調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 交付目論見書

「交付目論見書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

『米REIT市場』足元の調整局面を考える

『米REIT市場』足元の調整局面を考えるは2010年から直近までのREIT指数の動きである。足元では今年1月末から調整局面にある。REITは昨年10月〜今年1月の4カ月で25%の急騰を演じた。相場に過熱感が出始めた時に、『利上げ観測』が高まり、調整のきっかけになったようだ。P/NAV(株価/純資産価値)は1月末の+10.8%から5月末には−3.5%と、割安の水準にまで調整が進んでいる。米国が年内に利上げとなると、2006年以来、9年ぶりの利上げになる。は前回の利上げ局面(2004年〜2006年)

2015年6月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年6月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価レアルは中央銀⾏による為替介⼊規模縮⼩懸念、⽶国インフレ率の上昇を受けて政策⾦利を引き上げ利上げ観測の⾼まりなどから弱含み(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2015年5月末)(%)18181616651414601255105084564404275円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70235'07/1 '08/1 '

2015年6月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年6⽉)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。4⽉の消費者物価指数は消費増税による押し上げ効果⾜元もこのトレンドは継続しています。の剥落により下落しましたが、プラス推移となりました。(2007年1月末~2015年5月末)(円)22,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)20,00018,0001302.51202.0

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富■ 1月からのスピード調整は最終局面を示唆今年1月からのJ-REITは、昨年の上昇相場から一転、上値の重い横バイの相場が続いている。昨年10月の日銀の追加金融緩和以降、J-REITは僅か3カ月で+25%の急騰を演じた。さすがに上昇ピッチが早く過熱感が強まり、スピード調整を必要としていた。今年に入ってJ-REITの資金調達の株式発行が増加、需給懸念が生じたことが調整のキッカケとなったようだ。その株式発行のブームも既にピーク・アウトしており、

NISAとジュニアNISAの比較

NISAとジュニアNISAの比較【キーワード】NISA,ジュニアNISAポイント2016年より、NISAの年間購入枠が100万円から120万円に増額されるとともに、ジュニアNISA制度も始まります。非課税期間はいずれも最長5年ですが、ジュニアNISAではそれ以降も20歳になるまで非課税で保有し続けることが できます。長期的な非課税投資の方法ができたことは、ジュニアNISAのポイントの1つと考えられます。 (出所)内閣府「高齢者の経済生活に関する意識調査(平成23年度)」文部科学省「平成21年度

No.160 『トルコ・リラ』底入れのタイミングを探る

『トルコ・リラ』底入れのタイミングを探る■『新興国・資源国通貨』に底入れの兆し2014年後半から米国の利上げ観測が高まり、ドル高基調が強まった。『新興国・資源国通貨』は流入していた米国の緩和マネーが米国に回帰するとの懸念から弱含みの展開となった。今年1月以降、米経済統計で予想を下回る弱い指標の発表が相次いだことから、『利上げは通常よりも慎重なペースになる』との見方が広がった。3月には利上げに対する過剰反応が後退し、『新興国・資源国通貨』に底入れの兆しが表れた。■『トルコ・リラ』は6月総選挙

2015年5月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年5⽉)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は2%台で推移しています。⾜元もこのトレンドは継続しています。(2007年1月末~2015年4月末)(円)22,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)20,00018,0001302.51202.011016,00012,0001.00.5900.08010

No.159 米国リート 『1-3月期』の業績動向

米国リート 『1-3月期』の業績動向■集合住宅セクター≪エクイティ・レジデンシャル 〜全米最大の集合住宅リート 〜≫冒頭に『当社のビジネス環境は極めて良好であり、入居率・賃料水準とも当初計画を上回っている。2015年も好調な業績が期待できる』と報告があった。3月末の入居率は95.9%と好調であったが、4月に入って96.4%と更に上昇を見せている。1-3月期のテナントの契約更新率は56.1%に達しており、2008年1-3月期以来の高水準となった。≪アバロンベイ・コミュニティーズ 〜全米第2位の

No.158 『米国不動産市場』強気の見通し続く~賃料予想は上方修正~

『米国不動産市場』強気の見通し続く〜賃料予想は上方修正〜米国の不動産調査機関であるULI(Urban LandInstitute、非営利機関)は4月8日、『米国不動産市場の予測』を発行した。同レポートは著名アナリスト・エコノミスト46名の米不動産市場の予測を集計した調査結果である。以下は同レポートの要約である。商業不動産市場は好景気を背景に持続的成長が続くとの強気の見通しがなされている。2015年の米国の雇用増加数は年間で290万人と予想され、過去平均の120万人を大きく上回る。雇用の増加に

『ブラジル・レアル』の現状

『ブラジル・レアル』の現状はブラジル・レアルの為替相場である。レアルは1999年に変動相場制に移行したあと、2002年に最安値を記録した。当時のブラジルは債務返済危機の最中にあり、IMFからの金融支援を受けていた。足元のレアルは2014年以降、下げ足を早めており、2002年の安値水準に接近しつつある。3月20日にはザラ場で1米ドル=3.32レアルまで下落した。はブラジルの経済環境を『2002年』と『現在』で比較したものである。インフレ率を加味しても経済のファンダメンタルズは

No.34 女性の活躍と日本経済

女性の活躍と日本経済【キーワード】M字カーブポイント働く女性は増えているものの、キャリアの中断を余儀なくされるケースは今なお多いようです。「いまだ活用されていない資源の最たるものは女性の力」といわれる日本において、女性の力を業績向上にうまく結びつけた企業は、株式市場で評価されています。働く女性が増えて給与所得総額が増加すれば、消費の拡大などプラスの影響が考えられるため、女性が働きやすい環境整備が日本経済の課題となっています。 女性の雇用者は増え続けている●男性の雇用者数は1997年をピークにやや

2015年3月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年3月)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから⾜元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2015年2月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,0009

No.154 『米国REIT』賃貸住宅の需要は好調

“⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM情報提供資料2015年2月23日No.154『米国REIT』賃貸住宅の需要は好調米国の賃貸住宅市場で若年層の需要が高まっている。『持ち家比率』は昨年末に63.9%と1994年9月以来、若年層の間では、住宅は収入やライフスタイルの変化に応じ20年ぶりの低水準に低下した。住宅は『買うより借りる』て住み替えに便利な賃貸住宅を選ぶ傾向が強まっていという志向変化が顕著に反映されている。る。NAREIT(全米REIT協会)の調査によると、昨年、賃貸住宅の稼動数が

2015年2月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年2月)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから⾜元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2015年1月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,0009

『日経平均株価』2万円が視野に

『日経平均株価』2万円が視野に日本経済新聞が主要企業の経営者向けに行った2015年株式相場の見通しの集計では、年後半の日経平均株価2万円台が視野に入ってきたようだ。最後の2万円台であった2000年3月とリーマン・ショック前の高値2007年6月、そして足元の株式市場の投資環境を比較して表にまとめた。(株価が1株利益の何倍まで買われているかを示す指標)の比較では、局面�@は131倍、�Aが22倍と、株価が収益力以上に高く買われ、株価に過熱感があった。足元の局面�Bでは16倍と株価に収益力が伴っている

No.145 『カナダ・ドル』相場環境

『カナダ・ドル』相場環境■カナダ経済の好転がプラス要因『カナダ・ドル』は対円では上昇傾向にあり、11月第3週には6年3カ月ぶりに1カナダ・ドル=104円台に乗せた。一方、対米ドルでは下落傾向にあり、11月第1週には5年4カ月ぶりに1カナダ・ドル=0.88米ドルを割り込んだ。3通貨の強弱順位は『米ドル>カナダ・ドル>日本円』の構図になっている。カナダは、最大の輸出先である米国が景気回復を強めていることに加えて、昨年来のカナダ・ドル安(対米ドル)の恩恵で輸出を拡

Word’s Worth No.26 【利率の高さが魅力のブラジル国債(2014年10月) 】

26(2014年10月)利率の高さが魅力のブラジル国債(2014年10月) 【キーワード】トータルリターントータルリターンとは、投資による総合的な収益/損失のことです。収益/損失の源になるものには、価格変動(キャピタルゲイン/ロス)や為替変動、利子・配当(インカムゲイン)などがあります。ブラジル国債への投資は、相対的に高水準の利子収入が、価格変動や為替変動による損失をある程度補う効果が期待できます。①と②の損失を③で補うイメージ外国債券の投資成果を左右する主な要因には、① 債券の価格変動(キャピ

2014年10月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2014年10月)"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAMで〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数はおおむね⽇銀の想定どおりに推移⾜元もこのトレンドは継続しています。20,000しています。(2007年1月末~2014年9月末)(円)(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,000900.0

Word’s Worth(ワーズワース)No.24【積立投資の魅力】

24積⽴投資の魅⼒(2014年8月)【キーワード】積⽴投資積⽴投資とは、投資する時期を分けて少しずつ買い⾜しする投資⽅法です。積⽴投資には、毎回同じ⾦額を積⽴てる以外に、『下がった時は多めの⾦額で、上がった時は少なめの⾦額で買う』⽅法もあります。購⼊する時期と⾦額を事前に決めることで、値段が⾼い時は少なく、安い時は多く購⼊することができます。積⽴の魅⼒1購⼊コストを⻑期的に引き下げることが期待できる積⽴投資では、下がった時に多めに購⼊できます。そのため、⼀括購⼊より多くの⼝数を購⼊することで平均

2014年8月 ブラジルウォッチ

情報提供資料~主な指標をななめ読み~金利・為替物価通貨レアルに底打ち感インフレ圧力は根強いが、政策金利は11%に据え置き金利上昇(債券価格は下落)傾向も一服75(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年7月末)(%)181616651414601255105084564404220'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'08/1'09/1'10/1'11/1'12/1'13/1'14/1※税金等諸費用は考慮していません。※外貨建資産には為替リスク等があります

No.131 『日本株式』~消費増税を乗り越えられるか~

情報提供資料2014年6月11日No.131『日本株式』~消費増税を乗り越えられるか~日・米・欧の株式市場の年初来騰落率を比較すると、② 新車販売台数日本株の出遅れ感が目立っている【図表1】。2014年度の東証1部経常増益率(会社予想)が-0.5%比)も、前年比減少幅が4月に比べて半減した。と、2013年度の+38.6%から大幅に低下することが2013年日本株劣勢の一因になっているようだ。2014年度の2014年増減率業績予想には消費増税の影響をどう判断するかの不4月213,165 台18

Market eyes No.126【『トルコ・リラ』相場~ 昨年来の悪材料が改善方向へ ~】

情報提供資料2014年4月10日No.126『トルコ・リラ』相場~ 昨年来の悪材料が改善方向へ ~『トルコ・リラ』は昨年来、悪材料が相次ぎ、下落基調を強めていたが、ここに来て、リラ安は収束の気配を見せている【図表】。以下に昨年来の悪材料とその改善状況をまとめた。■ 資金流出懸念政治的混乱がリラ安要因となったが、今年3月30日の統昨年5月、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和縮一地方選挙で、政権与党の公正発展党(AKP)が圧倒小の可能性に言及したことから、新興国からの資金流的な勝利を収めた。4

Market eyes No.121【『カナダ・ドル』足元の相場環境】

情報提供資料2014年2月19日No.121『カナダ・ドル』足元の相場環境昨年10月以降、カナダ・ドルは下落基調を続けた【図FRBは12月と1月のFOMCで各々100億ドルの緩和表1】。下落の背景は10月以降の『米国』と『カナダ』縮小を発表した。縮小のペースは850億㌦→750億㌦の金融政策の違いにある。米中銀のFRB(米連邦準→650億㌦であるが、市場の反応は『懸念したほど備制度理事会)は10月のFOMC(米連邦公開市場委員会)急激なものでなく、景気回復に配慮した縮小方針でで緩

Market eyes No.113【『円安進行』対米ドルで6カ月ぶりの安値更新】

情報提供資料2013年11月26日No.113『円安進行』対米ドルで6カ月ぶりの安値更新■ 『ドル円』ドル円』相場:三角保ち合いから上抜け 【図表1】図表1】¾¾■ 『ドル円』ドル円』相場のファンダメンタルズ (経済の基礎的要因)昨年11月以降、『ドル高・円安』トレンドが始まったが、 ⅰ) 金融政策の方向性の違い 【図表2】今年5月以降は、米国の量的金融緩和の継続性に市場の一部では、日銀が来春にも追加的緩和策を不透明感が強まったことから、リスク回避ムードが広が打ち出すとの観測

Market eyes No.112【アベノミクスの1年と日本株】

情報提供資料2013年11月15日No.112アベノミクスの1年と日本株◎ 衆議院解散から1年¾ 昨年11月の衆議院解散をきっかけに、「アベノミクス」という言葉がメディアで頻出するようになった。その後の1年で、日本経済に変化の兆しが見え始めた。¾ひとつは、経済成長率である。民間消費と政府支出が主導する形でプラス成長に回帰した 【図表1【図表1】 。もうひとつは、消費者物価の下げ止まりである。9月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は前年同月比+0.7%となり、長期金利を上回った 【図表2【

主要国・地域の為替(対円)の推移

主要国・地域の為替(対円)の推移(2012年7月6日 ~ 2017年7月7日)(円)米ドル直近値 113.89(円)ユーロ直近値 129.962017年7月11日130160(円)2212015020140110中国・元直近値 16.7518130161001201490110807012年7月 13年7月 14年7月 15年7月 16年7月 17年7月(円)12100韓国・ウォン直近値 9.879012年7月 13年7月 14年7月 15年7月 16年7月 17年7月(円)マレーシア・リンギ直

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ