「中国市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0エンタテインメント海外

アジア最大の映画市場となった中国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年6月18日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 横山 幹郎中国で5月28日、「STAND BY ME ドラえもん(中国語名:哆啦A梦 伴我同行)」が中国全土の一般映画館で上映される日本映画として約3年ぶりに公開され、封切り当初より非常に人気を得ているという記事が目に付いた。ドラえもんは、中国では90年代よりテレビ・アニメとして放映され、80年代生まれ(80后)以降の人たちにとっては幼

2015年6月5日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業の新興国メーカー開拓戦略─中国自動車メーカーとの取引を実現した日系中小自動車部品メーカーの戦略と課題─

論 文中小企業の新興国メーカー開拓戦略─中国自動車メーカーとの取引を実現した日系中小自動車部品メーカーの戦略と課題─日本政策金融公庫総合研究所主席研究員丹 下 英 明要 旨本稿の目的は、新興国メーカーを開拓する日系中小製造業者の戦略を明らかにすることである。そのために、中国の地場自動車メーカーに部品を供給する日系中小自動車部品メーカーの事例を採り上げる。新興国市場を開拓する際、先進国企業は、市場条件や経営資源において、先進国市場とは異なる「非連続性」に直面するとされる。だが、そうした新興国市場に

中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落

情報通信の最新トレンドをわかりやすく解説するICR - 情報通信総合研究所 TOPITトレンド全般中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落中国スマートフォン市場、2015年第1四半期は過去6年初の前年割れ:Appleの復活とサムスンの凋落 調査会社IDCが2015年5月11日、2015年第1四半期(1~3月)における中国スマートフォン市場の調査結果を発表した(※1)。それによると2015年第1四半期の出荷台数は前年比4.3%減の9

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

イノベーションによる成長を目指す中国― 担い手となる民営企業 ―

中国経済新論:実事求是 イノベーションによる成長を目指す中国 ― 担い手となる民営企業 ― 中国は、1970年代末に改革開放に転換してから、豊富な労働力を反映した低賃金を梃に、急速な発展を遂げ、「世界の工場」となった。しかし、ここに来て労働力不足が顕著になるにつれて、中国は低コストという優位性を失いつつあり、高成長を維持していくために、イノベーションに頼らざるを得なくなってきた。これまで、イノベーションは政府主導で行われてきたが、市場経済化が進むにつれて、IT産業を中心に一部の民営企業もその担い

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国市場の動向について

中国市場の動向について

2014年9月26日Ipsos★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の自動車部品産業についてのレポートです。

2019年までに倍増する中国の自動車部品市場、偽造の危険性が増加

トップ>2019 年までに倍増する中国の自動車部品市場、偽造の危険性が増加 2019 年までに倍増する中国の自動車部品市場、偽造の危険性が増加2014. 9 No.39イプソス・ビジネスコンサルティングは、成長著しい中国の自動車部品市場に偽造品がもたらすリスクに焦点を当てた、新しい調査レポート『中国の自動車部品製造産業の動向』を発表しました。 今後5年間で規模の倍増が見込まれる自動車部品市場で、成長につれて増加する偽造による脅威を軽減するために、自動車部品メーカーが早急に改善しなくてはなら

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

調査報告書 13-02中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因平成 26(2014)年 3 月公益財団法人国際東アジア研究センターまえがき「改革・開放」以降の過去30数年間に,中国の投資環境には,様々な変化が起きた。こうした変化に伴って,中国に進出する日系企業の立地戦略(即ち立地選択行動)はどのように変化してきたのか?これに対して,日中両国からの関心は非常に高い。本報告書は,公益財団法人国際東アジア研究センター(ICSEAD)の研究プロジェクト「中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備我が国電機・電子企業が抱える経営課題及び今後の方向性に関する調査研究調査研究報告書

平成24年我が国情報経済社会における基盤整備我が国電機・電子企業が抱える経営課題 及び今後の方向性に関する調査研究調査研究報告書 平成25年3月0/●1目次I. 我が国電機・電子企業を巡る現状の分析………………………………………………………………..41. 主要製品別市場分析……………………………………………………………………………………….51.1 液晶テレビ…………………………………………………………………………………………………….....6 1.2 携帯電話………………………………………

2011年8月26日矢野経済研究所フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

世界の監視カメラ市場に関する調査結果 2011~2010年747万台に回復、急成長の中国市場が世界を牽引~

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ