「中間報告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月3日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉県政世論調査(中間報告・速報)

ここから本文です。平成28年度県政世論調査平成28年度埼玉県政世論調査(中間報告・速報)について県では、平成28年7月8日(金曜日)から31日(日曜日)までの間、県内にお住まいの満18歳以上の男女3,000人を対象に、県政世論調査を実施しました。このたび、今年度の定期調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」についての調査概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。定期調査のほか、課題調査として「スポーツ振興」「認知症」「水道の利用」の3テーマについても同時に調査を行いま

2016年6月30日文部科学省フィードバック数:0社会/政治

平成27年度地方教育費調査の中間報告

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成28年度の報道発表 > 平成27年度地方教育費調査の中間報告について 平成27年度地方教育費調査の中間報告について平成28年6月23日 お問合せ先 文部科学省〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号電話番号:03-5253-4111(代表) 050-3772-4111 (IP 電話代表)案内図 Copyright (C) Ministry of Education, Culture, Sports, Scien

2015年9月28日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)

ここから本文です。平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)―県民の生活意識は改善傾向を示す― 部局名:県民生活部課所名:広聴広報課担当名:広聴・知事への提言担当担当者名:清水、春田  県では、生活意識や県民の要望などを把握し、県政推進の資料とするため、「県政世論調査」を昭和43年(1968年)から毎年実施しています。このたび、今年度の定期調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」についての調査概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。今回の調査では、「生活全

2015年6月2日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

ワークス研究所のレポートです。

次世代シニアが活躍できる社会づくり

2014年度研究プロジェクト 次世代シニアが活躍できる社会づくり2030年を見据えて、バブル入社世代、団塊ジュニア世代などがそれぞれイキイキと働いているために、企業、社会に何が必要か。 シニアにまつわる構造を整理、予測し、2030年にシニアの持つ能力や経験を最大限生かせている社会を作るための打ち手(民間企業へ、政府等行政へ)を提示する。 「次世代シニア問題」への処方箋現40代が今後20年以上にわたって生き生きと働くために生じる課題をまとめ、今から取り組むべきことについて提言した 中間報告

「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要

証券レビュー 第55巻第5号―  ―74「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―75証券レビュー 第55巻第5号―  ―76「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―77証券レビュー 第55巻第5号―  ―78「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―79証券レビュー 第55巻第5号―  ―80「情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会」の中間報告書の概要―  ―

市場分析です。

石油市場に関する考察(中間報告)

石油市場に関する考察(中間報告)

2015年5月17日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

水道事業者の調査です。

わが国水道事業者の現状と課題~事業者アンケート~[中間報告2]

わが国水道事業者の現状と課題~事業者アンケート~[中間報告2]

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0ビジネス

海外進出についての調査です。

海外市場で現地化に取組む中小企業 ―中間報告書―

商業集積と地域の連携事例 (資料2015‐4)  近年、商店街などの商業集積において、地域の事業者や住民、学校などと連携して、地域や商店街を盛り上げる動きが見られます。こうしたもののなかから、継続的に連携事業が行われているものを事例として取り上げ、継続している要因等を探ることで、今後の連携事業の展開に際しての一助となることを目的として、『商業集積と地域の連携事例』(資料2015-4)をとりまとめました。 報道提供資料 報告書 ここまで本文です。

2015年3月29日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

社会資本の維持管理・更新のための主体間関係に関する調査研究(中間報告書)

TOP > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国土交通政策研究所の研究成果(社会資本の維持管理・更新のための主体間関係に関する調査研究(中間報告書))の公表について  国土交通政策研究所の研究成果(社会資本の維持管理・更新のための主体間関係に関する調査研究(中間報告書))の公表について(2015年3月27日) 国土交通政策研究 第121号「社会資本の維持管理・更新のための主体間関係に関する調査研究(中間報告書)」の公表について−「社会資本の維持管理・更新の優先度付」及び「主体間の連携による新たな

2015年3月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

『情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会』中間報告書

『情報技術革新がもたらす証券市場への影響に関する研究会』中間報告書

2015年2月11日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

第41回(中間報告)中期経済予測(2014-25年度)「財政不安を抱える経済成長」

第41回(中間報告)中期経済予測(2014-25年度)財政不安を抱える経済成長 日本経済研究センターは、2025年度までの第41回中期経済予測をまとめた。我が国が人口減少局面に入ってからすでに数年がたち、今後はその加速が予測されている。高齢化も進み、労働力人口の減少も、当面は避けられない状況にある。この状況下で財政再建が急務となっている。人口の局面転換は世界的なトレンドであり、決して容易に解決できるものではないが、先進国の中には、このトレンドを脱却した国も少なくなく、解決の道筋が見えないわけでは

2014年12月2日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

水道事業についてのレポートです。

わが国水道事業者の現状と課題[中間報告]

わが国水道事業者の現状と課題[中間報告]

2014年10月21日高知県★フィードバック数:0社会/政治

高知県の調査です。

平成26年度 高知県県民世論調査 中間報告

行事名平成26年度 高知県県民世論調査 中間報告 日時 場所 知事の出席無 副知事の出席無 取材ポイント 高知県庁住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号 電話:088-823-1111(代表) 住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号電話:088-823-1111(代表)

2014年連合パート・派遣等労働者生活アンケート「中間報告」概要

Press Release2014 年 10 月 17 日(金)《問い合わせ先》総合労働局総合労働局長須田 孝直通電話03(5295)0517代表電話03(5295)0550報道関係者各位2014 年連合パート・派遣等労働者生活アンケート「中間報告」概要について連合は、パートタイマーや派遣労働者等の非正規労働者の方を対象に、生活実態・労働条件に関するアンケートを 2004 年から隔年で実施しており、今年で 6 回目になります。結果は主として、春季生活闘争時の方針や要求づくり、政策・制度立案を行う

2014年9月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2014年9月18日中小企業庁フィードバック数:0ビジネス

第21回中小企業政策審議会 配布資料

平成26年9月12日(金)15:00〜17:00経済産業省 本館17階 第1特別会議室 議事次第小規模事業者の経営の改善発達を支援する ための商工会及び商工会連合会並びに商工 会議所及び日本商工会議所に対する基本指 針の改正案について来年度概算要求の概要と今後の中小企業・ 小規模事業者政策の方向性について事業承継を中心とする事業活性化に 関する検討会の中間報告についてNPOなど新たな事業・雇用の担い手に関する研究会の中間報告案について 配布資料 中小企業庁〒100-8912 東京都千代田区霞が

2014年8月20日中国経済連合会★フィードバック数:0社会/政治

高速道路の開通効果です。

高速道路(中国横断自動車道尾道松江線)の開通による地域経済への波及効果・影響等に関する調査 中間報告

高速道路(中国横断自動車道尾道松江線)の開通による地域経済への波及効果・影響等に関する調査 中間報告

2014年8月19日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石炭、鉱物資源についてのレポートです。

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 鉱業小委員会‐中間報告書

総合資源エネルギー調査会 資源・燃料分科会 鉱業小委員会‐中間報告書 平成26年8月18日 資源エネルギー庁 資源・燃料部石炭課 鉱物資源課資源エネルギー庁 資源・燃料部(石炭課)電話:03-3501-1727FAX:03-3580-8564(鉱物資源課)電話:03-3501-9918FAX:03-3580-8440 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年7月18日肉焼き総研フィードバック数:0ライフスタイル

肉焼き検定 中間報告

≪肉焼き検定 中間報告≫47都道府県対抗!各地の“肉焼き力”...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > ≪肉焼き検定 中間報告≫ 47都道府県対抗!各地の“肉焼き力”は如何に? 栄光の第1...≪肉焼き検定 中間報告≫ 47都道府県対抗!各地の“肉焼き力”は如何に? 栄光の第1位は、米沢牛を誇る「山形県」!!~香川の「うどん県」に続き、山形はもはや「“肉焼き”県」?!~ 肉を焼くことの価値を普及するべく、様々な取り組みを行っている肉焼

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

旧無線ロボット雨量観測所等跡地における空気湿電池の処置状況に係る全国調査について(中間報告)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 旧無線ロボット雨量観測所等跡地における空気湿電池の処置状況に係る全国調査について(中間報告)報道発表日概要旧無線ロボット雨量観測所等跡地における空気湿電池の処置状況に係る全国調査について(中間報告)本文本件について、詳細は資料全文をご覧ください。問い合わせ先資料全文 気象庁:〒100-8122東京都千代田区大手町1-3-4 代表電話:03-3212-8341

2014年6月27日文部科学省★フィードバック数:0ライフスタイル

地方公共団体の教育関連支出についての調査です。

平成25年度地方教育費調査の中間報告

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 平成25年度地方教育費調査の中間報告について 平成25年度地方教育費調査の中間報告について平成26年6月26日 お問合せ先 文部科学省〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号電話番号:03-5253-4111(代表) 050-3772-4111 (IP 電話代表)案内図 Copyright (C) Ministry of Education, Culture, Sports, Scien

2014年5月9日全国労働組合総連合★フィードバック数:0キャリアとスキル

全労連の調査です。

介護施設で働く労働者のアンケート調査(中間報告)

全労連介護・ヘルパーネットは4月23日、「介護施設で働く労働者のアンケート調査(中間報告)」を発表しました。 〒113-8462 東京都文京区湯島2−4−4全労連会館4F TEL(03)5842-5611 FAX(03)5842-5620 Email:webmaster@zenroren.gr.jp

2014年4月1日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス海外

パナマ運河拡張後の国際物流に関する調査(中間報告:コンテナ貨物輸送を中心に)

「パナマ運河拡張後の国際物流に関する調査(中間報告:コンテナ貨物輸送を中心に)」を発表しました。 このたび、当センターは「パナマ運河拡張後の国際物流に関する調査(中間報告:コンテナ貨物輸送を中心に)」を取りまとめましたので、お知らせします。今回発表する資料は、当センターが2013年度に開始した「パナマ運河拡張後の国際物流に関する調査委員会」(委員長:齊藤実神奈川大学教授)の中間報告となるものです。当センターが調査を始めた背景としては以下の3点が挙げられます。①パナマ運河は太平洋と大西洋を結ぶ国際

2014年3月28日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)

「日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)」 の公表について(お知らせ) 中央環境審議会地球環境部会気候変動影響評価等小委員会(以下、「小委員会」という。)では、政府全体の「適応計画」策定に向けて、既存の研究による気候変動予測や影響評価等について整理し、気候変動が日本にあたえる影響及びリスクの評価について審議を進めています。この度、小委員会の中間報告として「日本における気候変動による将来影響の報告と今後の課題について(中間報告)」がとりまとめられましたので、公表い

海外年金基金レポート 第5回 = スウェーデン公的年金基金(AP-fonden) =

海外年金基金レポート 第5回 = スウェーデン公的年金基金(AP-fonden) = | ニッセイ基礎研究所 海外年金基金レポート 第5回 = スウェーデン公的年金基金(AP-fonden) = 金融研究部 常務取締役 部長 前田 俊之公的年金などの運用やリスク管理のあり方を議論する政府の有識者会議が、この7月から6回ほど開催されてきました。9月26日にはこれまでの議論内容に関する中間報告が公表されています。それによると、これまで開かれた会合で議論された内容は、運用の目的、運用目標・方針、運用

海外年金基金レポート 第4回 = ノルウェー政府年金基金-グローバル(GPFG) =

海外年金基金レポート 第4回 = ノルウェー政府年金基金-グローバル(GPFG) = | ニッセイ基礎研究所 海外年金基金レポート 第4回 = ノルウェー政府年金基金-グローバル(GPFG) = 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 公的年金などの運用やリスク管理のあり方を議論する政府の有識者会議が、この7月から6回ほど開催されてきました。9月26

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ