「中国茶」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 冬に飲むもの(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 冬に飲むもの 】に関するアンケート調査(第2回)冬に温かい状態で飲むものは「コーヒー」「日本茶・中国茶、ブレンド茶」が6〜7割。冷たい状態で飲むものでも「日本茶・中国茶、ブレンド茶」は上位に マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『冬に飲むもの』に関するインターネット調査を2017年1月1日〜5日に実施し、11,248件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は約35%。男性や10・20代での飲用頻度が高い傾向。サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などでの飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「味の濃さ」「旨みがありそう」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位は、綾鷹主飲用者、ヘルシア緑茶主飲用者では「味の濃さ」「飲みやすさ」、からだすこやか茶W主飲用者では「健

2015年9月17日オレンジページ★フィードバック数:0ライフスタイル

日本人がよく飲むお茶1位はやっぱり「緑茶」

日本人がよく飲むお茶1位はやっぱり「緑茶」緑茶を“茶葉から入...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 日本人がよく飲むお茶1位はやっぱり「緑茶」 緑茶を“茶葉から入れる”人は63.4%、...日本人がよく飲むお茶1位はやっぱり「緑茶」 緑茶を“茶葉から入れる”人は63.4%、“ペットボトルで”は37.0% ご飯と緑茶が出会うおいしさ、世代を超えて受け継がれる味と郷愁 和食がユネスコの世界遺産に認定されてから、料理そのものだけではなく

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)飲用者は全体の8割強、週1回以上飲用者は4割強。男性の方が飲用頻度が高い人が多い傾向。また、サントリー烏龍茶主飲用者、黒烏龍茶主飲用者などで飲用頻度が高い傾向 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」「旨みがありそう」「味の濃さ」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視点上位2位は、ヘルシア緑茶主飲用者では「健康によさそう」「味の濃さ」、綾鷹主飲用者では「旨みがありそう」「味の濃

2014年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者は9割弱、週1回以上飲用者は4割弱 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「価格」「飲みやすさ」「旨みがありそう」「味の濃さ」「容量」などが上位。主飲用銘柄別の重視項目1位は、伊右衛門、綾鷹では「旨みがありそう」、爽健美茶、十六茶、からだ巡茶では「飲みやすさ」、黒烏龍茶、ヘルシア緑茶では「健康によさそう」となっている ペットボトルの緑茶・日本茶・中国茶・ブレンド茶飲用場面は「のどが渇いたとき」「昼食」「

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者(紅茶除く)飲用者は8割弱で2012年調査時よりやや減少。週1回以上飲む人は3割強 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲み慣れている」「容量(容器のサイズ)」などが多い。伊右衛門主飲用者、綾鷹主飲用者などでは「旨みがありそう」、黒烏龍茶主飲用者、ヘルシア緑茶主飲用者では「健康によさそう」が多い ペットボトルの紅茶飲料を飲む人は6割、「月に

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム お茶系飲料(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用者(紅茶除く)は9割弱。週1回以上飲む人は4割。 ペットボトルのお茶系飲料(紅茶以外)の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲み慣れている」「容量(容器のサイズ)」などが多い ペットボトルの紅茶飲料の重視点は「飲みやすさ」「価格」に続いて、「香り」「甘さ」「おいしそう」などが続く 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネッ

2011年7月20日ネットエイジアフィードバック数:3ライフスタイル

ペットボトル入りお茶飲料に関する調査

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2011年7月20日 ペットボトル入りお茶飲料に関する調査ネットエイジアリサーチペットボトル入りお茶飲料に関する調査〜10代が好きなブランド 1位「爽健美茶」〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「ペットボトル入りお茶飲料に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ

2011年5月6日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お茶系飲料(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料飲用率は90.5%。週1回以上飲む人は半数弱 直近1年間で飲んだことがあるお茶系飲料は「お〜いお茶(伊藤園)」「伊右衛門(サントリー)」「爽健美茶(コカ・コーラ)」「生茶(キリンビバレッジ)」の順で多い ペットボトルのお茶系飲料購入時の重視点は、「飲みやすさ」「価格」の他、「味の濃さ」「旨みがありそう」「飲みなれている」などが続く ペットボトルのお茶系飲料の飲用頻度が1年前よりも減ったのは2割弱。代わりに頻度が増えた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ