「中国韓国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアFTA網構築は終盤へ~日中・日韓のミッシング・リンク解消が課題~

みずほインサイト政 策2015 年 1 月 15 日東アジアFTA網構築は終盤へ政策調査部上席主任研究員菅原淳一日中・日韓のミッシング・リンク解消が課題03-3591-1327junichi.sugawara@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1月15日に日豪EPAが発効した。東アジア域内のEPAとしては、日本にとってはASEAN諸国、インドに次ぐものとなる。しかし、域内他国に比べ、日本の取り組みは後れている。○ 2014年11月には、中韓、韓NZ、中豪の二国間FTA交渉が妥結した。東

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:5ライフスタイル

高校生の勉強に関する調査

調査の概要1)調査の目的日本では学力や勉強意欲の低下が問題となっている。国際的な視野でみるとどうなのか。こういう目的で「勉強」を取り上げることとした。授業の形態、勉強の仕方や時間、勉学の態度、学校生活への評価などを通して、日本の特徴及び各国との異同をみる。2)調査方法調査の時期、サンプルの数、調査方法などは下表のとおりである。日本実施時期中国2009 年 9 月∼2009 年 9 月∼2009 年 9 月∼11 月11 月11 月調査学校の数調査地域アメリカ12 校12 校韓国2009 年 6

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:53ライフスタイル

高校生の生活意識と留学に関する調査

調査の概要1調査の目的この調査は、高校生の生活意識と外国への関心をテーマとしている。現在の高校生の日常生活や学校生活における意識や自己認識、そして将来の展望などの把握を目的としている。また、日本では、若者の内向き志向が強くなっているともいわれている。その実態はどうなっているのだろうか。本調査では高校生の外国への関心や留学意識などについても取り上げ、内向き・外向きの志向性についても調べることとした。調査は質問紙を用いた集合調査とし、日本、アメリカ、中国、韓国の4カ国で同時に実施した。高校生の生活や

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:38ライフスタイル

高校生の進路と職業意識に関する調査

調査の概要1調査の目的成人の入り口にさしかかっている高校生の場合、肯定的な自己意識、積極的な生活観、あるいは学ぶ意欲といった意識のあり方は、成人後の見通し、つまり将来就きたいと思っている職業や進路予測といったものによってかなりの程度影響を受ける。したがって、明確で発展的な将来像を描けているか否かは、高校生としての自己意識や意欲に大きく関わる重要なファクターであるといえる。この調査は、そうした視点に立ち、高校生の職業観や将来の進路希望と予想、あるいは現在の職業経験などについて、日本、米国、中国そし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ