「予測指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に

鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・4月の生産は3ヵ月ぶりの増加も、基調は弱い・在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に経済産業省が5月29日に公表した鉱工業指数によると

鉱工業生産15年2月~在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる

鉱工業生産15年2月~在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年2月~在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・2月の生産は前月比▲3.4%の大幅低下・2四半期連続の増産も伸び率は鈍化経済産業省が3月30日に公表した鉱工業指

鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復

鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・1月の生産は前月比4.0%の高い伸び・1-3月期は増産ペースが高まる公算経済産業省が2月27日に公表した鉱工業指数によると、15年1月の鉱工業生

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・10-12月期は3四半期ぶりの増産・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる公算経済産業省が1月30日に公表した鉱工業指数によ

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・9月の生産は8ヵ月ぶりに市場予想を上回る・在庫の積み上がりに歯止めがかかる・10-12月期は3四半期ぶりの増産へ経済産業省が10月29日に公表した鉱工業指数によ

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・7月の生産は市場予想から下振れ、横這いにとどまる・生産計画の下方修正が続く・在庫の積み上がりに歯

鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙

鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・6月の生産は市場予想から下振れ、大幅な低下・輸送機械は減産が続く・在庫積の積み上がりが懸念材料経済産業省が7月3

2014年7月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2014年7月4日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 7 月 4 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫海外政治・外交:米中戦略・経済対話、インドネシア大統領選9∼10 日は米中戦略・経済対話が北京で開催される。東シナ海等の領有権問題や人民元相場の弾力化等、安全保障や経済・金融に関する議論を交わすものとみられる。また、9 日にはインドネシアで大統領選挙の第 1 回目投票日を迎える。選挙戦序盤まで優勢だったジョコ候補に対し、プラボゥオ候補が猛追し、大接戦となっているだ

Weekly金融市場 2014年6月27日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 6 月 27 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫イエレン FRB 議長講演、豪・欧で金融政策決定会合7 月 2 日にイエレン FRB 議長が IMF で講演する。利上げの見通しや物価水準に対する FRB の認識を改めて表明する可能性もあり、発言に注目が集まっている。金融政策決定会合では、主に以下 2 つが予定されているが、現状維持が見込まれている。7 月 1 日には豪中銀金融政策決定会合が開催される

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・4月の生産は市場予想を上回る減産幅に・注目される在庫動向経済産業省が5月30日に公表した鉱工業指数によると、14年4月の鉱工業生産指数は前月比▲

2014年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2014年5月2日号

※初出時、表紙の弊社 GDP 予想値に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 5 月 2 日号調査第二部多田 忠義≪来週・再来週のポイント≫GDP1∼3 月期発表:消費税増税前の駆け込み需要が想定ほど強まらなかった可能性も15 日に「GDP(1∼3 月期第一次速報)」が発表される。当総研の予想では、前期比年率 3.6%と、13年 10∼12 月期(同 0.7%)から大幅上昇する予想である。家計調査(3 月)で

鉱工業生産14年2月~大雪の影響で3ヵ月ぶりの減産

鉱工業生産14年2月~大雪の影響で3ヵ月ぶりの減産 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年2月~大雪の影響で3ヵ月ぶりの減産 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大雪による工場の操業停止が響く・消費税率引き上げ前後の在庫動向に注目経済産業省が3月31日に公表した鉱工業指数によると、14年2月の鉱工業生産指数は前月比▲2.3%

Weekly金融市場 2014年2月21日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 2 月 21 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫経済指標など日本では、28 日に「鉱工業生産(1 月速報)」が発表される。1 月の実質輸出指数が 2 ヶ月連続で低下するなど、大幅な改善は見込めない。とはいえ、鉱工業生産指数は緩やかながらも幅広い業種で上昇を続けるとみられる。また同日に「消費者物価指数(1 月全国、2 月都区部)」も発表される。エネルギー・食料品以外の物価が緩やかなテンポで上昇するなか、エネルギ

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2013年12月) ~駆け込み需要対応で1-3月期の生産は加速へ~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2013年12月)発表日:2014年1月31日(金)~駆け込み需要対応で1-3月期の生産は加速へ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比0.4▲ 0.2▲ 0.2▲ 0.5▲ 1.8▲ 0.8▲ 0.5▲ 1.4▲ 2.20.3▲ 1.01.4▲ 0.60.90.10.91.9▲ 3.13.4▲ 0.91.31.0▲ 0.11

2014年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年1月27日~1月31日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年1月24日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年1月27日~1月31日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(1 月 27 日~1 月 31 日の主なイベント、指標予定)1 月 27 日 (月)8:508:501 月 28 日 (火)8:501 月 29 日 (水)1 月 30 日 (木)8:501 月 31 日 (金)8:508:308:308:308:308:30

Weekly金融市場 2014年1月24日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 1 月 24 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:QE3 緩和規模縮小ペースを維持する見通し28∼29 日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。前回(13 年 12 月)の会合で資産買入額の減額を決定したが、雇用者数の伸びに一時的な鈍化がみられたものの、全体として米景気は回復を続けているとみられ、前回同様に買入額を 100 億ドル減額するとの見方が市場コンセンサスである。また、新年

Weekly金融市場 2013年12月27日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 12 月 27 日号調査第二部竹光 大士・多田 忠義≪来週・再来週のポイント≫米 FOMC 議事要旨が発表される8 日に、量的緩和策第 3 弾(QE3)の規模縮小開始を決定した米 FOMC(12/17、18)の議事要旨が公表される。すでに、声明文で緩和継続を強調し、失業率やインフレ見通しが目標水準を達成しない限り、ゼロ金利政策を継続すると強調している。今回の議事要旨では、委員間の議論に注目したい。主な経済指標米国では

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2013年11月) ~増産ペースは今後加速へ~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~増産ペースは今後加速へ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比0.4▲ 0.2▲ 0.2▲ 0.5▲ 1.8▲ 0.8▲ 0.5▲ 1.4▲ 2.20.3▲ 1.01.4▲ 0.60.90.10.91.9▲ 3.13.4▲ 0.91.31.00.1出荷在庫前年比前月比前年

鉱工業生産13年11月~年度末にかけて増産ペースは加速する公算

鉱工業生産13年11月~年度末にかけて増産ペースは加速する公算 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年11月~年度末にかけて増産ペースは加速する公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・11月の生産は前月比0.1%にとどまる・年度末にかけて増産ペースは加速する公算経済産業省が12月27日に公表した鉱工業指数によると、13年1

Weekly金融市場 2013年11月22日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 11 月 22 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫展望レポート取りまとめ時の日銀金融政策決定会合議事要旨が公表される26 日に日銀金融政策決定会合議事要旨(10/31 分)が発表される。来週は特に材料視されるイベントが予定されない中、21 日の記者会見で黒田日銀総裁は「上下双方向のリスク要因を引き続き点検し必要な調整を行っていく方針に変わりはない」と必要があれば追加緩和をする可能性に言及したこともあり、議事要

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の回復ペースは引き続き緩やか・年度末にかけて生産の伸びは高まる公算経済産業省が9月3

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2013年7月) ~生産は改善傾向だが、回復ペースは緩やか~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~生産は改善傾向だが、回復ペースは緩やか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比0.4▲ 0.2▲ 0.2▲ 0.5▲ 1.8▲ 0.8▲ 0.5▲ 1.4▲ 2.20.3▲ 1.01.4▲ 0.60.90.10.91.9▲ 3.13.2出荷在庫前年比前月比前年比前月比121月

鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか

鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年7月 ~生産の回復ペースは引き続き緩やか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の回復ペースは引き続き緩やか・輸送機械の増産が一巡経済産業省が8月30日に公表した鉱工業指数によると、13年7月の鉱工業生産指数は前月比3.2%と2

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鉱工業生産指数(2013年6月) ~6月単月では下振れも、増産傾向は崩れず~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2013年6月)発表日:2013年7月30日(火)~6月単月では下振れも、増産傾向は崩れず~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比0.4▲ 0.2▲ 0.2▲ 0.5▲ 1.8▲ 0.8▲ 0.5▲ 1.4▲ 2.20.3▲ 1.01.4▲ 0.60.90.10.91.9▲ 3.3出荷在庫前年比前月比前年比前月比121月0.1

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・市場予想を大きく下回る大幅な低下・輸出の下振れがリスク要因経済産業省が7月30日に公表した鉱工業指数によると、13年

Weekly金融市場 2013年5月24日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 5 月 24 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀政策委員の講演が集中量的・質的金融緩和政策導入後、債券市場ではボラタイルな動きが散見されるほか、23 日の株式市場は 13 年ぶりの下落となるなど、足元の金融資本市場はやや混乱している。こうした中、来週は日銀総裁、副総裁や審議員の講演等が多く予定されている。日銀の金融政策に関する説明に関する発言に注目したい。米実質 GDP の暫定値が公表される30 日に「国

鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く

鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産は4ヵ月連続の上昇・在庫調整が進展・生産計画は慎重だが、上方修正の可能性も経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、13年3月の鉱工業生産指数は前月比0.2%と4

Weekly金融市場 2013年4月26日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 4 月 26 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催、現状維持となる見通し4 月 30 日∼5 月 1 日に、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。3 月の米経済指標が軟化傾向にあること、26 日に発表される米 GDP 速報(1∼3 月期)が前期(前期比年率 0.4%)から拡大する見込みであること、17 日に発表された地区連銀経済報告(ベージュブック)における「経済活動は緩やかなペースで

鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢

鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年2月~生産は予想外の低下、実体経済の回復は緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・市場予想を下回り、3ヵ月ぶりの低下・実体経済の回復は緩慢経済産業省が3月29日に公表した鉱工業指数によると、13年2月の鉱工業生産指数は前月

Weekly金融市場2013年02月22日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2013 年 2 月 22 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫通常国会:日銀総裁・副総裁人事の提示、2013 年度予算案提出など訪米中の安倍首相は 24 日に帰国し、参議院での 2012 年度補正予算採決に臨む見込みである。また、2 月中の日銀総裁・副総裁人事の国会提示、13 年度予算案の国会提出が予定されている。この人事は、政府の金融政策に対する期待や今後の日銀金融政策に対する姿勢を見通す上で重視されており、大きく注目

鉱工業生産12年12月~生産は下げ止まりへ

鉱工業生産12年12月~生産は下げ止まりへ | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産12年12月~生産は下げ止まりへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・10-12月期は3四半期連続の減産も、生産は下げ止まり・在庫調整が進展・1-3月期は4四半期ぶりの増産へ経済産業省が1月31日に公表した鉱工業指数によると、12年12月の鉱工業生産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ