調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 中間管理職

「中間管理職」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0社会/政治

人事異動のインパクト大! 40代の憂鬱は幅広く、深い

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「新年度、一番憂鬱なこと」について調査した。今日は、40代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【新年度、一番憂鬱なこと(40代編)】順位 (票数)新年度、一番憂鬱なこと1位 (50票)仕事・勉強2位 (36票)人間関係3位 (19票)環境の変化 4位 (10票)書類・申請 5位 (9票)家事新年度スタートにあたり、40代が最も憂鬱に思っていることは「仕事・勉強」。40代はいわゆる中間

2015年9月25日ESSPRIDEフィードバック数:0ビジネス

社内コミュニケーションにおけるおやつの効果

第3回 おやつが社内コミュニケーションを変える?報道関係者各位平成27年9月25日株式会社 ESSPRIDE 日本古来の「飲みニケーション」が崩壊!? 一般社員の75%が「上司と飲みに行きたくない」コミュニケーションツールとしての「おやつ」に期待が高まる オリジナルのお菓子の活用を軸に、企業の組織改革やトータルブランディングを手掛ける株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役グループCEO :西川世一)は、企業のトータルブランディングの必要性を改めて考えるべく、ブランディングに必

2015年9月17日エン・ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

「ご自身を定義する言葉」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 30代後半~50代前半の7割以上が、自身は「ミドル」だと回答。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』()上で、サイト利用者を対象に「ご自身を定義する言葉」についてアンケートを行ないました。以下、概要をご報告します。 ■調査結果概要 30代以上の方を対象に、ご自身を定義

ビジネス英語についての調査です。

英語が社内公用語の企業で働くビジネスパーソンへの意識調査

英語が社内公用語の企業で働くビジネスパーソンへの意識調査 「勤務先で重視されている」と感じる英語スキル1位は「スピーキング」で83.7%「スピーキング」は重視される一方、最大の課題にも 日本でTOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、20代から50代の英語が社内公用語の企業(以下、英語公用語企業)で働くビジネスパーソンを対象に、英語に対する意識調査を実施いたしました。本調査では、英語公用語企業に勤め

2014年11月29日あしたのチーム★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事制度についての調査です。

中小企業の人事に関する調査~評価者編

アンケート調査 第3弾『〜中小企業の人事に関する調査〜評価者編』を実施いたしましたこの度、「〜中小企業の人事に関する調査〜」第3弾として、アンケートを実施いたしました。今回は、前回と同じく従業員300名未満の会社で、マネージャー職などの実際に評価を行う評価者の方を対象に調査を行いました。■人事評価についての満足度、「満足している」6.3%とわずか。■人事評価、74.8%が悩んだり困ったりすることが「ある」と回答!■「人事評価や制度を見直す必要がある」 77.5%■人事評価の課題、「給料や報酬の決

2013年4月25日大和総研フィードバック数:7キャリアとスキル

日本語人材はどのくらい?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年4月25日アジア事業コンサルティング部 シニアコンサルタント 葛西 英昭東南アジアへの進出にあたり、中間管理職の確保が難しいことが大きな課題の1つである。現地人材紹介会社を通じた採用などが行われているが、そもそも絶対数が少なく、自社で育てるしかない、というのが実情である。大手企業や海外進出経験豊富な企業であれば、英語人材の採用など、幅も広がるのであろうが、初の海外進出を図る中小企業の場合、現

2012年2月16日アイティメディアフィードバック数:22キャリアとスキル

米TechTarget給与調査

大手企業のIT幹部が2011年に受け取った給与は、どの業種が最も高かったのだろうか? 大手企業のIT部門で上級および中間管理職を務める幹部らを対象に米TechTargetが実施した年次調査「IT Salary and Career Survey」によると、平均給与が突出していたのは以下の4つの業種だ。続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。

2011年7月26日インテリジェンスフィードバック数:2キャリアとスキル

ビジネスパーソン800人 残業時間の実態調査

メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置2011年7月26日 転職サービス「DODA(デューダ)」1カ月の残業時間は約28時間 昨年比4.4時間プラス〜ビジネスパーソン800人 残業時間の実態調査〜 総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<>は、25歳〜39歳のビジネスパーソン800人を対象に、残業時間についてアンケート調査を行いました。 ※調査結

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ