「中間決算」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年3月期決算、上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2017年3月期決算、上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2017.06.06 2017年3月期決算を発表した上場企業2,432社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)を付記された上場企業は22社だった。前年度本決算(2016年3月期、25社)より3社減少、2016年9月中間決算(20社)を2社上回った。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある「継続企業に関する重要事象」(以下、重要事象)の

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.02.08 2016年2月16日に日本銀行が戦後初のマイナス金利を導入してから1年を迎える。企業の資金需要が低迷する中で金融機関の金利競争は激しさを増し、銀行114行の2016年9月中間決算の預貸率は前年同期を0.64ポイント低下し調査開始以来、最大の落ち込み幅を記録した。また、預金と貸出金の差額である預貸ギャップも、同じく最大の246兆円に拡大した。地銀・第二地銀の多くは、マイナス金利の導入以降は地元回帰の

2016年12月29日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査 公開日付:2016.12.20 国内112銀行の2016年9月中間期決算の「リスク管理債権合計」は7兆6,448億円だった。前年同期に比べ7.7%減少し、9月中間期としては4年連続で前年同期を下回り、調査を始めた2008年以降では最低を記録した。政府の資金繰り支援策の倒産抑制効果が大きいとみられる。「リスク管理債権」は、大手行で7行のうち5行、地方銀行は64行のうち57行、第二地銀は41行のうち31行で前年同期を下

2016年12月19日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2016年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2016.12.09 2016年9月中間決算を発表した3月期決算の上場企業2,440社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)を付記された上場企業は20社だった。前年度本決算(2016年3月期、25社)より5社減少し、それまで最少だった2015年9月中間決算(22社)を2社下回り、集計を開始以来、最少となった。また、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2015年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 公開日付:2015.12.08 2015年9月中間決算を発表した上場企業2,449社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は22社だった。前年度本決算(2015年3月期、27社)より5社減少、2014年9月期中間決算(28社)より6社減少した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載される「継続企業に関する重要事象」(以

2015年6月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期決算 上場企業GC注記25社、重要事象42社

2015年3月期決算 上場企業GC注記25社、重要事象42社 公開日付:2015.06.08 2015年3月期決算を発表した上場企業2,451社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は25社だった。前年度本決算(2014年3月期、27社)より2社減少し、2014年9月期中間決算(28社)より3社減少した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」(以下、重要

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年9月中間期決算 上場企業GC注記27社、重要事象31社

2014年9月中間期決算 上場企業GC注記27社、重要事象31社 公開日付:2014.12.08 2014年9月期中間決算を発表した上場企業2,458社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付記された企業は27社だった。前年度本決算(2014年3月期、27社)と同数で、2013年9月期中間決算(26社)より1社増加した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に付記する「継続企業に関する重要事象」(以下

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2)

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) | ニッセイ基礎研究所 業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本レポートの前半「中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信」では、中間決算を発表

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1)

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) | ニッセイ基礎研究所 中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら まもなく2015年3月期の中間決算が発表のピークを迎える。過去10年を振り返ると

2014年6月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

GC注記27社、重要事象32社 ピーク時の6割減

GC注記27社、重要事象32社 ピーク時の6割減 公開日付:2014.06.09 2014年3月期決算を発表した上場企業2,467社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は27社だった。前年度本決算(2013年3月期、33社)より6社減少し、2013年9月期中間決算(26社)より1社増加した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」(以下、重要事象)は32

2013年12月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

GC注記26社 減少傾向続く

公開日付:2013.12.12 2013年9月期中間決算を発表した上場企業2,483社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は26社だった。前年度本決算(2013年3月期、33社)より7社減少した。また、GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある「継続企業に関する重要事象」(以下、重要事象)は41社で、前年度本決算(40社)より1社増加した。上場企業の中間決算は円安や国内外の需要回復を受け、好決算や業績改

2013年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:11ビジネス

2013年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2013年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~GC注記32社、「重要事象」39社でピーク時から半減~ 公開日付:2013.06.102013年3月期決算を発表した上場企業2,484社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(以下、GC注記)が付いた企業は32社だった。中間決算(2012年9月期、38社)より6社、前年度(2012年3月期、41社)より9社減少した。GC注記に至らないが、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある「継続企業

2012年12月6日東京商工リサーチフィードバック数:10ビジネス

2012年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査~ GC注記企業38社 前年度本決算時より3社減少 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2012年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査~ GC注記企業38社 前年度本決算時より3社減少 ~ 2012年9月中間決算を発表した上場企業2,485社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン注記、以下GC注記)が付いた企業は38社だった。前年度本決算(2012年3月期、41社)より3社、前年度中間期(2011年9月中間期、42社)より4社、それぞれ減少した。GC注記に至らないが

2012年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:16ビジネス

2012年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~GC注記、重要事象の記載はピーク時の6割に減少~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2012年3月期決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~GC注記、重要事象の記載はピーク時の6割に減少~ 2012年3月期本決算の全上場企業2,504社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン注記、以下GC注記)が付いた企業は41社だった。前年度本決算(2011年3月期、50社)より9社、前中間期(2011年9月中間期、42社)から1社、それぞれ減少した。 GC注記に至らないが、継続企業の

2011年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2011年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~前年度末比8社減の42社にGC注記 大王製紙、オリンパスは未発表~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~前年度末比8社減の42社にGC注記 大王製紙、オリンパスは未発表~ 3月期決算の全上場企業のうち、2011年9月中間期(4-9月)決算に監査法人から「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン注記、以下GC注記)が付いた企業は42社だった。前年度本決算(2011年3月期、50社)より8社(構成比16.0%)減少した。 GC注記に至らないが、継続企業の前提に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ