「乳製品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、追加利下げは不可避か ~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートNZ準備銀、追加利下げは不可避か~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~発表日:2015年6月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年来のオセアニア通貨は豪ドルに対しNZドルが強含む展開が続いてきたが、この1~2ヶ月で様相は一変している。先日NZ準備銀が予想外の利下げに踏み切り、足下の景気動向以上に乳製品価格の調整による影響やデフレ懸念脱却を優先する姿勢

ニュージーランドの利下げについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月11日ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は6月11日の金融政策決定会合で、政策金利を従来の3.50%から3.25%へ引き下げることを決定しました。市場では政策金利が維持されるとの見方が優勢だったことから、今回の決定を受けてニュージーランド・ドル(以下、NZドル)が売られ、対米ドルで約5年ぶりの安値水準となりました。なお、対円では1NZドル=86円台半ばと、今年2月初めに見られた水準にまで低下しました。ニュージーランド経済は、

2015年4月29日農畜産業振興機構★★フィードバック数:0ライフスタイル

農畜産業振興機構の調査です。

平成26年度 牛乳・乳製品の消費動向に関する調査

平成26年度 牛乳・乳製品の消費動向に関する調査

政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月30日政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は29日の金融政策決定会合で、政策金利を3.5%に据え置きました。今後については、経済指標次第で政策金利の引き上げ・引き下げともに可能性があるとし、前回会合時に比べてややハト派寄りな姿勢が示されたことから、29日のニュージーランドドルは軟調に推移しました。ニュージーランドドルは原油価格の急落やギリシャのユーロ離

最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月9日最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて ニュージーランド・ドル(対円)は、堅調な国内景気や政策金利の引き上げなどを背景に、上昇基調が続いていましたが、9月下旬以降、軟調な展開となっています。主な輸出品である乳製品の価格が今年2月以降軟調な推移となっていることに加え、7月に実施された今年4回目の利上げ時に、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のウィーラー総裁が利上げの一時的な中断を示唆したことなどから、

第352回 食物アレルギーに関心ありますか? 2008.02.07~2008.02.13

食物アレルギーのことならハッピー・ノート.com! ●分析今、大きな関心を集めているニュースといえば中国製造の冷凍餃子。昨年から食の安全性についての問題や事件が続き、お子さまをお持ちのママ・パパはとくに心配ですよね。また安全性だけでなく、お子さまの場合、食べ物に対する「アレルギー」も気になるのではないでしょうか。アレルギーとは、身体にとって異物であるものが体の中に入ったときにそれを排除しようとする免疫反応が過剰に働いてしまうこと。テレビや雑誌はもちろん、このリサーチでも「食物アレルギー」はテー

2013年7月18日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国とTPP交渉参加国の貿易と主な論点

トップレポート・コラム経済分析米国米国とTPP交渉参加国の貿易と主な論点 ここから本文です米国とTPP交渉参加国の貿易と主な論点日本以外のTPP交渉参加国への米国の期待と懸念サマリー◆今年10月にインドネシアで開催されるAPECサミットで、TPP交渉が合意に達することが期待される。米国は、雇用を創出・維持するために、自国の競争力を高めアジア・太平洋地域との貿易拡大を求めている。そのために、包括的かつ高度な自由貿易協定としてTPP交渉の妥結を目指している。◆米国は、TPP交渉参加国のうちの6ヵ国と

2013年7月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

ニュージーランドの牛肉生産事情

最終更新日:2013年7月2日はじめに ニュージーランドは世界第5位(シェア6.4%)の牛肉輸出国です。牛肉生産量は世界の1%を占めるに過ぎませんが、人口が少ないため、生産される牛肉の8割がアメリカや韓国、日本など海外に輸出されています。日本の牛肉輸入をみると、ニュージーランド産が全体にしめる割合は6%ほどで、オーストラリア(同 62 %)、アメリカ(同 26 %)に続いて、第3位となっています。 畜産はニュージーランドの基幹産業 ニュージーランドは、日本の7割ほどの国土面積ですが、温暖な気候に

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム ネットスーパーの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへネットスーパー利用経験は2割弱、現在利用者は1割強。直近1年間の利用ネットスーパーは「イトーヨーカドーネットスーパー」「イオンネットスーパー」が上位2位 ネットスーパー利用理由は「重いもの・かさばるものを届けてくれるため」が1位、「買い物時間を節約できるため」「外出したくないときに便利なため」「配送料が無料・割安なため」などが続く 最頻利用ネットスーパー利用のきっかけは、「インターネットショッピングサイト」「店頭のポスターやチラシ、パンフレ

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 「特定保健用食品」(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ特定保健用食品が「どのようなものかわかる」は4割強、「名前を聞いたことはあるが、どのようなものかわからない」は半数強 特定保健用食品では「お茶系飲料」の購入経験が最も多く、「乳製品」「乳飲料・乳酸菌飲料」「清涼飲料」が続く。効用を意識して購入したのは「お茶系飲料」が2010年調査時より増加 特定保健用食品であることを「効用を意識して選ぶ」はトクホ購入経験者の3割、「選んだ商品がたまたまトクホだった」が半数近い。 購入時に意識した効用は「コレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ