「中国本土」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東京でのオフショア人民元建て債券市場の創設・育成に向けた課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東京でのオフショア人民元建て債券市場の創設・育成に向けた課題香港、ロンドン、シンガポールの比較を基に ◆2014年11月に行われた日中財務相会談を機に、我が国政府により東京における人民元ビジネスの拡大に向けた道筋が模索されている。報道によれば、具体的な施策として東京でのオフショア人民元建て債券の発行が検討されている。本レポートでは、香港・ロンドン・シンガポールのオフショア人民元建て債券市場の現状を比較

上海・香港間の株式相互取引「直通車」がいよいよ開通へ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月12日上海・香港間の株式相互取引「直通車」がいよいよ開通へ 11月10日、中国と香港の証券監督当局は、上海・香港間での株式相互取引(通称「直通車」などと呼ばれます)を11月17日から開始することを正式に発表しました。同取引は、今年4月にテスト実施が当局によって認められ、その後、半年をかけて準備が進められてきました。これまで、中国本土の投資家は、QDII(適格国内機関投資家)を通じて域外への投資が、香港を含む海外の投資家はQ

資本市場の開放により底上げが期待される中国株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月10日資本市場の開放により底上げが期待される中国株式市場 中国では、中国本土の上海と深セン、および香港に3つの株式市場が存在し、それぞれ投資が認められている投資家や上場企業などに違いがあります。上海市場と深セン市場では、中国本土で登記される中国企業が上場しており、その株式にはA株とB株があります。A株の取引は、中国本土内の投資家、および特定の条件を満たした国外機関投資家に限られており、現在、海外の一般投資家による取引は認めら

日本旅行についての調査です。

中国本土、香港、台湾の旅行に関する意識・動向調査

[トラベルズー・ジャパン株式会社] ,旅行 富士山 香港 インバウンド 日本旅行 中国 台湾 訪日旅行客

2012年12月6日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資

沖縄の入域観光客数にみられる尖閣諸島をめぐる状況変化の影響

今週の指標 No.1053 沖縄の入域観光客数にみられる尖閣諸島をめぐる状況変化の影響ポイント2012年12月4日 沖縄県の入域観光客数は、2012年7月に中国本土や台湾からの観光客の増加を背景に前々年比1.4%増(注)となり、その後、8月、9月には台風の接近により一旦減少した。10月には9月に発生した尖閣諸島をめぐる状況変化の影響により中国本土や香港からの観光客は減少したものの、入域観光客の約9割を占める国内観光客数が、格安航空会社就航(7月)の効果もあって増加し、全体では前々年比4.0%増と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ