「事務年度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月7日国税庁★フィードバック数:0社会/政治

平成27事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成28年10月 国税庁平成27事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について1 所得税(1) 調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(以下、実地により行う調査を総称して「実地調査」といいます。)。このほか、文書、電話による連絡又は来署依頼による面接により、申告漏れ、計算誤り又は所得(税額

2014年12月12日金融庁フィードバック数:0社会/政治

金融庁の1年(平成25事務年度版)

平成26年12月11日金融庁「金融庁の1年(平成25事務年度版)」の公表について金融庁は、日本の金融の安定を確保し、預金者、保険契約者、有価証券の投資者等の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務として、透明かつ公正な行政の実施に努めています。平成25事務年度(25年7月~26年6月)においては、(1)アベノミクスの下、デフレ脱却・経済の持続的成長を金融面から支え、総合的な「金融力」を飛躍的に高めるための取組み、(2)金融システム全体の健全性・堅牢性を確保するための取組み、(3)国際的な金

2014年11月10日国税庁★フィードバック数:0社会/政治

国税庁の企業調査状況です。

平成25事務年度 法人税等の調査事績の概要(平成26年11月)

平成25事務年度 法人税等の調査事績の概要(平成26年11月)

2014年11月7日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成25事務年度の関税及び内国消費税の申告内容の輸入事後調査

報道発表平成26年11月7日財務省平成25事務年度の関税及び内国消費税の申告内容の輸入事後調査結果をまとめました● 納付不足税額が最も多かった品目は引き続き「肉類」財務省は、平成25事務年度(平成25年7月から平成26年6月までの1年間)に、全国の税関が輸入者の関税及び内国消費税(注 1)(以下「関税等」という。)の輸入申告に対する事後調査(注 2)を行った結果(【別添1】参照)をまとめましたのでお知らせします。平成25事務年度は、3,614者の輸入者に対して事後調査を行いました。事後調査の結果

2014年11月7日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成25事務年度の関税及び内国消費税脱税事件に係る犯則調査

報道発表平成26年11月7日財務省平成25事務年度の関税及び内国消費税脱税事件に係る犯則調査結果をまとめました● 航 空 機 旅 客 に よ る 携 帯 密 輸 事 件 を 多 数 処 分財務省は、平成25事務年度(平成25年7月から平成26年6月までの1年間)に、全国の税関が輸入品に対する関税及び内国消費税(注1)(以下「関税等」という。)の脱税事件に対して行った犯則調査の結果(【別添1参照】)をまとめましたのでお知らせします。 関税等の脱税事件に対して行った犯則調査の結果、平成25事務年度に

2014年10月23日国税庁フィードバック数:0ビジネス

平成25事務年度における所得税及び消費税調査等の状況

平成26年10月 国税庁平成25事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について1 所得税(1) 調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(以下、実地により行う調査を総称して「実地調査」といいます。)。このほか、文書、電話による連絡又は来署依頼による面接により、計算誤りや所得(税額)控除の適用

第19回:証券会社・業界に対する消費者の意識調査(2008)

ブランドなんでもランキング第19回:証券会社・業界に対する消費者の意識調査監査法人の公認会計士や大手証券会社社員、報道関係者によるインサイダー取引が世間を騒がせています。証券取引等監視委員会へのインサイダー取引の情報提供件数は、2003事務年度(03年7月〜04年6月)に282件だったのが、翌04事務年度には510件と大幅に増加、07事務年度も3月までで418件と高めで推移しています。(※事務年度とは、監視委が事務処理のために設定した期間)不正が目立つ中、個人投資家の創出や育成が課題となっている

2013年11月5日国税庁フィードバック数:0社会/政治

平成24事務年度 法人税等の調査事績の概要

平成24事務年度 法人税等の調査事績の概要平成25年10月 国税庁 国税庁は、適正かつ公平な課税を実現するため、税金の申告・納付に関して的確な指導を行うとともに、不正に税金の負担を逃れようとする納税者に対しては、さまざまな角度から厳正な調査を実施しています。平成24事務年度における法人税等の調査については、社会・経済情勢の変化を踏まえつつ、無申告法人事案や海外取引法人事案に重点的に取り組むなど、波及効果の高い調査の実施に努めました。今般、平成24事務年度の法人税、法人消費税、源泉所得税等の調査事

2012年11月19日国税庁フィードバック数:15社会/政治

平成23事務年度における相続税の調査の状況について

平成24年11月国税庁平成23事務年度における相続税の調査の状況について相続税について、平成23事務年度(平成23年7月から平成24年6月までの間)に実施した実地調査の状況をまとめましたのでお知らせします。1 実地調査件数及び申告漏れ等の非違件数相続税の実地調査については、平成21年中及び平成22年中に発生した相続を中心に、国税局及び税務署で収集した資料情報を基に、申告額が過少であると想定されるものや、申告義務があるにもかかわらず無申告となっていることが想定されるものなどに対して実施しました。実

2012年11月12日国税庁★フィードバック数:7社会/政治

法人税等の税務調査についての実態です。

平成23事務年度 法人税等の調査事績の概要

平成23事務年度 法人税等の調査事績の概要平成24年11月 国税庁 国税庁は、適正かつ公平な課税を実現するため、税金の申告・納付に関して的確な指導を行うとともに、不正に税金の負担を逃れようとする納税者に対しては、さまざまな角度から厳正な調査を実施しています。平成23事務年度における法人税等の調査については、社会・経済情勢の変化を踏まえつつ、無申告法人事案や海外取引法人事案に重点的に取り組むなど、波及効果の高い調査の実施に努めました。今般、平成23事務年度の法人税、法人消費税、源泉所得税の調査事績

2012年10月29日国税庁フィードバック数:16社会/政治

平成23事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成24年10月 国税庁平成23事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成23事務年度(平成23年7月から平成24年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(

2012年10月22日国税庁フィードバック数:21社会/政治

平成23事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要

平成23事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要平成24年10月 国税庁 平成23事務年度における法人税、源泉所得税の申告(課税)事績がまとまりましたので、その概要を報告します。平成23事務年度における法人税の申告事績の概要(参考計表)平成23事務年度における法人税の申告事績平成23事務年度における源泉所得税の課税事績の概要(参考計表)平成23事務年度における源泉所得税の課税事績 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちで

2011年12月15日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

2011年11月8日国税庁フィードバック数:40社会/政治

平成22事務年度 法人税等の調査事績の概要[法人税、消費税、源泉所得税]

平成22事務年度 法人税等の調査事績の概要[法人税、消費税、源泉所得税]

2011年10月24日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

証券会社・業界に対する消費者の意識調査

ブランドなんでもランキング第19回:証券会社・業界に対する消費者の意識調査監査法人の公認会計士や大手証券会社社員、報道関係者によるインサイダー取引が世間を騒がせています。証券取引等監視委員会へのインサイダー取引の情報提供件数は、2003事務年度(03年7月〜04年6月)に282件だったのが、翌04事務年度には510件と大幅に増加、07事務年度も3月までで418件と高めで推移しています。(※事務年度とは、監視委が事務処理のために設定した期間)不正が目立つ中、個人投資家の創出や育成が課題となっている

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ