「中国景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「チャイナリスク」関連倒産調査

公開日付:2016.04.08 2015年度(2015年4月-2016年3月)の「チャイナリスク」関連倒産は120件(前年度比90.4%増)で、2014年度のほぼ2倍増と急増した。負債総額は2,517億700万円(同764.1%増)と8.6倍増へ膨らんだ。4月の江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、法人番号: 6210001000419、福井県、負債711億円)、9月の第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、法人番号: 20100011139

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期、年率2.2%成長を予測 −「政治の不安定化」、景気に影響も−■2017年8月調査を公表しました(2017年8月9日)民間エコノミストが見込む4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月の年率1.9%から同2.2%に上方修正となった。1〜3月期に比べ、消費や設備投資、政府支出などの内需の寄与度が高まる見通し。輸出の増勢が鈍化しており、外需が中心だった景気上昇に内需主導の芽が見える。向こう半年から1年先にかけて景気のリスクとなる要因を聞いたところ、2カ月前と

けいざい早わかり 2014年度第14号:2015年の世界経済

Q1.世界経済は先行きどのように推移しそうですか? Q2.米国の利上げは世界経済に悪影響を与えませんか? Q3.欧州はデフレに陥ってしまうのですか? Q4.中国景気は減速が進みますか? Q5.原油価格の下落は世界経済にどのような影響を与えますか?

2014年10月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の不透明感は依然払拭出来ず ~外需主導で底入れの動きも、欧州景気や不動産市況などにリスク~

中国景気の不透明感は依然払拭出来ず ~外需主導で底入れの動きも、欧州景気や不動産市況などにリスク~

けいざい早わかり 2014年度第7号:世界経済の現状と先行き

Q1.米国の成長率が大幅なマイナスになったそうですが Q2.欧州景気の持ち直しが少し鈍っていませんか? Q3.中国景気はまだ減速しますか? Q4.世界景気は回復を続けますか? Q5.世界景気が下振れするリスクはありませんか?

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

2015年までの見通しです。

2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)

【プレスリリース】 2014/2015年世界経済見通し(2014年1月)~世界景気は力強さに欠けた緩慢な回復にとどまる~ 2014年01月15日○2013年の世界経済の実質成長率は+3.4%と12年(+3.2%)から持ち直した模様である。年間を通して欧州の債務問題が小康状態を保つ中で、年前半は中国の景気減速が、年後半は米国の政策不透明感が世界経済のリスク要因となった。先行き2年の世界経済の成長率は2014年が+3.7%に、続く15年が+3.9%になると予測する。世界の景気の増勢は緩やかな加速にと

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の回復期待は本物か ~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~

中国景気の回復期待は本物か ~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の足取りは予想以上に弱い展開が続いている ~緩やかな景気拡大は続いているが、足取りの重さは依然変わらず~

中国景気の足取りは予想以上に弱い展開が続いている ~緩やかな景気拡大は続いているが、足取りの重さは依然変わらず~

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気はしばらく足踏みを続けよう(Asia Weekly (4/29~5/2)) ~インドでは内需の鈍化が景気の重石になっている~

中国景気はしばらく足踏みを続けよう(Asia Weekly (4/29~5/2)) ~インドでは内需の鈍化が景気の重石になっている~

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気は「足踏み」の様相を強める(Asia Weekly (4/22~4/26)) ~豪州とNZの金融政策の動向は為替相場の方向感に影響~

中国景気は「足踏み」の様相を強める(Asia Weekly (4/22~4/26)) ~豪州とNZの金融政策の動向は為替相場の方向感に影響~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ