「中央値」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月30日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年度「上場小売業277社の平均年間給与」調査

2016年度「上場小売業277社の平均年間給与」調査 公開日付:2017.08.22 2016年度の上場小売業277社の平均年間給与(以下、平均給与)は503万6,000円(中央値485万6,000円)で、4年連続で前年度を上回った。前年度より4万7,000円(0.9%)増加し、2010年度に調査を開始した以来、初めて500万円台に乗せた。金額別では、500万円未満が157社(構成比56.6%)と6割弱を占めた。上場企業3,044社の平均給与は609万8,000円(中央値591万円)で、他業界の

2017年7月28日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)

国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)~"トップ3”は3年連続で三井住友銀行、東京スター銀行、スルガ銀行~ 公開日付:2017.07.20 国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金)は615万2,000円(中央値620万5,000円)だった。前年の620万3,000円から5万1,000円減少(0.8%減)し、2012年3月期以来、5年ぶりに前年を下回った。平均年間給与のトップは、4年連続で三井住友銀行(814万8,000円)が守ったが、前年より1

2017年3月8日all engineer.jpフィードバック数:0キャリアとスキル

【1万人残業調査】「多過ぎる」と感じる残業時間は36.5時間。残業ゼロは21.3%

【1万人残業調査】「多過ぎる」と感じる残業時間は36.5時間。残業ゼロは21.3%~残業時間の平均は18.3時間。残業する理由、最も多かったのは「残業費をもらって生活費を増やしたい」~ポイント10.9%が1カ月の残業45時間以上理想は残業を6.5時間減らすこと。22.7%は逆に残業を増やしたい「多過ぎる」と感じる残業時間は36.5時間。9.2%にとって現在の残業時間は「多過ぎる」「日本は残業多過ぎ」(77.9%)、「残業ゼロで終わるよう幹部が考えるべき」(72.3%)残業する要因、「残業費をもら

2017年2月1日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年冬の賞与に関する実態調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「マイナビ転職 2016年冬の賞与に関する実態調査」を発表「0円」から「200万以上」まで賞与額格差が目立つ結果に。転職を思いとどまる賞与額は、実支給額の1.5倍を希望株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()は、「マイナビ転職 2016年冬の賞与に関する実態調査」を発表しました。なお、本調査は25歳・30歳・

2016年8月6日MM総研フィードバック数:0モバイル

MVNOの独自サービス型SIM速度実態調査

2016年07月28日■「繋がりにくい時間帯」はお昼の20 分ほど ■平日の速度計測(中央値、平均値)ではFREETEL 、BIGLOBE が上位に ■安定性と速度ともに高得点は休日がBIGLOBE と楽天モバイル、平日はFREETEL  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は7 月28 日、国内におけるMVNO の独自サービス型SIMの主要9 事業者を対象に回線速度の計測調査を実施し、結果を発表した。調査日は7 月3 日(日)、4日(月)の休日、平日。平日速度ではFREETEL 、BIGL

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

Data 数字は語る 年122万円 貧困状態とされる等価可処分所得の境界線 厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査」における貧困線(等価可処分所得の中央値の50%)

Data 数字は語る 年122万円 貧困状態とされる等価可処分所得の境界線 厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査」における貧困線(等価可処分所得の中央値の50%)

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討

ノンテクニカルサマリー 製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プログラム (第三期:2011~2015年度) 「日本企業の競争力:生産性変動の原因

2015年3月20日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査 公開日付:2015.03.20 全国27万社の赤字企業率は21.9%(前期比3.1ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善した。円安、株高を背景に上場企業の好業績が目立つなか、未上場企業も全国的に業績を持ち直していることがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データがある27万4,138社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年12月期まで。なお、比

2014年10月24日厚生労働省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について

平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について平成25年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について  我が国の平均的な食生活における食品からのダイオキシン類の摂取量の推計や個別食品における汚染実態を把握するため、従来より、国立医薬品食品衛生研究所を中心に調査を行い、その結果を公表してきたところです。今般、平成年度の調査結果が取りまとめられましたので、お知らせします。 平成年度における食品からのダイオキシン類の一日摂取量は、日)と推定され、日本における

2013年10月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の結果

2013年10月2日日本銀行情報サービス局本件の対外公表時刻は10月2日(水) 14時00分「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の結果―― 2013年9月調査 ――<はじめに>日本銀行では、政策・業務運営の参考とするため、本支店や事務所を通じた広報活動のなかで、国民各層の意見や要望を幅広く聴取するよう努めており、その一環として、1993年以降、全国の満20歳以上の個人4,000人を対象に「生活意識に関するアンケート調査」を実施しています。この調査は、日本銀行が別途行っている「企業短期経

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ