公開日付:2017.01.13 2016年の「チャイナリスク」関連倒産は110件(前年比8.9%増)で、集計を開始した2014年以降で最多となった。3月に単月として最多となる16件を記録し、11月も13件発生するなど1年を通してチャイナリスクが国内企業を翻弄した。負債総額は718億4,300万円(同69.9%減)だった。2015年は9月に第一中央汽船(株)(東京都、民事再生)が1,196億700万円の負債を抱えて倒産したが、2016年は負債1

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(11月)

公開日付:2016.12.08 11月の「チャイナリスク」関連倒産は13件(前年同月比116.6%増)で、前年同月から倍増した。負債総額も69億6,200万円(同321.1%増)と、大幅に増加した。2016年1-11月累計は103件で、2015年の年間件数101件をすでに上回った。本調査を開始した2014年以降で最多だった2015年を上回り、最多記録の更新を続けている。1-11月累計の負債総額は698億1,400万円(前年同期比69.7%減)にとどまった。2015年9月に第一中央汽船(株)(TS

2016年10月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(9月)

公開日付:2016.10.11 9月の「チャイナリスク」関連倒産は8件(前年同月比42.8%減)で、4カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は23億8,800万円(同98.0%減)と大幅に減少した。これは前年に第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東京都、東証1部)が負債1,196億700万円を抱え東京地裁へ民事再生法の適用を申請した反動。2016年1-9月累計は81件で前年同期の72件(12.5%増)を上回っている。要因別では、「コスト高」が51件(前年同期38件)と大半を

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(4月)

公開日付:2016.05.12 4月の「チャイナリスク」関連倒産は7件、負債総額は15億1,700万円で、件数・負債ともに前年同月を下回った。前年に負債総額711億円を抱え東京地裁に民事再生法を申請した江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、法人番号:6210001000419、福井県)の大型倒産があった反動で、負債は大幅に減少した。2016年1月-4月の累計件数は42件に達し、前年同期27件から1.5倍増(55.5%増)となった。42件を業種別でみると、アパレ

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「チャイナリスク」関連倒産調査

公開日付:2016.01.13 2015年の「チャイナリスク」関連倒産は76件だった。前年(2014年)の46件から1.6倍増となった。負債総額は2,346億2,800万円で、4月に江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、福井県、民事再生、売掛金等回収難)が711億円、9月に第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東京都、民事再生、中国景気減速)が1,196億700万円の負債を抱えて倒産した影響により、前年の203億200万円から11.5倍と大

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査(11月)

公開日付:2015.12.08 11月の「チャイナリスク」関連倒産は4件だった。2015年1-11月の累計件数は67件となり前年同期の45件から約5割(48.8%)増加した。累計の業種別では、「繊維・衣服等卸売業」が19件、「なめし革・同製品・毛皮製造業」が4件、「繊維工業」3件、「繊維・衣服・身の回り品小売業」が2件だった。これらアパレル関連業種は合計28件となり、全体の4割(41.7%)を超えている。チャイナリスクは、アパレル関連の業種を直撃している。11月の負債総額は13億4,300万円で

現状や影響を確認しつつ、対策をまとめています。

中国地域における生産拠点の海外シフトの影響に関する調査

中国地域における生産拠点の海外シフトの影響に関する調査報告書平成26年3月公益財団法人 ちゅうごく産業創造センター巻頭言域内中小企業を取り巻く環境は、海外経済の持ち直しと円安効果が相まって、輸出や生産活動が緩やかに回復しつつあるものの、国内消費の先行き、原材料価格・燃料コストの上昇、人材不足・育成難の懸念等、依然として厳しい状況にあります。さらに、世界的な経済のグローバル化の流れの中、激しい国際競争に晒されるとともに、主要取引先である大企業を中心とした海外進出が加速しており、中小企業に対する発注

2013年11月2日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル海外

株式会社インテリジェンス 中国法人、2013年9月の新規求人数

メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置 株式会社インテリジェンス中国法人、9月の新規求人数を発表前年比3.7%プラス 東南アジア進出企業の増加、国内物流活況で、「物流」の求人増 2013年10月29日総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、中国法人の転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。2013年9 月の結果がまとまりましたので、発表いたします。全体概要 - 9 月は617件

2013年8月8日野村資本市場研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国国内の2011年引受ランキングと証券業界改革の始動

中国国内の2011年引受ランキングと証券業界改革の始動

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ