「中国経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年度の業績見通しに関する企業の意識調査

2016/4/142016年度の業績見通しに関する企業の意識調査4社に1社が「増収増益」も、個人消費や中国経済への懸念強まる〜 アベノミクスへの企業の評価は60点、1年前より3.9ポイント低下 〜はじめに国内景気は、公共工事の減少が地域経済を悪化させる要因となっているほか、中国経済や資源国経済の低迷による金融市場の混乱で企業や家計のマインドを萎縮させるなど、全国的に悪化している。また、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、景気動向は地域や業界、規模によって業

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「円安」関連倒産 2015年累計は151件

公開日付:2016.01.13 2015年のドル円相場は、6月に東京外国為替市場で2002年12月以来12年半ぶりに一時、1ドル=125円台をつけて円安が進行した。その後は一服をみせたが、8月に入って中国経済の減速懸念から金融市場が動揺し、ニューヨーク外国為替市場では1ドル=116円台まで円が一転して急上昇するなど不安定さを強めた。12月のドル円相場は、後半からは狭いレンジで推移し、概ね1ドル=120円台で推移して1年を終えた。2015年12月の「円安」関連倒産は8件(前年同月22件)にとどまり

2015年10月19日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年9月 転職求人倍率

 メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置 転職サービス「DODA(デューダ)」調べ2015年9月 転職求人倍率 1.21倍求人数は10カ月連続で過去最高 中国経済減速や派遣法改正の影響見られず 2015年10月19日株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2015年9月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表しましたのでお知らせします。

2015年10月15日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

中国の成長鈍化に対する企業の影響調査

2015/10/15中国の成長鈍化に対する企業の影響調査中国の成長鈍化、企業の25.4%が業績に「悪影響」〜 日本企業は中国との経済活動で7つのリスクに直面 〜はじめに中国経済との相互依存関係が深まっている状況において、日中関係の改善に向けた動きは経済取引をより円滑にすると見込まれている。一方で、中国の経済成長が徐々に低下するなか、8月の上海株式市場の急落や為替市場における人民元の基準値切り下げにみられたように、日本経済に与える影響も懸念されている。そこで、帝国データバンクは、中国の成長鈍化が企

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

編集部からのお知らせZDNet Japanはモバイル対応しました 中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く ZDNet Japan Staff 2015年08月28日 11時02分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 8月27日の日経平均は、197円高の1万8574円だった。上がったとはいっても、まだエンジン全開には、ほど遠い状態だ。午前9時10分に433円高の1万8810円をつけた後は、尻すぼみで上昇幅を縮小してい

2015年6月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化

中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:4-6月期成長率(予想)~工業部門の不振を背景に6.8%へ鈍化 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国経済を供給面から見ると、4-5月期の工業生産は第1四半期(1-3月期)の伸びを大幅に下回っている。但し、足元では工業生

中国経済:15年5月の住宅価格~2ヵ月連続上昇、深セン市は前月比6.7%上昇

中国経済:15年5月の住宅価格~2ヵ月連続上昇、深セン市は前月比6.7%上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年5月の住宅価格~2ヵ月連続上昇、深セン市は前月比6.7%上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎○ 6月18日、中国国家統計局は2015年5月の住宅販売価格変動状況を発表、中国国家統計局の解説では「初歩的測定では、5月の70都市新築商品住宅価格の前月比総合平均は先月より0.7ポイント拡大した」としており、4月に続き2ヵ月連続で上昇した模様である。○ 例年6月は住宅販売が好調な

図表でみる中国経済(所得水準編)

図表でみる中国経済(所得水準編) | ニッセイ基礎研究所 図表でみる中国経済(所得水準編) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて素人にも分かり易く解説し、理解を深めていただくことを趣旨

2015年6月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第3回 中国進出企業の実態調査

2015/6/8第3回 中国進出企業の実態調査中国進出の日本企業は1万3200社〜 円安や中国経済減速で前回調査から1200社減少 〜はじめに6月3日、LIXILグループ(東証1部上場)は、中国で事業を展開する連結子会社の破産に伴い、最大662億円の損失が発生する可能性があると発表した。中国経済の急減速をきっかけに中国進出企業の損失などが目立ちはじめた。改めて「チャイナリスク」が意識されるようになり、中国へ進出する日本企業への影響が注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報

2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年6月号

今月の視点政策は「根拠」で鍛えられる─ 米国の格差対策に投じられた一石 ─みずほ総合研究所 欧米調査部 部長 安井明彦経済見通し世界経済は不安要素あるも、先進国中心に拡大へ─ 日本経済は「トリプルメリット」が追い風に ─米国経済ドル高下の米国雇用の行方─ ドル高の影響は、通年で見れば限定的 ─アジア動向中韓FTAによる日本の対中輸出への影響─ 短期的影響は限定的 ─政策動向地方における中小企業需要創生─ 広がりを持った経済再生への地域資源の活用強化 ─今月のキーワード機能性表示食品制度今月の視点

中国経済見通し~15年は7.0%、16年は6.8%、“3つの景気下押し要因”には注意!

中国経済見通し~15年は7.0%、16年は6.8%、“3つの景気下押し要因”には注意! | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~15年は7.0%、16年は6.8%、“3つの景気下押し要因”には注意! 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の15年1-3月期の国内総生産(GDP)は実質で前年同期比7.0%増となり、14年通期の前

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 反動増は起きているが悪天候などの一時的要因からの回復はまちまち 2015年5月22日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、想定通り、事実上のゼロ金利政策が維持された。声明文と同会合の議事録からは、FOMC参加者は、1-3月期の経済の軟調さを認め、先行きの不透明感が増したことを懸念している。◆FOMC議事録では、やや長期的

中国経済の簡単なまとめです。

図表でみる中国経済(経済規模編)

図表でみる中国経済(経済規模編) | ニッセイ基礎研究所 図表でみる中国経済(経済規模編) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて素人にも分かり易く解説し、理解を深めていただくことを趣旨

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月18日、中国国家統計局は2015年4月の住宅販売価格変動状況を発表、中国国家統計局の解説では「初歩的測定で

2015年の中国経済は7%前後の成長へ

2015年の中国経済は7%前後の成長へ

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果

中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年3月の景気評価点~景気失速リスクの高まりを示唆する結果 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局は15年1-3月期の国内総生産(GDP)を発表した。実質成長率は前年同期比7.0%増(前期比1.3%増)と、14

中国経済:2015年3月の住宅価格~11ヵ月連続下落、4月も下落なら追加利下げか

中国経済:2015年3月の住宅価格~11ヵ月連続下落、4月も下落なら追加利下げか | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2015年3月の住宅価格~11ヵ月連続下落、4月も下落なら追加利下げか 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎○ 4月18日、中国国家統計局は2015年3月の住宅販売価格変動状況を発表、新築商品住宅の販売価格は2014年4月をピークに11ヵ月連続で下落した。但し、3月は70都市平均で前月比▲0.17%(当研究所の試算)と、2月(同▲0.46%)よりも下落率が縮小した。○ 最高値から

2015年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

実は見た目以上に厳しい中国経済 ~1Q成長率は前期比年率+5%強に低迷、追加対策は不可避の状況~

2015年4月7日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治海外

『新常態』下の中国経済

『新常態』下の中国経済講演内容引用禁止孟 健軍 (RIETI客員研究員/清華大学公共管理学院産業発展与環境ガバナンス研究センター (CIDEG) シニアフェロー) 関 志雄 (RIETIコンサルティングフェロー/株式会社野村資本市場研究所シニアフェロー) 岩永 正嗣 (経済産業省通商政策局北東アジア課長) 2014年のGDP速報値では63兆6463億人民元(約10.4兆米ドル、約1221兆日本円)に達した。しかし、中国政府の経済政策運営は、政府主導から市場主導への経済構造改革を目標としたため、雇

経済対策を受けて中国経済は緩やかな回復へ~ただし、景気下押し圧力は依然根強い~

経済対策を受けて中国経済は緩やかな回復へ~ただし、景気下押し圧力は依然根強い~

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目

中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:15年1-3月期成長率(予想)~7%を割れるかが焦点、特に第3次産業の成長率には要注目 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 直近の中国経済を供給面から見ると、製造業を中心とした第2次産業が弱いため景

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域の10-12月期の成長率は前年同期比+5.8%と、前期の同+6.0%から鈍化した。直近3年平均の成長率が5.3%であるこ

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国では原油安でも景気減速が続く2つの理由

リサーチ TODAY2015 年 3 月 20 日中国では原油安でも景気減速が続く2つの理由常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創世界的な原油価格の下落は原油純輸入国である中国経済にプラスの影響をもたらすが、その恩恵を弱める要因が存在する。みずほ総合研究所は、原油価格下落の中国経済への影響に関するリポートを発表している1。ここで恩恵を弱める2つの要因とは、①エネルギー集約度の高い産業における過剰生産能力の問題、②自動車販売や住宅関連消費の伸び悩みである。原油価格の下落は、理屈上は「投入コスト

中国経済:2015年2月の住宅価格~10ヵ月連続下落、最高値からの下落率7%弱

中国経済:2015年2月の住宅価格~10ヵ月連続下落、最高値からの下落率7%弱 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2015年2月の住宅価格~10ヵ月連続下落、最高値からの下落率7%弱 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月18日、中国国家統計局は2015年2月の住宅販売価格変動状況を発表、新築商品住宅の販売価格は2014年

2015年3月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 「新常態」への移行を進める中国-改革の現状分析とリスク展望】都市化政策と戸籍制度改革は中国経済を救うか-着地点のみえない改革の行方

【特集 「新常態」への移行を進める中国-改革の現状分析とリスク展望】都市化政策と戸籍制度改革は中国経済を救うか-着地点のみえない改革の行方

2015年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

2015年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州景気の勢いの乏しさが一段と鮮明に ~準備銀は追加利下げの意欲を示し、豪ドル相場の重石は続く~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州景気の勢いの乏しさが一段と鮮明に~準備銀は追加利下げの意欲を示し、豪ドル相場の重石は続く~発表日:2015年3月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済の減速などを背景とする資源価格の下落は豪州経済にとり、交易条件の悪化を通じて景気の重石となっている。10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.22%とやや加速したが、依然として潜在成長率を下回る伸びに留まるな

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では14年の国内総生産(GDP)が63兆6463億元と日本の2倍を超えてきた。14年の実質成長率は前年比7.4%増

2015年2月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料

2015年2月24日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済についてのレポートです。

中国経済研究報告書(平成26年度)

研究レポート2015/02/23中国経済研究報告書(平成26年度)北浦修敏主任研究員・豊田裕主任研究員・松崎みゆき主任研究員・安田啓研究員による報告を掲載しました。「中国経済研究報告書(平成26年度)」(PDF)----------外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的な結びつきが拡大・深化するなかで、経済分野に焦点を当てた調査研究の必要性は高いといえます。そこで、本調査研究では、昨年に引き続いて、中国の経済

中国経済:2015年1月の住宅価格~9ヵ月連続下落、下落スピードは再加速

中国経済:2015年1月の住宅価格~9ヵ月連続下落、下落スピードは再加速 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2015年1月の住宅価格~9ヵ月連続下落、下落スピードは再加速 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月17日、中国国家統計局は2015年1月の住宅販売価格変動状況を発表、新築商品住宅の販売価格は2014年4月をピーク

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国経済は7%台前半の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

2015年の中国経済は7%台前半の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

中国経済についてのレポートです。

中国経済~2015年の注目ポイントは?

中国経済~2015年の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 中国経済~2015年の注目ポイントは? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局は1月20日に実質GDP成長率を公表、2014年は前年比7.4%増となった。中国政府が設定した2014年の成長率目標は「7.5%前後」だったので、経済が“新常態”に移行したとす

2015年1月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、「新常態」移行への本気度を示す経済指標 ~不動産市況はリスク要因になるが、今年の安定成長は実現可能と予想~

1/4Asia Trends中国、「新常態」移行への本気度を示す経済指標~不動産市況はリスク要因になるが、今年の安定成長は実現可能と予想~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年1月20日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 中国経済は減速感を強めるが、これは共産党や政府主導の『新常態』の移行への構造転換による影響が大 きい。2014年の経済成長率は前年比+7.4%と同国の改革開放以降最も低い伸びとなり、政府目標をも下 回

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月18日、中国国家統計局は2014年12月の

2015年1月8日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国特許権の実力に関する調査

中国特許権の実力に関する調査結果2014年12月17日 1976年 中国吉林省生まれ1999年 中国 東北師範大学 卒業2000年 日本留学2004年 大阪教育大学大学院 教育法学修士2006年 京都大学大学院 法学修士2009年 京都大学大学院 法学博士2009年 電力中央研究所 協力研究員2012年 地球環境戦略研究機関(IGES) 特任研究員2013年4月 IGES 気候変動・エネルギー領域 研究員2014年4月より現職  2014年4月、中国知識産権局(日本の特許庁相当)は「2013年全

足元の中国経済と「中央経済工作会議」

足元の中国経済と「中央経済工作会議」

中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想)

中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想) | ニッセイ基礎研究所 中国経済:直近の景気10指標と14年10-12月期成長率(予想) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 最近の中国経済を需要面から見ると、輸出には陰りが見え始めたものの、消費・投資には底打ちの兆しがでてきた。前月比(季節調整後)で見ると、輸出

2014年12月23日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の分析です。

中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-

トップ研究中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと- 研究レポート2014/12/22中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。「中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-」(PDF)--------(はじめに)昨年の末から中国の不動産市場の販売が悪化を始め、本年春から生産、消費等の経済指標が弱い動きを示すようになり、最近中国経済について厳し

中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し

中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年11月の住宅価格~新築商品住宅は7ヵ月連続の下落も、巨大都市などでは中古住宅に底打ちの兆し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月18日、中国国家統計局は2014年1

力強さに欠けるものの、回復の兆しが出ている中国経済

力強さに欠けるものの、回復の兆しが出ている中国経済

中国経済見通し~利下げ後の見通し改定

中国経済見通し~利下げ後の見通し改定 | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~利下げ後の見通し改定 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国国家統計局が10月に公表した今年1-9月期の実質GDP成長率は、昨年の前年比7.7%増を0.3ポイント下回る前年同期比7.4%増となった(寄与度の内訳は最終消費3.6%、総資本形成3.0%、

中国経済:2014年10月の住宅価格~6ヵ月連続の下落も、北京市・杭州市では中古住宅価格が下げ止まり

中国経済:2014年10月の住宅価格~6ヵ月連続の下落も、北京市・杭州市では中古住宅価格が下げ止まり | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年10月の住宅価格~6ヵ月連続の下落も、北京市・杭州市では中古住宅価格が下げ止まり 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月18日、中国国家統計局は2014年10月の住宅販売価格変

中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆し

中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の景気評価点は前月と同じ3点となった。直近最低点である8月(2点)よりはやや高いものの、上向いている指標は3つだ

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題” | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題” 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―中国経済は“新常態(ニューノーマル)”へ中国では2年半に渡り7%台の経済

中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向

中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.8%と前月と比べて0.3%ポイント低下し、景気の勢いが7月(51

再び減速した中国経済~先行きはやや回復する可能性が高い~

再び減速した中国経済~先行きはやや回復する可能性が高い~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ