「中堅企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月31日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「中小企業でも平均年収が高い」トップ200社

「中小企業でも平均年収が高い」トップ200社社員300人以下でも高収入の会社は多数ある 従業員が少ない中小企業の中にも、年収が高い会社は多い (写真: momo / PIXTA) 4月を目前に控え、就職活動が本格化している。エントリーシートの締め切りや筆記試験対策に追われている就活生が多い時期だと思う。中には大手企業の選考に挑戦している就活生もいるだろう。一方で、地方企業や中堅・中小企業の採用情報解禁の本格化は、これからだ。そもそもどんな企業があるかさえわからない学生も多いのではないだろうか

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

採用数多い「優良中堅メーカー」トップ200社

採用数多い「優良中堅メーカー」トップ200社優良中堅企業を「就職四季報」で厳選! 『就職四季報 優良・中堅企業版』から採用数が多いメーカーを探す (写真:xiangtao / PIXTA) 年が明け、2018年卒生(現大学3年生・大学院1年生)の就職活動がいよいよ本番を迎えることとなる。2017年卒(現大学4年生・大学院2年生)の就職活動は、売り手市場と言われて終わったが、2018年卒の就職活動はどうなるだろうか。採用数の多い隠れた優良企業を探せ東洋経済では、今年の就活生に向けて、12月に『

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

過去1年で株主に儲けさせた100社ランキング

過去1年で株主に儲けさせた100社ランキング「ギャル向け雑貨店」への投資が1年で5倍に 丸山 尚文個人向け株式投資雑誌『会社四季報プロ500』編集長。『週刊東洋経済』編集部、「東洋経済オンライン」編集長、通信、自動車業界担当などを経て現職 市場関係者の間では、2015年夏の日経平均高値奪回への期待が高まっている(撮影:尾形文繁) 2年初の連続暴落に始まり、2月から11月初旬まではボックス相場が続いた2016年の日本株市場。英国のEU離脱や不安定な中東情勢など海外要因に加え、冴えない国内景気

日本の中堅企業250社を対象とした意識調査

日本の中堅企業が描く2020年とは。日本の中堅企業250社を対象とした意識調査結果を公開 2016年9月30日 日本の中堅企業が描く2020年とは。日本の中堅企業250社を対象とした意識調査結果を公開 2016年9月30日アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.日本の中堅企業250社を対象とした意識調査 日本の中堅企業が描く2020年 「成長への期待」と「警戒」が交錯 ~6割が2020年に向けた事業戦略があると回答~アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東

2016年7月23日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

2016年 中堅企業におけるフラッシュストレージや統合/階層化ストレージの活用意向調査

2016年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2016年度の国内企業のIT支出計画は、大企業/中堅企業を中心に「増加」が「減少」を上回る IT予算の拡大傾向が強い産業分野は、金融と通信/メディア 「セキュリティ」はIT投資領域においてもIT部門の課題においても第1位 IT部門が管理しないIT予算は過半数の企業にあり、営業/販売部門が持つ企業が多い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業のCIO

2014年12月3日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

矢野経済研究所の調査です。

国内企業のIT投資に関する調査結果 2014

2014年12月03日 国内企業のIT投資に関する調査結果 2014 ~大企業・中堅企業の景況感は明るく、国内民間企業のIT投資は増額見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2014年7月~10月2.調査対象:国内の企業、団体、公的機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT投資市場規模>本調査では国内民間企業のIT投資市

2014年8月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業ランキングです。

「ホワイト企業」、お得度高い中堅トップ20

「ホワイト企業」、お得度高い中堅トップ20データを読み込んで、インターンシップに行こう 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 大学生のインターンも本格化へ。ランキングを活用して臨みたい(写真:アフロ) ランキ

2014年6月4日トランストラクチャ★フィードバック数:0キャリアとスキル

管理職、非管理職の比率等についての意識調査です。

適正人員数・人員構成に関する調査

2014年6月4日非管理職に比べ、管理職が多すぎる企業が4割 ~適正人員数・人員構成に関する調査結果より~ 株式会社トランストラクチャ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 明文)は、2014年5月16日~29日に、上場および未上場企業の人事担当者を対象に「適正人員数・人員構成に関する調査」を実施いたしました。■調査結果概要(1) 管理職の比率が高すぎると感じている企業が4割を超える(2) 社員の平均年齢は「40歳以上45歳未満」の企業がトップ。理想は「35歳以上40歳未満」(3) 組織パフォー

2014年6月3日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

近畿経済産業局の調査です。

「平成25年度関西地域における中堅製造企業の実態調査」報告書

平成25年度 関西地域における中堅製造企業の実態調査 最終更新日:平成26年6月2日「通商白書2013」やハーマン・サイモン「グローバルビジネスの隠れたチャンピオン企業」、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット「日本の中堅企業 その競争力と成長の条件」などの各種文献・報告書によると、年間売上高数十億円から1,000億円規模の中堅製造企業(以下、「中堅企業」といいます)は、全企業数に占める割合が数パーセントであるにも関わらず、売上高や雇用などの指標において良好なパフォーマンスを示しており、特に経

2014年3月7日トランストラクチャ★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事制度について企業対象の調査です。

人事制度に関する調査

2014年3月7日人事制度を問題なく運用できている企業はわずか2割 ~制度の寿命認識とは異なる現実の運用実態~ 株式会社トランストラクチャ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 明文)は、2014年2月14日~27日に、上場および未上場企業の人事担当者を対象に「人事制度に関する調査」を実施いたしました。■調査結果概要(1) 10年以上同一の人事制度で運用している企業が3割近い(2) 人事制度の寿命は「3~5年未満」「5~7年未満」「7~10年未満」が拮抗(3) 人事制度と経営方針が適合している企

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:2キャリアとスキル

平成23年度産業技術調査事業,中小中堅企業におけるポスドク等高度人材の活用可能性等に関する調査報告書

平成23年度産業技術調査事業,中小中堅企業におけるポスドク等高度人材の活用可能性等に関する調査報告書

2013年6月12日財務省フィードバック数:24社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成25年4-6月期)

報道発表第37回法人企業景気予測調査(平成25年4〜6月期調査)◆ 調査の概要平成25年4〜6月期及び6月末見込み、平成25年7〜9月期及び9月末見通し、平成25年10〜12月期及び12月末見通し。 平成25年度上期実績見込み、平成25年度下期見通し。設備投資の平成25年度上期は4〜6月期実績見込みと7〜9月期計画を合計したもの。平成25年度下期は計画。 ◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人 (電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金

2013年5月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

近畿地域の中小・中堅企業の海外展開に係る実態調査報告書

近畿地域の中小・中堅企業の海外展開に係る実態調査報告書 企業の海外直接投資残高は、2001年から2010年にかけて2.8倍に増加し、海外現地生産比率も一貫して増加しています。さらに2011年以降は円高・高い法人税率等の6重苦と言われる現在の経営環境下で、大企業の製造業を中心として、従来にも増して海外直接投資等の動きが加速しており、この動きはこのような状況については全国を対象とした各種調査は実施されていますが、近畿地域を対象としたものや非製造業を対象としたものは少なく、近畿地域の製造業、非製

2013年4月25日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:ERP市場2013

ITR Market View:ERP市場2013本レポートは、ERP(大企業向け、中堅企業向け、中小企業向け)、連結会計および経営パフォーマンス管理製品を対象とした市場調査の結果、およびERP市場の4業務分野を対象に国内55ベンダーへの調査に基づく市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。大企業向けERP:2011年度はSAPが牽引し8.4%増、2012年度も9.2%増と加速 中堅企業向けERP:2011年度は2.6%増と低迷、2012年度は景気上

2013年3月9日経済産業研究所★フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

「競争力の高い独自の製品等を保有する独立型の中小・中堅企業」についての調査論文です。

グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―

グローバル・ニッチトップ企業に代表される優れたものづくり中小・中堅企業の研究―日本のものづくりニッチトップ企業に関するアンケート調査結果を中心に―概要本稿は、日本がこれまで高度に発展した製造業集積であったことを反映し、全国に広く分布している競争力の高い独自の製品等を保有する独立型の中小・中堅企業をニッチトップ型企業(NT型企業)としてとらえ、その実態を明らかにすることを目的としている。このため、経済産業研究所では、2011年に経済産業省が行った特に優れた日本を代表するNT型の企業31社を対象とす

2012年12月12日アイティメディアフィードバック数:10企業情報システム

クラウド導入に関する調査結果リポート

コンピュータをサービスあるいはユーティリティとして提供するクラウドコンピューティングほど、IT産業に深く影響を及ぼした技術は少ない。クラウドの魅力の1つは、明らかに経済性だ。企業は、高価なITインフラの一部をそぎ落とし、コンピューティングコストをもっと管理可能な運用支出へシフトすることが可能になった。 クラウドはまた、ITシステムのサポートや保守にかかわる技術的負担を軽減し、企業が労働力をシステムやソフトウェア関連の作業から生産的な業務へ集中できるようになった。そうした動機はさておき、企業オーナ

2012年9月12日財務省フィードバック数:16社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成24年7-9月期)

報道発表第34回法人企業景気予測調査(平成24年7〜9月期調査)◆ 調査の概要平成24年7〜9月期及び9月末見込み、平成24年10〜12月期及び12月末見通し、平成25年1〜3月期及び3月末見通し。 平成24年度上期実績見込み、平成24年度下期見通し。設備投資の平成24年度上期は4〜6月期実績と7〜9月期実績見込みを合計したもの。平成24年度下期は計画。 ◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人 (電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金1

2012年6月12日財務省フィードバック数:7社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成24年4-6月期)

報道発表第33回法人企業景気予測調査(平成24年4〜6月期調査)◆ 調査の概要平成24年4〜6月期及び6月末見込み、平成24年7〜9月期及び9月末見通し、平成24年10〜12月期及び12月末見通し。 平成24年度上期実績見込み、平成24年度下期見通し。設備投資の平成24年度上期は4〜6月期実績見込みと7〜9月期計画を合計したもの。平成24年度下期は計画。 ◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人 (電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金1

2011年12月12日財務省フィードバック数:8社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成23年10-12月期)

報道発表第31回法人企業景気予測調査(平成23年10〜12月期調査)◆ 調査の概要平成23年10〜12月期及び12月末見込み、平成24年1〜3月期及び3月末見通し、平成24年4〜6月期及び6月末見通し。 平成23年度上期実績、平成23年度下期実績見込み。設備投資の平成23年度下期は10〜12月期実績見込みと平成24年1〜3月期計画を合計したもの。 ◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人 (電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金1億円以上)

2011年9月13日財務省フィードバック数:3社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成23年7-9月期)

報道発表第30回法人企業景気予測調査(平成23年7〜9月期調査)◆ 調査の概要平成23年7〜9月期及び9月末見込み、平成23年10〜12月期及び12月末見通し、平成24年1〜3月期及び3月末見通し。 平成23年度上期実績見込み、平成23年度下期見通し。設備投資の平成23年度上期は4〜6月期実績と7〜9月期実績見込みを合計したもの。平成23年度下期は計画。 ◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人 (電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金1億

2008年12月15日アイティメディアフィードバック数:1企業情報システム

本当にストレージ仮想化の導入メリットはあるのか?

本連載では過去2回にわたって、ストレージ全般の動向やストレージ仮想化の概念と仕組み、またストレージ仮想化の実現方式について述べてきた。最終回となる今回は、ストレージ仮想化に関するアンケート調査の結果を基に、ストレージ仮想化を取り巻く現在の状況を分析し、その導入に当たっての判断基準などについて述べたいと思う。ストレージ仮想化の導入状況 徐々に注目を集めつつあるストレージ仮想化技術であるが、果たして企業における導入は進んでいるのだろうか。 アイ・ティ・アールでは、ITのさまざまな分野について専門誌の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ