「中国政府」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度やりすぎれば低効率の投資と無駄な借金が増加 ◆景気下支えを目的に、中国政府はインフラ投資や民生改善のための投資を一段と加速させようとしている。国家発展改革委員会によると、2011年~2014年合計の軌道交通向けの投資額は8,600億元(年平均2,150億元)だったが、2015年は3,000億元以上を投じるという。6月17日に開催された国務院常務会議では、今後3年

カレント・トピックスNo.15-27 中国の環境規制が鉛バッテリーセクターに及ぼす影響

中国の環境規制が鉛バッテリーセクターに及ぼす影響  2015 年4月22日、ポルトガル・リスボンにおいて国際鉛亜鉛研究会 (ILZSG)※の春季定期会合が開催され、本会合の中で、中国の鉛バッテリーの最大生産地である浙江省の浙江大学の林由公共管理学院教授が中国における鉛バッテリーセクターへの環境規制の現状について報告を行った。中国では2015年1月に新環境法が施行されており、中国の環境規制がどのように行われたのか、中国の需給動向を踏まえながら林教授の講演内容を本稿で紹介することとしたい。なお、I

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

報告書世界主要国の直接投資統計集︵2014年版︶ITI 調査研究シリーズNo.7平成26年度   世界経済の新潮流となった〝走出去〟(中国の対外展開)の現状とその行方報告書. 別編Ⅱ 国2015年7月国際貿易投資研究所(ITI)一般財団法人 国際貿易投資研究所一般財団法人2015 年 2 月一般財団法人国際貿易投資研究所(ITI)INSTITUTE FOR INTERNATIONAL TRADE AND INVESTMENT(平成26年度(一財)貿易・産業振興協力財団 助成事業)はしがき中国の走

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:高まる景気下振れリスクへの対応

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:高まる景気下振れリスクへの対応李克強首相はより強力な政策の用意を示唆 ◆国家発展改革委員会の「2014年の国民経済・社会発展計画の執行状況と2015年の国民経済・社会発展計画」によると、2015年の固定資産投資目標は前年比15.0%増と、2014年実績である同15.7%増を下回る想定である。一方、小売売上は2014年実績の同12.0%増⇒2015年目標は同13.0%増へと伸びの加速が計画されてい

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

みずほインサイトアジア2015 年 1 月 28 日2015 年の中国のマクロ経済運営アジア調査部中国室長景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導03-3591-1378伊藤信悟shingo.ito@mizuho-ri.co.jp○ 2014年の中国の実質GDP成長率は前年比+7.4%。中国政府は、財政・金融政策による景気下支えを図りつつ、「+7.5%前後」という成長率目標を達成することに成功した○ 2015年の成長率目標は、過剰生産能力の調整のための投資抑制が必要なことなどから、「+7

2014年12月25日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府の調査です。

尖閣諸島に関する世論調査

「尖閣諸島に関する世論調査」の概要平成 26 年 12 月 25 日内閣府政府広報室調査概要調 査 対 象全国 20 歳以上の日本国籍を有する者 3,000 人有効回収数(率)1,826 人(60.9%)調 査 時 期平成 26 年 11 月 13 日~11 月 23 日調 査 方 法調査員による個別面接聴取調査目的尖閣諸島に関する国民の意識を調査し,今後の施策の参考とする。調査項目1 国家の要素の認知2 尖閣諸島の認知3 尖閣諸島に関して知っていたこと4 尖閣諸島の認知経路5 尖閣諸島に対する

中国の景気減速と経済改革について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月30日21日に発表された中国の7-9月期の国内総生産(GDP)の成長率は前年同期比+7.3%と、 1-3月期の+7.4%や4-6月期の+7.5%を下回り、5年半ぶりの低い水準となりました。今年の年間成長率はおそらく+7.5%を下回ると見られるものの、政府の目標は+7.5%程度となっているほか、中国政府は高めの成長率を維持するより、過剰投資によって膨張した地方政府などの債務を抑制し、投資から消費主導への経済改革を政策運営の重点

中国保険市場の最新動向(9)目指せ、世界第2位の市場-新たな10の指針-

中国保険市場の最新動向(9)-中国政府が新たな10の指針を発表 | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(9)-中国政府が新たな10の指針を発表 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の保険事業は大きく分けて‘2つの指針’に基づいている。1つは国務院が保険事業の発展の方向性や大きな枠組みを10項目で示した ‘国10条’と

2014年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN5ヵ国の経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ASEAN5ヵ国の経済見通し2015年には再加速する見込み ◆インドネシアの1-3月期のGDP成長率は2009年7-9月期以降で最も低い水準となった。大きな原因は、輸出が未加工鉱石の輸出禁止令の反動で大きく減速したことである。今後は6%程度の成長に回帰すると予想される。民間消費は2013年に燃料価格および政策金利の大幅引き上げや失業率の悪化など逆風が吹いたものの堅調であったことから、今後も安定して成長

2014年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「小城鎮」重視の中国都市化政策~狙いは農村地域の所得向上や生活改善~

みずほインサイトアジア2014 年 2 月 6 日「小城鎮」重視の中国都市化政策アジア調査部中国室研究員狙いは農村地域の所得向上や生活改善03-3591-1384劉家敏jiamin.liu@mizuho-ri.co.jp○ 中国政府が本格実施の構えをみせている新たな都市化政策では、工商業が比較的発達した農村地域の末端行政区画である「建制鎮」を中心とする「小城鎮」の発展が重視される予定○ 現地に合った多様な発展モデルの採用、「小城鎮」内での都市・農村戸籍の統合とそれによる域内住民への公共サービス提

2013年10月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:世界第3位に浮上した中国の対外投資

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日NO.2013-16世界第 3 位に浮上した中国の対外投資【要旨】— 中国が国家的な海外進出戦略の下で対外直接投資を本格化させたのは 2000年代後半以降のことであるが、2012 年には早くも世界第 3 位の投資国に浮上した。リーマンショック後のグローバル経済・金融危機以前から、大規模な援助を含む活発な資源外交と国有大企業の豊富な資金力を強みとする資源確保のための投資は多かった。加えて、危機後は、中国企業が危機に伴い業績を悪化させた欧米企業の買収を

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)調査報告書

平成 23 年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)報告書平成 24 年 3 月経済産業省資源エネルギー庁(委託先:一般財団法人日中経済協会)目次第 1 章 事業の目的と報告の趣旨.................................................. 1第 2 章 提言 ................................................................... 22-1 提言 ..

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(モンゴルにおける鉱物資源エネルギー分野への日本企業の海外進出事業環境整備に係る調査及び多角的分析報告書)

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業モンゴルにおける鉱物資源エネルギー分野への日本企業の海外進出事業環境整備に係る調査及び多角的分析報告書2012 年 3 月(財)日本エネルギー経済研究所目次目次...........................................................................................................................................

2013年6月24日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:目先の成長よりも構造改革を優先

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:目先の成長よりも構造改革を優先中国出張報告 ◆6月第1週に、中国の北京・天津で現地の政府系シンクタンクや日系企業などを訪問する機会を得た。以下ではそこで得られた知見を踏まえ、中国経済の現状と政府の対応、そして今後の見通しについて報告する。◆習近平総書記が打ち出した倹約令が消費にもたらす影響について、現地のヒアリングでは、地方政府が開催する投資プロジェクトの説明会後に設けられていた宴席がなくなった

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ