「中国語」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月3日楽天リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

英語に関する調査

『約7割が「英語は苦手」と回答「英語が得意」と感じるのは、TOEIC700点以上から』英語に関する調査 2016年8月26日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「英語に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2016年8月5日(金)から6日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 ■約7割が「英語は苦手」と回答。男女および

2015年10月1日プラネットフィードバック数:0マーケティング

訪日中国人客による"爆買い″の実態が明らかに

From プラネット Vol.20 (訂正版)⽇本の化粧品・医薬品・⽇⽤品の「安全性」「品質」への信頼が、中国⼈の消費⾏動の動機訪⽇中国⼈客による“爆買い”の実態が明らかに!〜⽇本で⾏きたいのは中国語が通じる店、店頭でほしいのは中国語での商品案内〜株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする「Fromプラネット」の第20号として、訪日中国人客の買物に関する意識調査の結果をご紹介します。(注)訪日中国人客の日本での買物行動調査について

2014年10月28日あとらす二十一★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人旅行者の食事についての調査です。

訪日外国人の買い物・食事・観光に関するアンケート調査<食事編>

2014年10月27日訪日外国人の買い物・食事・観光に関するアンケート調査<食事編>株式会社あとらす二十一は、訪日外国人の買い物・食事・観光に関する実態について、街頭アンケート調査を実施しました。当社では訪日外国人向けのプロモーション支援として、外国語サイトの制作や海外リスティング広告などのサービスをご提供しております。 前回の<買い物編>に引き続き、今回は第2弾として<食事編>の調査結果を発表します。 訪日外国人の買い物・食事・観光に関するアンケート調査<食事編>サマリー英語圏、中国語繁体字

2014年10月9日あとらす二十一★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日観光についての調査です。

訪日外国人の買い物・食事・観光に関するアンケート調査<買い物編>

2014年10月3日訪日外国人の買い物・食事・観光に関するアンケート調査<買い物編>株式会社あとらす二十一は、訪日外国人の買い物・食事・観光に関する実態について、街頭アンケート調査を実施しました。当社では訪日外国人向けのプロモーション支援として、外国語サイトの制作や海外リスティング広告などのサービスをご提供しております。昨年、訪日外国人旅行者数は1,000万人を突破し、今年10月1日には消費税免税制度が改正されたため、訪日外国人旅行者による経済効果はますます注目されています。この度、当社では英語

2013年8月23日アトラスフィードバック数:0キャリアとスキル

選択言語について

選択言語について英会話スクールに通う際の選択言語についてのアンケート実施結果。選択言語について。6割以上が英語を学びたい。【調査概要】調査内容:英会話スクールに通う際の選択言語。調査対象:(インターネットでのアンケート調査)18歳~65歳の男女(職業不明)調査期間:2013年7月27日~8月2日調査方法:大手SNSによるインターネットアンケート調査地域:全国有効回答数:325人1.今現在新たに語学を学ぶ場合、何語を学んでみたいですか?下記言語からお選び下さい。英語214人(65.8%)1位スペイ

上場企業コーポレートサイト中国語(簡体字)対応サイトのサーバー拠点調査

Web制作事業と翻訳事業で多言語展開している株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:大里 真理子)は、2012年3月8日、東証一部上場企業1687社のうち、中国語(簡体字)サイトを設置している422社を対象に、『上場企業コーポレートサイト 中国語(簡体字)対応サイトのサーバー拠点調査』を作成いたしましたので、ここにご報告いたします。調査の背景当社では、一昨年より、東証一部上場企業を対象に「企業のWebサイトが何ヵ国語の外国語に対応しているか」という調査を行っています。2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ