調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 二酸化炭素

「二酸化炭素」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)

ここから本文です。2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)は、3,912万トン ~基準年度より8.9%削減~ 部局名:環境部課所名:温暖化対策課担当名:埼玉ナビゲーション担当担当者名:鈴木、加藤  埼玉県では、2014年度に「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050(埼玉県地球温暖化対策実行計画)」の中間見直しを行い、計画を改訂しました。 改訂した計画により、2020年における埼玉県の温室効果ガス排出量(需要側)※を2005年比21%削減することを目標として、温室効果ガス排出量削減に

2014年11月30日気象庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太平洋域における海洋酸性化に関する情報提供の開始について~海洋酸性化が顕著に進行していることが分かりました~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 太平洋域における海洋酸性化に関する情報提供の開始について~海洋酸性化が顕著に進行していることが分かりました~ 報道発表日概要 気象庁観測船の観測データに加え、国際的な二酸化炭素に係わる観測データも取り入れた、太平洋域における海洋酸性化に関する定期的な監視情報の提供を開始します。今回の解析により、太平洋域では海洋酸性化の指標である水素イオン濃度指数(pH)は、1990年以降、約0.04(10年あたり0.016)低下しており、海洋酸性化が進行してい

2013年12月23日気象庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「海洋の健康診断表」 総合診断表 第2版

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「海洋の健康診断表」 総合診断表 第2版の公表について 報道発表日概要地球温暖化など地球環境に密接に関連した海洋の諸現象を詳細に分析した「海洋の健康診断表」の総合診断表について、海洋の二酸化炭素に関する最新の知見などをより一層充実させ、第2版として公表します。 本文地球温暖化や数か月~数年スケールの気候には、海洋が密接に関係しています。気象庁では、このような地球環境と海洋の関係について総合的、体系的に理解を深めていただくため、海洋の状態が長期的

2013年11月10日気象庁フィードバック数:0社会/政治

全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について 報道発表日概要海洋による二酸化炭素の吸収量の変化は、大気中の二酸化炭素の増加量に影響を与えることから、地球温暖化や海洋酸性化などの地球環境の監視・予測に重要です。このため、気象庁は、全球の海洋による二酸化炭素の吸収量について、国内で初めて定期的な情報提供を開始しました。今回の解析により、海洋による二酸化炭素の吸収量は、1年あたり19億トン炭素(1990~2011年の平均)で、近年増

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ