「乳幼児」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「小児科医とのコミュニケーション」について

リサーチ健康育児リサーチVOL.215 「小児科医とのコミュニケーション」について2016年12月14日(水)~12月21日(水) 有効サンプル数 382医師に聞きたい、病院に行くべき?ママが一番気になっているのは?熱が出たり、肌に湿疹ができたり、子どもの小さい時に病気はつきものです。子どものいつもと違う様子に不安になることも。これくらいで病院に行ってもいいのかな?こんなこと聞いていいのかな?など、ママの悩みはさまざま。今回実施した「小児科で聞きたかったけれど聞けなかったこと」のベビカムアンケー

2017年2月19日公園のチカラLABフィードバック数:0社会/政治

乳幼児・幼児が安心して遊べる公園に関する調査

乳幼児・幼児が安心して遊べる公園とは 〜全国の0~6才までの子育てをする女性約500名にアンケート〜公園のチカラLAB 編集室調べ「乳幼児・幼児が安心して遊べる公園」は普遍的なテーマですが、以前から乳幼児(1才~3才未満)・幼児(3才~6才未満)を公園で遊ばせるお母さんたちから「小学生と一緒に遊ぶのは危ない」という声が上がっていました。また最近は待機児童解消のため、公園に保育所を設置する規制緩和が全国に広がる動きがあるので、保育士が乳幼児・幼児を公園で遊ばせる機会が増えるのではないかと考えます。

2016年8月12日バルク★フィードバック数:0ライフスタイル

30代・40代女性の運動習慣は?

30代・40代女性の運動習慣は?30代~40代女性2,322名を対象に実施したアンケートで、定期的に身体を動かしたり運動をすることがあるかを質問しました。全体では39.4%の人が、定期的または、たまに運動を行っていることがわかりました。ライフステージ別に分析すると、運動習慣がある人の割合は「おひとりさま」(独身一人暮らし)が最も高く47.8%。次に「LITS」が高く43.8%となりました。一方、「乳幼児ママ」は最も低く23.1%となりました。また、「保育園ママ」も30.5%と低く、小さな子供がい

2016年4月7日MMDLaboフィードバック数:0社会/政治

乳幼児のスマートフォン利用実態に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 乳幼児(0~6歳児)のスマートフォン利用の実態「子どもひとりで使用」が約半数 乳幼児(0~6歳児)のスマートフォン利用の実態「子どもひとりで使用」が約半数 MMD研究所はインテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド)と共同で、2016年3月10日~3月12日に、0~6歳(未就学児

2016年2月22日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年乳幼児のスマートフォン利用に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 乳幼児のスマートフォン接触は57.1%、うち29.6%が「ほぼ毎日」スマートフォンに接触している 乳幼児のスマートフォン接触は57.1%、うち29.6%が「ほぼ毎日」スマートフォンに接触している MMD研究所は、0~5歳の子をもつ20代~40代でスマートフォンを所有している女性556人を対象に「2016年乳幼児のスマートフォン利用に関する

2016年2月5日日清オイリオフィードバック数:0ライフスタイル

第4回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査

日清オイリオグループ 第4回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査 母親の約3割が望む「夫による精神的な支え」と 「夫が実践している協力」との間にギャップあり 〜 夫が精神的に支えてくれていると答えた母親はわずか3% 〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、2012年度より食育活動の一環として、食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。今年度もアレルギー週間(2月17日〜23日)にさきがけ、食物アレルギー疾患と診断されている0歳〜5歳までの乳幼児をもつ母親100名(以下、

アレルギーに関する意識調査

[雪印ビーンスターク株式会社] ,予防 意識調査 季節 対策 アレルギー 乳酸菌 免疫 乳幼児 TGF-β 母乳調査

第5回 幼児の生活アンケート 速報版[2015年]

調査・研究データこの速報版についてベネッセ教育総合研究所では、乳幼児の生活の様子・保護者の子育てに対する意識や実態を把握することを目的に、「幼児の生活アンケート」を行いました。この調査は、1995年より5年ごとに実施しており、2015年は第5回となります。調査結果を経年比較することで、20年間の変化をたどることができる貴重な資料となっております。この速報版ではとくに注目したい調査結果を抜粋してご紹介しています。(全20ページ)※2015年11月発行 調査概要乳幼児の生活の様子、保護者の子育てに関

2015年9月29日オウチーノフィードバック数:0ライフスタイル

「乳幼児と病院」に関する実態調査

2015.9.28 「乳幼児と病院」に関する実態調査株式会社 オウチーノ自分自身の身体であれば多少の無理ができても、我が子となるとそうもいかない。特に、初めての子育ての場合、医者に頼ることも多くなるのではないだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリフォームの相談窓口です。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2015年7月10日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

紙おむつ交換時の乳幼児のストレスを研究

ニュースリリース2015年7月8日名古屋大学大学院と共同で、紙おむつ交換時の乳幼児のストレスを研究“はいはい期”赤ちゃんに「パンツ型」紙おむつの使用でストレスが減少第回日本赤ちゃん学会学術集会(年6月日~日)にて発表ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、名古屋大学大学院環境学研究科の大平英樹教授と共同で、乳幼児の“はいはい期”でのおむつ交換時におけるストレスの測定(唾液中に含まれるアミラーゼ活性を測定して研究)を行いました。この研究結果を、年6月日~日の第回日本赤ちゃん学

父親調査です。

第72回 日本の父親がもっと育児参加しやすい環境を~「第3回乳幼児の父親についての調査」をもとに~

ベネッセのオピニオン第72回 日本の父親がもっと育児参加しやすい環境を~「第3回乳幼児の父親についての調査」をもとに~2015年06月23日 掲載 主任研究員 高岡純子  最近、子どもを連れて街中を歩いている父親を見かけることが多くなった。2010年には「イクメン」(*1)が流行語大賞となり、自治体の首長が相次いで育児休暇を取るなど、「イクメン」という言葉の広がりとともに、父親の子育てに注目が集まっている。“男は仕事”と言われていたかつての時代とは異なり、現在は共働き世帯の数が専業主婦世帯を上回

2015年3月18日エムティーアイ★フィードバック数:0ライフスタイル

夜泣きについての調査です。

「乳幼児の夜泣きについて」の調査

[株式会社エムティーアイ] ,ルナルナ 夜泣き 乳幼児 ルナルナ ファミリー

2015年2月3日常盤薬品工業フィードバック数:0ライフスタイル

“UV対策”の実態に関する調査レポート2015年

HOMEニュース一覧全国1,000人の女性に調査『ノブ “UV対策”の実態に関する調査レポート2015年』。 WHO(世界保健機構)が紫外線が子どもに与える危険性やケア対策を提唱するなか、乳幼児・小学生にUV対策をおこなっていないお母さん:全体の約6割全国1,000人の女性に調査『ノブ “UV対策”の実態に関する調査レポート2015年』。 WHO(世界保健機構)が紫外線が子どもに与える危険性やケア対策を提唱するなか、乳幼児・小学生にUV対策をおこなっていないお母さん:全体の約6割 理由の1位は「

2015年1月27日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年乳幼児のスマートフォン利用に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 乳幼児のスマートフォン接触は58.8%、うち61.6%が1週間に1回以上接触している 乳幼児のスマートフォン接触は58.8%、うち61.6%が1週間に1回以上接触している MMD研究所は、2015年1月19日~1月20日にかけてスマートフォンを所有している0歳~5歳までの子を持つ20代~40代の女性558人に「2015年乳幼児のスマートフォ

2014年9月16日内閣府★フィードバック数:0ライフスタイル

内閣府の調査です。

母子保健に関する世論調査

母子保健に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.妊娠などに関する認知(1) 女性の年齢による妊娠しやすさの違いの認知(2) 不妊症の認知(男性側要因)(3) 不妊治療の一部助成事業の認知(4) マタニティマークの認知2.育児に関する

2014年6月27日電通★フィードバック数:0ライフスタイル海外

中国のママ調査です。

中国における乳幼児ママの育児に関する調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 母親視点から企業のマーケティング活動を支援する「ママラボ」を中国に設置2014年6月27日電通、母親視点から企業のマーケティング活動を支援する「ママラボ」を中国に設置 中国の乳幼児ママは、満点育児を目指す"ディレクター"的な存在株式会社電通(本社:東京都港区、社長:

乳幼児とその保護者のメディア利用です。

乳幼児の親子のメディア活用調査 報告書 [2013年]

調査・研究データ乳幼児の親子のメディア活用調査 報告書 [2013年] 調査の背景ベネッセ教育総合研究所では、2013年3月、東京・神奈川・千葉・埼玉に在住の0歳6か月~6歳までの乳幼児をもつ母親を対象に、乳幼児と家族のメディア使用における実態と意識にを把握する目的で、アンケート調査を実施しました。この報告書では乳幼児のいる家庭におけるメディア利用の実態を幅広くとらえることができます。※プレスリリースはこちら[PDF]。ここ数年で新しいメディアが急速に増え、生活する上で欠かせないものになってきて

2014年3月26日トリビュートフィードバック数:0ライフスタイル

乳幼児の子育てに関する実態調査

[]  株式会社トリビュート(東京都豊島区/代表取締役社長:大林裕史)は、 2014年3月26日、子供を持つ25~35歳のママを対象に実施した「乳幼児の子育てに関する実態調査」の結果を発表しました。(調査期間:2014年2月12日(水)~2月18日(火)、サンプル数:200人)中でも非常に意外な結果となったのは、お姑と同居をしていないママと同居しているママのそれぞれに育児負担を数値化してもらった回答結果でした。お姑と同居をしていないママのうち、育児負担が90%以上と答えたママは全体の63.8%で

2014年2月28日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

乳幼児のやけどによるヒヤリ・ハット調査

乳幼児のやけどによるヒヤリ・ハット調査を実施平成26年2月27日生活文化局 日常生活における「ヒヤリ・ハット」を掘り起こすために、都ではアンケート調査を実施しています。今回は、乳幼児のやけどに関するヒヤリ・ハット経験を調査し、その結果とやけど防止のポイントをまとめた「乳幼児のやけど事故防止ガイド」を作成しました。1 調査結果こんなところでやけど?―屋外におけるやけどの危険― 乳幼児のやけどでは、調理器具や家電製品等による住宅内での事例の他に、屋外でも危害やヒヤリ・ハット事例が多く見られます。花火

2014年2月5日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

第2回食物アレルギー実態調査

日清オイリオグループ 第2 回乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 約6 割が保育園や幼稚園での食物アレルギーの対応に変化があったと回答 〜3 人に1人が食物アレルギーと診断後、医療機関を受診していない現状も明らかに〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、「第20 回アレルギー週間(2月17 日〜23日)」にさきがけ、昨年に引き続き『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』として、食物アレルギー疾患と診断されている0 歳〜5 歳ま

2013年11月18日ノーリツ★フィードバック数:0ライフスタイル

お風呂についてのまとまった調査です。

おふろ白書2013

News Letter2013 年 11 月 15 日いいふろの ひノーリツ、11月26日を前におふろに関する意識調査「生活マナー」「九九、足し算」などおふろが教育の場イクメンが定着化、平日に子どもをおふろに入れる父親が 3 割に上昇~ おふろで教えることは道徳から実学に! ~湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:國井総一郎、資本金 201 億円、東証一部上場)は、11 月 26 日の「いい風呂の日」に合わせて、おふろでのコミュニケーション、今年の入浴スタイルに対する意

2013年8月11日消防庁★フィードバック数:0ライフスタイル

熱中症での搬送が増えています。

平成25年7月の熱中症による救急搬送の状況

平 成 25 年 8 月 9 日 消 防 庁平成 25 年7月の熱中症による救急搬送の状況平成 25 年7月の熱中症による全国の救急搬送の状況(確定値) を取りまとめましたので、その概要を公表します。概 ○ 要平成 25 年7月の全国における熱中症による救急搬送人員は 23,699 人でした。 これは当庁の調査開始(平成 20 年)以来、7月では過去最多であり、月単位とし ても、平成 22 年8月の 28,448 人に次ぐ2番目となっています。 ○ 熱中症による救急搬送人員の年齢区分をみると、高

2013年7月21日消防庁フィードバック数:47社会/政治

平成25年6月の熱中症による救急搬送状況

平成 25 年7月 16 日消防庁平成 25 年6月の熱中症による救急搬送の状況平成 25 年6月の熱中症による全国の救急搬送の状況(確定値)を取りまとめましたので、その概要を公表します。概要○ 平成 25 年6月の全国における熱中症による救急搬送人員は 4,265 人でした。これは、平成 24 年6月の熱中症による救急搬送人員 1,837 人と比べて、2.3 倍となっています。○ 熱中症による救急搬送人員の年齢区分をみると、高齢者(65 歳以上)が 2,108人と最も多く、次いで成人(18 歳

2013年3月25日厚生労働省フィードバック数:19ライフスタイル

乳幼児等に係る医療費の援助についての調査

平成25年3月22日雇用均等・児童家庭局母子保健課福祉係 当新(代表) 03-5253-1111(内線7937) 「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」結果の送付について 各市区町村が実施する乳幼児等に係る医療費の援助については、各都道府県が要綱等に基づき補助しているところです。厚生労働省では、各都道府県の実施状況(平成24年4月1日現在)について調査し、結果を以下のとおりとりまとめ、各都道府県母子保健主管部(局)長あてに通知しましたので、お知らせいたします。【調査結果のポイント】

2013年2月9日日清オイリオ★フィードバック数:2ライフスタイル

深刻な事態を招くこともある子どもの食物アレルギーについての調査です。

乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査

日清オイリオグループ 乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 アレルギ−対応食品など代替食品の利用はわずか12% 55%が定期的に医療機関を受診せず 治療・食事療法の正しい理解と上手な対応で食事づくりの悩みと負担の軽減を 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、2 月17 日(日)からの「第19回アレルギー週間(〜2 月23 日)」にさきがけ、『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』を実施いたしました。年々増加傾向にある※1 食物アレ

2012年9月19日消防庁フィードバック数:31社会/政治

平成24年8月の熱中症による救急搬送の状況

平成 24 年9月 18 日消防庁平成 24 年8月の熱中症による救急搬送の状況平成 24 年8月の熱中症による全国の救急搬送の状況(確定値)を取りまとめましたので、その概要を公表します。【資料】平成24年8月の熱中症による救急搬送状況(連絡先)消防庁救急企画室担当:日野原・伊藤・早川電 話:03-5253-7529FAX: 03-5253-7539平成 24 年8月の熱中症による救急搬送状況(確定値)の概要平成24年8月中の熱中症による救急搬送状況について調査を行ったところ、その概要は以下のと

2011年11月21日厚生労働省フィードバック数:6ライフスタイル

「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」結果の送付について

平成23年11月18日雇用均等・児童家庭局母子保健課福祉係 佐々木・大賀()03-5253-1111(内線7937) 「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」結果の送付について 各市区町村が実施する乳幼児等に係る医療費の援助については、各都道府県が要綱等に基づき補助しているところです。厚生労働省では、各都道府県の実施状況(平成23年4月1日現在)について調査し、結果を以下のとおりとりまとめ、各都道府県母子保健主管部(局)長あてに通知しましたので、お知らせいたします。PDFファイルを見る

2011年6月24日アイシェアフィードバック数:3社会/政治

乳幼児の飲用水に関する意識調査

震災後、乳幼児家庭の7割が「国産水を備蓄」 乳幼児の飲用水に関する意識調査震災後、乳幼児家庭の7割が「国産水を備蓄」 ~親の7割以上が水道水に不安 乳幼児に与える飲用水を震災後に替えた親は4割以上、乳児用ミルクには軟水が最適との認識、高く東日本大震災をきっかけとした福島原発の事故により、農産物や水道水で放射性物質が検出されるようになった現在、食や飲用水の安全に対する注目度が急激に高まっている。放射性物質は大人より子どもへの影響が大きいとされているが、親は子どもに与える“水”に関してどのように対応

2010年11月16日アイシェアフィードバック数:5社会/政治

乳幼児の脱水症に関する意識調査

乳幼児の脱水症に関する意識調査 冬なのに脱水症?~乳幼児の対処法の正解と不正解!記録的な猛暑となった2010年の夏、脱水症などで体調を崩した人も続出したが、脱水症は夏だけのものだろうか?発熱や下痢を伴いやすい感染症(インフルエンザ、ノロウイルス等)が流行し出す冬場に向け、体に影響を受けやすい乳幼児の脱水症対策について株式会社アイシェアが調査を実施し、子どもを持つ男女1,962名の回答を集計した。またこの回答結果を社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院の小児外科診療部長“靍 知光(つる ともみつ)医師

第2回 乳幼児の父親についての調査

父親の家事・育児参加、4年前と比べ進まず 育児費用・教育費用の不安も拡大第2回 乳幼児の父親についての調査 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)の社内シンクタンク「ベネッセ次世代育成研究所」では、2009年8月に、0歳から6歳(就学前)の乳幼児を持つ父親5,103名を対象に、父親の子育ての実態、しつけや教育、ワークライフバランスに関する意識や実態をとらえることを目的とした「第2回乳幼児の父親についての調査」を実施しました。この調査は2005年の実施につづき2回目となります。調査結果か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ